2020年02月21日

ティト・オーティズがWWEパフォーマンスセンターでトレーニングを開始


 ティト・オーティズがWWEパフォーマンスセンターでトレーニングを開始したとのこと。ティトは現在45歳。かつてTNAでプロレスの経験もあります。WWEはこのことをプロモーションしていませんが、練習の姿勢を他のレスラーたちから賞賛されているとのこと。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 02:30| Comment(0) | プロレス&格闘技 | 更新情報をチェックする

「ジョン・ジョーンズの次戦に相応しい選手は?」アンケート結果


 ESPNのアリエル・ヘルワニ記者がツイッターで「ジョン・ジョーンズの次戦に相応しい選手は?」というアンケートを行った結果。ヤン・ブラコビッチ38.4%、ドミニク・レイエス54.6%、それ以外7.1%。


 しかし、MMAFightingが行ったアンケート結果はヤン・ブラコビッチ62.7%、ドミニク・レイエス37.3%となっています。

 投票数はアリエル・ヘルワニ記者の方は4万3818票、MMAFightingの方の投票数は3326票。アリエル・ヘルワニ記者の方は3択、MMAFightingの2択と条件は違いますが。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 01:05| Comment(0) | UFC | 更新情報をチェックする

2020年02月20日

UFCをリリースされたベン・ソーンダースがRIZIN参戦に興味を示す

UFCがベン・ソーンダース、ブランドン・デイビスら8選手をリリース(2020年02月14日)

 こちらの続報。


 UFCをリリースされたベン・ソーンダースが以下のコメント。

「個人的にはRIZINが一番自分に合ってると思う。PRIDEを見て育ったからね。俺は今でもPRIDEがこのスポーツの歴史で一番最高で面白かった団体だったと思ってる。最もヒストリカルだったのは間違いない。RIZINはPRIDEの後継団体のようなものだし、俺は日本で試合をしたことがない。俺は本気で現代に生きるサムライのつもりで人生を歩んでいるつもりだし、規律を持って生きようとしているし、そのことに喜びを感じている。それにより死ぬまで格闘技を続けたいと思っている」

Ben Saunders(Sherdog)

 ベン・ソーンダースは現在36歳のアメリカ人で戦績22勝13敗2引き分け。最近は4連敗しています。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 17:12| Comment(5) | RIZIN | 更新情報をチェックする

6.6『UFC 251』でヴァレンティーナ・シェフチェンコ vs. ヨアン・カルダーウッドの女子フライ級タイトルマッチ


Valentina Shevchenko to face Joanne Calderwood at UFC 251(ESPN.com)

 UFCが6月6日に開催予定の『UFC 251』でヴァレンティーナ・シェフチェンコ vs. ヨアン・カルダーウッドの女子フライ級タイトルマッチが行われることをESPNのブレット・オカモト記者が確認したとのこと。『UFC 251』の開催地は不明ですが、オーストラリアが有力視されているそうです。

 シェフチェンコは『UFC 247: Jones vs. Reyes』でケイトリン・チューケイジアンに3R TKO勝ちして以来の試合で今回が4度目の防衛戦。カルダーウッドは『UFC 242: Khabib vs. Poirier』でアンドレア・リーに判定勝ちして以来の試合。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 16:16| Comment(0) | UFC | 更新情報をチェックする

『UFC 247: Jones vs. Reyes』前座の平均視聴者数は好記録を達成

『UFC 246: McGregor vs. Cowboy』前座の平均視聴者数がESPN移籍以降の最高記録を達成/Googleの検索数は通常の10倍(2020年01月28日)

 こちらの続報。


 ESPNで生中継された『UFC 247: Jones vs. Reyes』の前座の平均視聴者数は149万1000人、瞬間最高はローレン・マーフィー vs. アンドレア・リーの試合時で207万4000人だったとのこと。『UFC 246: McGregor vs. Cowboy』前座の平均視聴者数176万7000人、瞬間最高191万1000人と遜色ない数字を残しています。

 もっともこれには裏があって東部時間午後8時開始予定だったのが前番組のカレッジ・バスケットボールの試合が長引いて午後8時52分に開始されたこと、そのカレッジ・バスケットボールの平均視聴者数が267万4000人だったことが影響していました。

 大会当日のGoogleの検索数は210万件だったとのこと。『UFC 246: McGregor vs. Cowboy』の1100万件には遥かに及びませんが、通常のナンバーシリーズは50~100万件であり、ジョン・ジョーンズがメインイベントの大会では平均レベルになるそうです。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 01:48| Comment(1) | UFC | 更新情報をチェックする

ゲイリー・トノン負傷により2月21日に予定されていたダスティン・ポイエーとのグラップリングマッチが中止に

2月21日にマイアミでダスティン・ポイエー vs. ゲイリー・トノンのグラップリングマッチ(2020年02月09日)

 こちらの続報。



 2月21日にフロリダ州マイアミで開催する『SubStars at The Fillmore』という大会で予定されていたダスティン・ポイエー vs. ゲイリー・トノンのグラップリングマッチですが、トノンが練習中に右目の上をカットしたことから中止されるとのこと。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 01:02| Comment(0) | UFC | 更新情報をチェックする

2.28『ONE Championship 109: King of the Jungle』は無観客試合に


 チャトリ・シットヨードンCEOがフェイスブックで2月28日にシンガポール・インドアスタジアムで開催する『ONE Championship 109: King of the Jungle』を新型コロナウィルスの影響を考慮し無観客試合で行うことを発表。チケットは全額払い戻しされます。大会自体を中止することも検討したそうですが、「世界には希望と力が必要」だとして開催することにしたそうです。

 同大会は江藤公洋 vs. アミール・カーン、秋山成勲 vs. シェリフ・モハメド、三浦彩佳 vs. ティファニー・テオ、V.V mei vs. デニス・ザンボアンガが予定されています。


【ONE109】無観客試合について、チャトリCEOが国際電話会見「年間50大会、The show must go on !!」(MMAPLANET)
 同テレカンファレンスにおいて、MMAPLANETからチャトリCEOへの質問は2点──A「無観客試合をONE Warriors Seriesのようなスタジオマッチにせず、シンガポールインドアスタジアムで行う理由」及び、B「今後も新型コロナウィルスの感染が沈静化せず、この状況がアジア全土で続く場合、これからのイベント開催をどのように考えているのか」ということを尋ねた。

その返答は以下の通りだ。

A「ONEチャンピオンシップはグローバルなスポーツメディア・プロパティであることが絶対であり、ライブ中継がその軸にある。よって世界中のファンにONEの試合を楽しんでもらうためには、スタジオマッチではなく通常通りのステージを組み、同じ質の大会をLIVE中継で届ける必要があるからだよ」

B「危機的な状況にあっても、世界にONEチャンピオンシップが存在することを示すために、ショーは続けなければならない。もちろん、最も大切なことは人々の安全だ。それぞれの開催地の状況を把握し、ショーは行われる。2020年、ファンに会場で見てもらえる状況、そして無観客試合になろうが50大会を開催しぬく。想いと強さ、勇気をもってアジアを勇気づける」
続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 00:30| Comment(14) | ONE Championship | 更新情報をチェックする

『UFC Fight Night 167: Anderson vs. Blachowicz 2』観衆・ゲート収入

UFC on ESPN+ 25 bonuses: Jan Blachowicz wins no-brainer 'Performance of the Night'(MMAJunkie))

 ニューメキシコ州リオランチョのサンタ・アナ・スター・センターで開催された『UFC Fight Night 167: Anderson vs. Blachowicz 2』の観衆・ゲート収入は主催者発表で6449人・59万6820ドルだったとのこと。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 00:04| Comment(0) | UFC | 更新情報をチェックする

2020年02月19日

2.22『RIZIN.21』3試合の煽りVTRを先行公開(動画)



 トレント・ガーダム vs. 井上直樹




 ビクター・ヘンリー vs. 金原正徳




 朝倉未来 vs. ダニエル・サラス続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 23:47| Comment(0) | RIZIN | 更新情報をチェックする

2月23日、『RIZIN.21』翌日に浜松で朝倉海のトークショー開催/当日券・アクセス・グッズ情報 etc.


開催日時
2020年2月23日(日)14:00~15:00

開催場所
グッドスピードMEGA浜松店
静岡県浜松市西区入野町10122
≫ グッドスピードMEGA浜松店の詳細はこちら
※駐車場に限りがありますので、乗り合わせによる御来場に協力願います。

イベント内容
トークショー、ジャンケン大会、車両贈呈式(フォトセッション)

登壇者
朝倉海(@kai_1031_)

 翌日も浜松に滞在している方は是非どうぞ。


 当日は一人につき一枚マスクを配布するとのこと。駐車券は完売、当日券はA席が完売。選手イベントは中止になっています。




 その他RIZIN情報。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 23:22| Comment(0) | RIZIN | 更新情報をチェックする

『Bare Knuckle FC 10』ヘクター・ロンバート vs. デビッド・マンデル ハイライト動画



 『Bare Knuckle FC 10』ヘクター・ロンバート vs. デビッド・マンデルのハイライト動画です。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 23:00| Comment(1) | 海外格闘技 | 更新情報をチェックする

2020年02月16日

『Bare Knuckle FC 10』試合結果/ヘクター・ロンバートは判定勝ち



・Hector Lombard def. David Mundell via unanimous decision (49-46, 48-47, 48-47)
・Jim Alers def. Kaleb Harris via majority decision (47-47, 50-44, 48-46)
・Luis Palamino def. Elvin Brito via unanimous decision (49-46, 50-45, 50-45)
・Ulysses Diaz def. Brian Maxwell via TKO — Round 1, 1:13
・Dat Nguyen def. Abdiel Valazquez via KO — Round 1, 1:51
・Gustavo Trujillo def. Lorenzo Hunt via TKO — Round 1, 1:01
・Francesco Ricchi def. Fred Pierce via TKO — Round 1, 1:38
・Travis Thompson def. Joshua Boudreaux via TKO — Round 2, 0:15
・Reggie Barnett Jr. def. Matt Murphy via TKO — Round 2, 1:46

 2月15日にフロリダ州のフォートローダーデール・コンベンションセンターで開催された『Bare Knuckle FC 10』の試合結果。

 ヘクター・ロンバートはデビッド・マンデルに判定勝ち。ジム・エイラーズはカレブ・ハリスに判定勝ち。ルイス・パラミノはエルヴィン・ブリトーに判定勝ちしています。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 22:25| Comment(2) | 海外格闘技 | 更新情報をチェックする

『UFC Fight Night 167: Anderson vs. Blachowicz 2』パフォーマンスボーナス



 UFCが『UFC Fight Night 167: Anderson vs. Blachowicz 2』のパフォーマンスボーナスを発表。

▼ファイト・オブ・ザ・ナイト
・スコット・ホルツマン vs. ジム・ミラー

▼パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト
・ヤン・ブラコビッチ、ダニエル・ロドリゲス

 4選手には各5万ドルのボーナス。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 14:24| Comment(0) | UFC | 更新情報をチェックする

【追記】五味隆典がパトリッキー・“ピットブル”・フレイレ戦をアピール/ピットブル「BellatorとRIZINが合意してくれたら光栄だ」



 五味隆典がRIZINにパトリッキー・“ピットブル”・フレイレ戦を要求したとの記事を受けてピットブルがわざわざ日本語でこんなコメントをしています。ただし、五味が実際にピットブル戦を要求したかの真偽は不明。本当だとしても五味はRIZINでやりたがっておりピットブルはBellatorで次戦を行うとコメントしていることから近いうちの対戦は無さそうです。

【追記】五味がインスタグラムのストーリーでコメントしていたそうです。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 14:18| Comment(27) | RIZIN | 更新情報をチェックする

2020年02月15日

ジョー・ローガン「49-46でジョン・ジョーンズの勝ちにしたジャッジは非常識だ」

『UFC 247』ジョン・ジョーンズ vs. ドミニク・レイエスのジャッジの採点/主要サイトの採点(2020年02月09日)

 こちらの続報。

Joe Rogan blasts UFC 247 judge for 'insane' 49-46 score favoring Jon Jones over Dominick Reyes(MMAJunkie)

 UFCコメンテーターのジョー・ローガンが『UFC 247: Jones vs. Reyes』ジョン・ジョーンズ vs. ドミニク・レイエスのジャッジの採点について以下のコメント。

「これについて十分に議論することはできない。十分に怒ることができない。私は何度も言ってきた。49-46でジョン・ジョーンズだと思ってるヤツは非常識だ」

「彼らは非常識だ。ドミニク・レイエスはとんでもなく素晴らしい試合をした。そして、このパフォーマンスを軽視するジャッジは非常識だ」


Texas commission responds to UFC 247 judging backlash, claim by Joe Rogan(MMAJunkie)

 テキサス州デパートメント・オブ・ライセンス・アンド・レギュレーション(TDLR)が以下の声明を発表。

「全てのスポーツイベントと同様に選手、チーム、ジャッジ、ファン、メディアの代表者は格闘技の試合で起きたことについて異なる意見を持つことができます。TDLRは、このスポーツで誰もが情熱を示していることを称賛します。ジャッジやレフェリーの選定についてのコメントがありました。リングサイドの役員を選定する際、TDLRはUFCの推奨事項を考慮しています。すべてのイベントと同様に、TDLRはUFCや他のプロモーターと緊密に連携してレフェリーやジャッジの質と経験を確保し、ファイターの健康と安全を守ります」
続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 23:48| Comment(12) | UFC | 更新情報をチェックする

『UFC 247』ヴァレンティーナ・シェフチェンコ vs. ケイトリン・チューケイジアンを見たファイター・関係者の反応



Twitter reacts to Valentina Shevchenko's title defense against Katlyn Chookagian at UFC 247(MMAJunkie)

 『UFC 247: Jones vs. Reyes』ヴァレンティーナ・シェフチェンコ vs. ケイトリン・チューケイジアンを見たファイター・関係者のツイッターでの反応。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 20:22| Comment(0) | UFC | 更新情報をチェックする

『UFC 247: Jones vs. Reyes』の結果を受けて公式サイトがランキングを更新

Athlete Rankings(UFC.com)

 『UFC 247: Jones vs. Reyes』の結果を受けて公式サイトがメディア投票ランキングを更新。

・ライトヘビー級はジョン・ジョーンズに判定負けしたものの僅差だったドミニク・レイエスが3ランクアップし1位。12位にいたイリル・ラティフィがヘビー級転向によりランキングから外れ13以下の選手が1ランクずつアップ。これによりランク外にいたマウリシオ・ショーグンが15位にランクインしています。

・ヘビー級はデリック・ルイスが1ランクアップし5位。

・女子フライ級はケイトリン・チューケイジアンが1ランクダウンし2位。ローレン・マーフィーが1ランクアップし6位。

・パウンド・フォー・パウンドはドミニク・レイエスがランク外から15位にランクイン。15位いたホルヘ・マスヴィダルがランク外にダウン。

・女子パウンド・フォー・パウンドはケイトリン・チューケイジアンが1ランクダウンし11位。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 16:02| Comment(0) | UFC | 更新情報をチェックする

『UFC Fight Night 167: Anderson vs. Blachowicz 2』前日計量動画

UFC on ESPN+ 25 weigh-in results: Main event set, but Ray Borg comes in heavy at 128 pounds(MMAJunkie)
MAIN CARD (ESPN+, 8 p.m. ET)

・Corey Anderson (205) vs. Jan Blachowicz (206)
・Michel Pereira (170) vs. Diego Sanchez (171)
・Mara Romero Borella (125) vs. Montana De La Rosa (126)
・Kazula Vargas (156) vs. Brok Weaver (156)
・Rogerio Bontorin (126) vs. Ray Borg* (128)
・Yancy Medeiros (155) vs. Lando Vannata (156)

PRELIMINARY CARD (ESPN+, 5 p.m. ET)

・Tim Means (171) vs. Daniel Rodriguez (171)
・John Dodson (133.5) vs. Nathaniel Wood (136)
・Scott Holtzman (156) vs. Jim Miller (156)
・Devin Clark (205) vs. Dequan Townsend (202)
・Merab Dvalishvili (136) vs. Casey Kenney (135.5)
・Macy Chiasson (135) vs. Shanna Young (134)
・Mark De La Rosa (126) vs. Raulian Paiva (126)

 『UFC Fight Night 167: Anderson vs. Blachowicz 2』前日計量結果。ホジェリオ・ボントリンと対戦するレイ・ボーグが128ポンドと2ポンドオーバー。出場給の30%を譲渡し試合は行われます。






 前日計量動画。


UFC on ESPN+ 25 predictions: Who stays in title contention – Corey Anderson or Jan Blachowicz?(MMAJunkie)

 MMAJunkieスタッフによるメインカード勝敗予想。

・コーリー・アンダーソン vs. ヤン・ブラコビッチはアンダーソン支持12人、ブラコビッチ支持2人。

・ディエゴ・サンチェス vs. ミシェウ・ペレイラはサンチェス支持5人、ペレイラ支持9人。

・モンタナ・デ・ラ・ロサ vs. マラ・ロメロ・ボレラは14人全員デ・ラ・ロサ支持。

・ブロク・ウィーヴァー vs. カズラ・ヴァルガスはウィーヴァー支持13人、ヴァスガス支持1人。

・ホジェリオ・ボントリン vs. レイ・ボーグはボントリン支持5人、ボーグ支持9人。

・ランド・ヴァンナータ vs. ヤンシー・メデイロスはヴァンナータ支持2人、メデイロス支持12人。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 08:18| Comment(0) | UFC | 更新情報をチェックする
記事検索