2019年08月22日

RIZINが10月12&13日の2日間連続で大会を開催か

チャトリ・シットヨートンCEO「10.13東京大会は昼夜興行になります」「アメリカでライブ中継もします」(2019年08月20日)

 こちらの続報。



【MMA】10月12&13日は格闘技大戦争に──ONEが両国大会を昼夜2大会で開催、RIZINも連日開催か(ゴング格闘技)
 RIZINで立会人および解説を務める高田延彦氏が「高田横粂の世相談義」にて、「(RIZIN.19&20)楽しみですね。RIZIN始まって以来の連日イベントなんですよ。12、13と」とフライング予告。「そのためにリングをもう1個作るんだって」と発言し、スタジオをざわつかせている。

 榊原信行CEOが語っている通り、当初は10月12日の大阪大会が昼夜2大会になる可能性もあったが、関係者によれば「RIZINとしてはすでに挑戦していること」でもあり、今回のRIZIN初の2日連続開催のプランが浮上したのだという(※年末の29日&31日でさいたまスーパーアリーナでの開催はあり)。現状では、10月13日については未定であるとしながらも、年末に向けてはコナー・マクレガーのマネージメントやオスカー・デラホーヤのゴールデンボーイ・プロモーションズと話し合いをもったことは確かなようだ。

 そして高田氏の「リングをもう1個」発言を考慮すれば、10月13日の大会は関西ではなく、関東近郊での大規模会場となる可能性もあり、10月12日の大阪大会とは異なる、立ち技も含めた「新たなテーマを据えた大会」も企画されていることが伝わってきている。果たしてほんとうに連日開催は可能なのか。

 10月12&13日、格闘技ファンにとっては、悩ましい週末となりそうだ。

 順番としては『RIZIN.19』、『UFC Fight Night 161: Jedrzejczyk vs. Waterson』、『ONE Championship: Century 昼』、『RIZIN.20』、『ONE Championship: Century 夜』といった感じでしょうか。実は10月13日(日本時間)はイタリアで『Bellator Europe 5: Manhoef vs. Bahati』と『Bellator 230: Carvalho vs. Nemkov』も開催されたりします。



posted by ジーニアス at 22:49| Comment(13) | RIZIN | 更新情報をチェックする

『UFC 241』の結果を受けて公式サイトがランキングを更新/デイナ・ホワイトがダニエル・コーミエのPFPランキング大幅ダウンを批判

Athlete Rankings(UFC.com)

 『UFC 241: Cormier vs. Miocic 2』の結果を受けてUFC公式サイトがメディア投票ランキングを更新。

・バンタム級はコリー・サンドハーゲンが6ランクアップし3位。サンドハーゲンに敗れたハファエル・アスンソンは2ランクダウンし5位。

・ウェルター級はネイト・ディアスがランク外から7位にランクイン。ディアスに敗れたアンソニー・ペティスは5ランクダウンし12位。15位にいたニール・マグニーがランク外に落ちています。

・ミドル級はパウロ・コスタが5ランクアップし2位。コスタに敗れたヨエル・ロメロは1ランクダウンし3位。

・ヘビー級は王座陥落したダニエル・コーミエが1位に。

・パウンド・フォー・パウンドは1位にいたダニエル・コーミエが6ランクダウンし7位。コーミエに勝利したスティペ・ミオシッチが7ランクアップし4位。これによりジョン・ジョーンズが1位になっています。

Dana White open to Cormier return for Miocic trilogy: 'I don't think he should retire'(MMAJunkie)

 この件についてデイナ・ホワイトが以下のコメント。

「私はダニエル・コーミエが世界のベストファイターの一人だと思ってる。ランキングを見てどれだけバカげてるんだと思った。土曜日まではパウンド・フォー・パウンド世界一だったのに、ヘビー級コンテンダーNo.1でUFCヘビー級の連続防衛記録を持つスティペ・ミオシッチに負けた途端に7位になるのか? それはおかしい。彼は今でも世界のベストファイターの一人だ」

「彼は素晴らしかったが、スティペのしたことはもっと素晴らしかった。私は引退して欲しくないが、それを決めるは彼と彼の家族だ」

「試合後は話をしていない。話したのはアンソニー・ペティスだけだった。私はコーミエがしたいことは何でもするし、スティペがしたいことも何でもする。スティペが3度目の対戦をやりたがっていたとしてもだ」




posted by ジーニアス at 19:06| Comment(14) | UFC | 更新情報をチェックする

10.16『UFC Fight Night 162』のメインイベントはベン・アスクレン vs. デミアン・マイア

デミアン・マイア「ベン・アスクレンと対戦したい」→アスクレン「シンガポール大会でやらないか?」(2019年08月06日)

 こちらの続報。


 ベン・アスクレンがツイッターでこんな写真をアップし「決定した! 10月16日は世界一のMMAグラップラーが誰なのか分かるだろう」とコメント。アスクレンは『UFC 239: Jones vs. Santos』でホルヘ・マスヴィダルに1R KO負けして以来、デミアン・マイアは『UFC on ESPN 3: Ngannou vs. dos Santos』でアンソニー・マーティンに判定勝ちして以来の試合。



 そして、UFCアジアのアカウントはこんな画像をアップし、シンガポール大会のメインイベントを予告していますが、シルエットが完全にベン・アスクレンとデミアン・マイアです。



posted by ジーニアス at 16:38| Comment(6) | UFC | 更新情報をチェックする

『Dana White's Contender Series 25』試合結果/ハイライト動画

Dana White's Contender Series 25 results: Phil Rowe scores UFC deal(MMAJunkie)
Dana White’s Contender Series 25 results include:

・Phil Rowe def. Leon Shahbazyan via TKO (punches) – Round 2, 0:16
・Jamal Pogues def. Marcos Brigagao via unanimous decision (30-27, 30-27, 30-27)
・Steve Garcia def. Desmond Torres via TKO (punches) – Round 1, 4:35
・Mallory Martin def. Micol Di Segni via unanimous decision (30-27, 30-27, 29-28)
・Ricky Steele def. Phil Caracappa via split decision (28-29, 29-28, 29-28)

 8月20日にラスベガスのUFC APEXで開催された『Dana White's Contender Series 25』の試合結果。今回はフィリップ・ロウのみがUFCとの契約を勝ち取っています。


 フィリップ・ロウ vs. レオン・シャバジアン ハイライト動画。



posted by ジーニアス at 16:11| Comment(0) | UFC | 更新情報をチェックする

『UFC 241: Cormier vs. Miocic 2』前座の平均視聴者数は低迷

UFC 241 only finishes sixth among eight pay-per-view prelims since ESPN move(MMAFighting)

 東部時間8月17日午後8時から10時までESPNが生中継した『UFC 241: Cormier vs. Miocic 2』の前座の平均視聴者数は81万7000人だったとのこと。ESPNが今年からナンバーシリーズの前座の中継を開始してから8度目の大会ですが、その中では6位の記録となります。ピーク時はカーマ・ワーシー vs. デヴォンテ・スミスの試合時で94万9000人だったとのこと。

 当日の「UFC 241」のGoogle検索数は240万件で以前ならPPVの契約は60万件が見込まれる数字ですが、今年からプラットフォームがケーブルテレビからESPN+に変更されて契約数が落ちていることからそれより低い数字になると見られています。



posted by ジーニアス at 15:57| Comment(0) | UFC | 更新情報をチェックする

デイナ・ホワイト「ネイト・ディアスは数字を持っている」→ネイト「だったら金よこせ」

ネイト・ディアス「元々俺は数字を持っていた。プッシュされているマクレガーとはワケが違う」(2016年08月19日)

 こちらの続報。

Nate Diaz the needle mover: Dana White changes tune after star's triumphant UFC 241 return(MMAJunkie)

 『UFC 241: Cormier vs. Miocic 2』でアンソニー・ペティスに判定勝ちしたネイト・ディアスについてデイナ・ホワイトが以下のコメント。

「今の彼は数字を持っている。それを否定するのは難しい」


 これに対しネイト・ディアスが以下のコメント。

「彼もようやく分かったようだな。だが俺がそれを聞いたところでビジネス的に良いことがあるわけじゃない。『だったら金をよこせ』ということになる。そうじゃないか?」

「彼は自分のやるべきことをやってきたから、彼が俺にしてきたことを今さら怒るつもりはない。彼が事実を認めたことはクールだ」




posted by ジーニアス at 15:22| Comment(3) | UFC | 更新情報をチェックする

ネイト・ディアス「みんな俺が170ポンドで一番だということを認めなくてはいけない」「コルビー・コヴィントンって誰だ?」

UFC 241 results: Nate Diaz wears down Anthony Pettis, calls out Jorge Masvidal after win(MMAJunkie)

 『UFC 241: Cormier vs. Miocic 2』でアンソニー・ペティスに判定勝ちしたネイト・ディアスが直後にマイクで以下のコメント。

「これがネイト・ディアス・アーミーだ、クソッタレ。俺が休んでいた理由はどいつもこいつもクソ野郎で俺とやろうとしなかったからだ。俺は自分のベルトを守りたい…ホルヘ・マスヴィダルなんてこの前良い試合をしただろ。全ての連中をリスペクトするが、このゲームにギャングスターはどこにもいない。上手くやったヤツは俺と彼だけだ。彼はギャングスターかもしれないが、ウエストコーストのギャングスターじゃない」


Nate Diaz Explains Jorge Masvidal Callout: You’ve Got to Recognize the Best in the Game(Sherdog)

 試合後会見では以下のコメント。

「ブランクの影響があるかどうか分からなかったが、それがあるものだと思ってそのまま闘っただけさ。立ち止まって考えたくはない、無視してやった」

「誰がベストか、誰がこのゲームでベストなのかを認めなくてはいけない。みんなここにずっといてトップクラスにいる連中だ。アンソニー・ペティスはスティーブン・トンプソンを簡単にノックアウトしたし、そのトンプソンは170ポンドのタイトルマッチを何度もしてきた。じゃあ170ポンドで一番イケてるヤツは誰なんだってことだ」

「UFCはベン・アスクレンを売り出そうとしたがホルヘ・マスヴィダルがノックアウトした。俺は2004年から戦い始めているが、彼はそれより少しキャリアが長いと思う。彼も俺も長くやってきたが、このゲームのトップにいる最高の格闘家だ」

「上手く行けば来月試合をしてもいい。みんなが回復するまで待てというのなら俺は焦っちゃいない。この3年間練習を休んだことは一度もない。世界最高を証明するヤツが出て来なかっただけだ。俺やマスヴィダルのようなヤツがな」

「俺は世界最高の格闘家だ。ホールドばかりしてポイントを稼いでベルトを腰に巻こうとしているレスラーとは訳が違う。今は『最高にイケてる男』のベルトを懸けてホルヘ・マスヴィダルとやりたい」


Nate Diaz on Colby Covington: 'Who?'(Sherdog)

 一方でコルビー・コヴィントンについて尋ねられたネイトは以下のコメント。

「そいつは誰だ? 階級は? どんなヤツか知らないから良い対戦相手が見つかればいいんじゃないか。ここに来て2週間宣伝されたとしても、どうでもいいね」




posted by ジーニアス at 13:54| Comment(10) | UFC | 更新情報をチェックする

8.31『UFC Fight Night 157』と9.7『UFC 242: Khabib vs. Poirier』で2試合ずつカードが中止に

Four fighters withdraw from upcoming UFC 242, UFC on ESPN+ 15 events(MMAJunkie)

Da Un Jung(Sherdog)

Jamahal Hill(Sherdog)

 8月31日に中国・深圳で開催する『UFC Fight Night 157: Andrade vs. Zhang』で行われる予定だったチョン・ダウン vs. ジャマール・ヒルのライトヘビー級マッチがヒルのビザ問題により中止されるとのこと。

Russian fighter Ibragimov set for UFC debut in China against South Korea’s Da Un Jung(TASS)

Khadis Ibragimov(Sherdog)

 その後、代わりにハディス・イブラヒモフがチョン・ダウンと対戦することが確認されています。イブラヒモフは現在24歳のロシア人で戦績8勝0敗。今回がUFCデビュー戦。

 また、同大会で予定されていたマフサル・エフロエフ vs. マイク・グランディがグランディのケガにより中止されるとのこと。エフロエフが代わりの選手と対戦するかは不明。

 9月7日にアラブ首長国連邦アブダビで開催する『UFC 242: Khabib vs. Poirier』でプーナ・ソリアーノと対戦予定だったアダム・ヤンディエフがヒザの負傷により欠場することをインスタグラムで発表。ソリアーノが代わりの選手を対戦するかは不明。

 同大会でドン・マッジと対戦予定だったマゴメド・ムスタファエフが欠場するとのこと。欠場理由は不明。マッジはSNSでムスタファエフは薬物検査に引っ掛かったと書いていましたが、その後削除しています。UFCは現在代わりの選手を探しているとのこと。



posted by ジーニアス at 12:09| Comment(0) | UFC | 更新情報をチェックする
記事検索