2019年08月29日

8.31『UFC Fight Night 157』で2試合が変更


Khadis Ibragimov(Sherdog)

Zhenhong Lu(Sherdog)

 8月31日に中国・深圳で開催する『UFC Fight Night 157: Andrade vs. Zhang』でチョン・ダウンと対戦予定だったジャマール・ヒルがビザ問題で欠場することから代わりにハディス・イブラギモフがチョンと対戦するとのこと。イブラギモフは現在24歳のロシア人で戦績8勝0敗。今回がUFCデビュー戦。

 また、同大会でモフサル・エフロエフと対戦予定だったマイク・グランディが負傷欠場したことから代わりにリュー・ジェンホンがエフロエフと対戦するとのこと。リューは中国人で戦績16勝6敗。今回がUFCデビュー戦。実は両者は2015年6月の『M-1 Challenge 58』で対戦しており、この時はエフロエフが判定勝ちしています。



posted by ジーニアス at 12:28| Comment(0) | UFC | 更新情報をチェックする

2019年08月28日

9.21『UFC Fight Night 159』セルジオ・ペティスの対戦相手がアレックス・ペレスからタイソン・ナムに変更



 9月21日にメキシコシティで開催する『UFC Fight Night 159: Rodriguez vs. Stephens』でセルジオ・ペティスと対戦予定だったアレックス・ペレスが負傷欠場することをインスタグラムで発表しています。


Tyson Nam to debut as replacement opponent for Sergio Pettis at UFC Mexico City(MMAFighting)

Tyson Nam(Tapology)

 その後、代わりにタイソン・ナムがペティスと対戦することをMMAFightingが確認したとのこと。タイソン・ナムは現在35歳のアメリカ人で戦績18勝9敗1引き分け。今回がUFCデビュー戦。



posted by ジーニアス at 14:45| Comment(1) | UFC | 更新情報をチェックする

C.B.ダラウェイ、複数の禁止薬物の陽性反応でUSADAから2年間の出場停止処分を受ける


C.B. Dollaway(Sherdog)

 C.B.ダラウェイ、複数の禁止薬物の陽性反応が出たこととと許容範囲を超える点滴による水分戻しを行ったことからUSADAが2年間の出場停止処分を科したことを発表。ダラウェイは提訴することなく応じるとのこと。

 ダラウェイは2018年12月19日の検査で3種類の成長ホルモンの陽性反応が出ており、今年2月9日の検査でもクロミフェンの陽性反応が出ていました。さらに2018年12月13日には許容範囲を超える点滴による水分戻しをしています。

 C.B.ダラウェイは現在36歳で戦績17勝9敗。2018年9月の『UFC Fight Night 136: Hunt vs. Oleinik』でハリッド・ムルタザリエフに2R TKO負けして以来試合をしていません。復帰は2020年12月以降になります。



posted by ジーニアス at 14:21| Comment(1) | UFC | 更新情報をチェックする

2019年08月27日

ジェームス・ヴィックがウェルター級転向、10.12『UFC Fight Night 161』でニコ・プライスと対戦


 UFCが10月12日にフロリダ州タンパで開催する『UFC Fight Night 161: Jedrzejczyk vs. Waterson』でジェームス・ヴィック vs. ニコ・プライスのウェルター級マッチが行われることをMMAJunkieが確認したとのこと。

 ヴィックは『UFC on ESPN 4: dos Anjos vs. Edwards』でダニエル・フッカーに1R KO負けして以来の試合で現在3連敗中。今回がウェルター級転向初戦。プライスは『UFC 240: Holloway vs. Edgar』でジェフ・ニールに2R TKO負けして以来の試合。



posted by ジーニアス at 19:29| Comment(2) | UFC | 更新情報をチェックする

ダレン・ティルがミドル級に転向、11.2『UFC 244』でケルヴィン・ガステラムと対戦

Dana White admits the UFC pushed Darren Till ‘a little too soon’ (MMAFighting)

 『UFC 228: Woodley vs. Till』でタイロン・ウッドリーのウェルター級王座に挑戦し2Rダースチョークで敗れた後に『UFC Fight Night 147: Till vs. Masvidal』でホルヘ・マスヴィダルに2R KO負けしたダレン・ティルに対しデイナ・ホワイトが「UFCは彼を売り出すのが少し早すぎたのかもしれない」とコメント。


Darren Till says next fight 'probably' at middleweight(MMAJunkie)

 その後ティルは次戦がミドル級になることを示唆し、クリスマスの前までには試合をしたいとコメント。


 そして、UFCが11月2日にニューヨークで開催する『UFC 244』でケルヴィン・ガステラム vs. ダレン・ティルのミドル級マッチを行うことを発表。

 ガステラムは『UFC 236: Holloway vs. Poirier 2』でイスラエル・アデサニャとミドル級暫定王座決定戦を行い判定負けして以来の試合。ティルは『UFC Fight Night 147: Till vs. Masvidal』でホルヘ・マスヴィダルに2R KO負けして以来の試合。



posted by ジーニアス at 19:04| Comment(6) | UFC | 更新情報をチェックする

ONE Championshipが10.13東京2部制大会のチケット概要、開始時刻を正式発表

チャトリ・シットヨートンCEOが10.13東京昼夜大会の全カードを発表「8月25日までにチケットを購入した人は、パート1&パート2両方観戦できる」(2019年08月26日)

 こちらの続報。


10.13東京大会「ONE: CENTURY 世紀」 ダブルヘッダー開催に伴う連絡(ONEチャンピオンシップ)

 ONE Championshipが10.13両国大会のチケット概要、開始時刻を正式発表しています。

 アジア最大のスポーツ・メディア・プロパティ、ONEチャンピオンシップ(以下、ONE。ワンチャンピオンシップ株式会社 代表取締役社長: 秦 アンディ 英之 / 日本支社所在地: 東京都千代田区)は、10/13(日)に開催する第100回記念大会「ONE: CENTURY 世紀」について、正式に1日2部興行(ダブルヘッダー)にて実施することを発表いたします。

《ダブルヘッダーについて》

急遽、ダブルヘッダー実施に至った理由は以下となります。

1)記念すべき第100回大会に向けて世界中の多くの選手から本大会への出場希望があり、そしてより多くの皆様にこの熱き戦いを観戦して頂ける機会を提供する為。

2)本大会の模様を米国の大手TVネットワークのTNT(ターナー・ネットワーク・テレビジョン)にてゴールデンタイムのライブ放送が決定した為。アジア最大の格闘技団体 ONEチャンピオンシップの米国TV生放送は史上初の快挙。

《大会概要に関して》

■大会名:ONE: CENTURY 世紀
■日程: 2019年10月13日(日)
第1部: 7:30開場 8:30開始 14:00終了(予定)
第2部:16:00開場 17:00開始 23:00終了(予定)

■開催地:両国国技館(東京都墨田区横網1-3-28)

《チケットに関して》

8月26日(月)までにチケットを購入されたお客様は、所有のチケットにて1部と2部をご観戦頂けます。

■座席

VVIP席(アリーナ1-2列目)
特典:VIP入場、バックステージツアー、VIPラウンジへのアクセス、お席への軽食・ドリンクサーブ、お土産、ファンフェス入場無料
1日券通し(25%割引):¥225,000
1部および2部券(各):¥150,000

SS席(アリーナ) 
特典:VIP入場、軽食・ドリンク付きVIPラウンジへのアクセス付き
1日券通し(25%割引):¥75,000
1部および2部券(各):¥50,000

S席(アリーナ)
1日券通し(25%割引):¥52,500
1部および2部券(各):¥35,000

マス席(最大4名まで/マス単位での販売)
1日券通し(25%割引):¥60,000
1部および2部券(各):¥40,000

A席
1日券通し(25%割引):¥22,500
1部および2部券(各):¥15,000

B席
1日券通し(25%割引):¥10,500
1部および2部券(各):¥7,000

注意:12歳以下のお子様はマス席・A・B席のみの観戦となります。

【チケット取り扱い】

*8月27日(火)18:00から一日券および1部・2部券の販売を改めて開始いたします。
キョードー東京 0570-550-799
オペレータ受付時間 平日11:00~18:00 土日祝日10:00~18:00
■チケットぴあ 0570-02-9999 (Pコード:843-610)
■ローソンチケット  0570-084-003 (Lコード:38020)
■イープラス

*下記のチケット・プレイガイドについては、8月28日(水)18:00から販売開始となります。
■LINEチケット
■ticketboard(foreign countries)

 8時30分から23時まで14時間半もやりますか…。




posted by ジーニアス at 18:24| Comment(18) | ONE Championship | 更新情報をチェックする

2019年08月26日

マイケル・ジョンソンがライト級に復帰、10.26『UFC Fight Night 162』でスティーヴィー・レイと対戦


 UFCが10月26日にシンガポールで開催する『UFC Fight Night 162』でマイケル・ジョンソン vs. スティーヴィー・レイのライト級マッチが行われることを発表。

 ジョンソンは『UFC on ESPN 2: Barboza vs. Gaethje』でジョシュ・エメットに3R KO負けして以来の試合で『TUF 25 Finale』のジャスティン・ゲイジー戦以来2年3ヶ月ぶりのライト級復帰戦。レイは『UFC Fight Night 153: Gustafsson vs. Smith』でレオナルド・サントスに1R KO負けして以来の試合。



posted by ジーニアス at 17:44| Comment(0) | UFC | 更新情報をチェックする

12.14『UFC 245』でマックス・ホロウェイとアレキサンダー・ヴォルカノフスキーが対戦か

Report | Max Holloway will return to the Octagon at UFC 245(BJPenn.com)

 12月14日にラスベガスで開催する『UFC 245』でマックス・ホロウェイ vs. アレキサンダー・ヴォルカノフスキーのフェザー級タイトルマッチが検討されているとのこと。その後契約したことが確認されたと書いている人もいますが、定かではありません。

 ホロウェイは『UFC 240: Holloway vs. Edgar』でフランク・エドガーに判定勝ちして以来の試合で今回が4度目の防衛戦。ヴォルカノフスキーは『UFC 237: Namajunas vs. Andrade』でジョゼ・アルドに判定勝ちして以来の試合。

Dana White: Max Holloway vs. Alexander Volkanovski ‘not happening’ at UFC 243(MMAFighting)

 両者は10月6日にメルボルンで開催する『UFC 243: Whittaker vs. Adesanya』で対戦する噂がありましたがデイナ・ホワイトが否定しています。



posted by ジーニアス at 13:10| Comment(0) | UFC | 更新情報をチェックする

10.25『Bellator 231』のメインイベントでフランク・ミアとロイ・ネルソンが8年ぶりの再戦

10.26 ベラトール・アンカスビル大会でローリー・マクドナルド vs. ドゥグラス・リマのウェルター級タイトルマッチ&ワールドGP決勝戦が決定(2019年08月23日)

 こちらの続報。


 ベラトールMMAが10月25日にコネチカット州アンカスビルで開催する『Bellator 231』のメインイベントがフランク・ミア vs. ロイ・ネルソンのヘビー級マッチになることをMMAJunkieが確認したとのこと。翌日にも同所で『Bellator 232: MacDonald vs. Lima 2』が開催され2日間連続開催となります。

 ミアは『Bellator 212: Primus vs. Chandler 2』でハヴィー・アヤラに2R TKO負けして以来の試合で現在4連敗中。ネルソンは『Bellator 216: MVP vs. Daley』でミルコ・クロコップに判定負けして以来の試合で現在3連敗中。両者は2011年5月の『UFC 130: Rampage vs. Hamill』で対戦しており、この時はミアが判定勝ちしています。



posted by ジーニアス at 12:55| Comment(1) | ベラトール | 更新情報をチェックする

マット・ブラウンが2年ぶりに復帰、12.14『UFC 245』でベン・ソーンダースと対戦


 UFCが12月14日にラスベガスで開催する『UFC 245』でマット・ブラウン vs. ベン・ソーンダースのウェルター級マッチが行われることをMMAFightingが確認したとのこと。

 マット・ブラウンは2016年11月の『UFC Fight Night 120: Poirier vs. Pettis』でディエゴ・サンチェスに1R KO勝ちして以来2年1ヶ月ぶりの試合。この試合で引退を表明していたものの後に撤回し、2018年4月の『UFC on FOX 29: Poirier vs. Gaethje』でカーロス・コンディットと対戦予定でしたが前十字靭帯断裂で欠場していました。

 ソーンダースは『UFC Fight Night 150: Jacare vs. Hermansson』で佐藤天に2R TKO負けして以来の試合で現在3連敗中。



posted by ジーニアス at 12:35| Comment(2) | UFC | 更新情報をチェックする

チャトリ・シットヨートンCEOが10.13東京昼夜大会の全カードを発表「8月25日までにチケットを購入した人は、パート1&パート2両方観戦できる」



【ONE100】チャトリCEOがSNSで発表!! 青木✖バナリオ&岡見✖タニ。現時点のチケット購入者は通し観戦(MMAPLANET)

 チャトリ・シットヨートンCEOが自身のSNSで10月13日に両国国技館で開催する『ONE Championship 100: Century』の全対戦カードを発表しています。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 11:40| Comment(16) | ONE Championship | 更新情報をチェックする

2019年08月25日

『Bellator 225: Mitrione vs. Kharitonov 2』試合結果/ハイライト動画

Bellator 225 results: Sergei Kharitonov takes out mouthpiece-less Matt Mitrione(MMAJunkie)
・Sergei Kharitonov def. Matt Mitrione via TKO (knee, punches) – Round 2, 1:24
・Vitaly Minakov def. Tim Johnson via knockout (punches) – Round 1, 1:45
・Alejandra Lara def. Taylor Turner via TKO (strikes) – Round 1, 3:44
・Yaroslav Amosov def. David Rickels – via submission (D’Arce choke) – Round 2, 4:05
・Tyrell Fortune def. Rudy Schaffroth via submission (rear-naked choke) – Round 2, 2:08
・Nick Newell def. Corey Browning via submission (arm-triangle choke) – Round 1, 3:15
・Connor Dixon def. Kastriot Xhema via submission (armbar) – Round 3, 2:08
・Jon Manley def. Thiago Rela via submission (rear-naked choke) – Round 3, 4:47
・Chris Disonell def. Mike Kimbel via TKO (punches) – Round 1, 4:54
・Ricky Bandejas def. Ahmet Kayretli via knockout (punches) – Round 1, 1:21
・Austin Vanderford def. Joseph Creer via TKO (doctor’s stoppage) – Round 2, 5:00
・Sabah Homasi def. Micah Terrill via knockout (punches) – Round 1, 0:17
・Aviv Gozali def. Eduard Muravitskiy via submission (heel hook) – Round 1, 0:11
・Khonry Gracie def. Oscar Vera via submission (armbar) – Round 1, 2:50


【Bellator225】7連敗でベラトール初陣のムラヴィツキー、ゴザリのヒールで11秒一本負け……(MMAPLANET)

【Bellator225】ホマシは右フック一発、17秒でテリルを倒しベラトール初白星(MMAPLANET)

【Bellator225】ニック・ニューウェルがベラトール初戦で肩固め──一本勝ち、(MMAPLANET)

【Bellator225】ダースチョークでリッケルからタップ奪い、アモソフがデビュー以来の連勝を22に伸ばす(MMAPLANET)

【Bellator225】ターナーを組み伏せて、殴ったララがパウンドアウト=TKO勝ち(MMAPLANET)

【Bellator225】右前蹴りからの追い突きでミナコフが、代役ジョンソンを105秒KO!!(MMAPLANET)

【Bellator225】マウスピースが合わず?? 集中力を切らしたミトリオンがハリトーノフにKO負け(MMAPLANET)

 8月24日にコネチカット州ブリッジポートのウェブスターバンク・アリーナで開催された『Bellator 225: Mitrione vs. Kharitonov 2』の試合結果。

 メインイベントはセルゲイ・ハリトーノフがマット・ミトリオンに2R TKO勝ち。ヴィタリー・ミナコフはティモシ―・ジョンソンに1R KO勝ち。ニック・ニューウェルはコーリー・ブラウニングに1R肩固めで勝利しています。




 大会ハイライト動画。



posted by ジーニアス at 15:19| Comment(12) | ベラトール | 更新情報をチェックする

2019年08月24日

デイナ・ホワイト「私はジョゼ・アルドのバンタム級転向宣言を真に受けていない」→アルド「俺は本気だって!」

ジョゼ・アルドがバンタム級転向を示唆「ヘンリー・セフードを倒すチャンスが欲しい」(2019年08月17日)

 こちらの続報。

Dana White on Jose Aldo making bantamweight move: 'I honestly haven't even taken that serious'(MMAJunkie)

 ジョゼ・アルドがバンタム級転向を示唆した件についてデイナ・ホワイトが以下のコメント。

「アルドからそうしたいというメールが来たが、実際に話し合ってはいない。だが、彼が135ポンドに落とせるとは思えない。ありえないだろう」

「彼がチャンピオンだった時に145ポンドに落とすことにどれだけ苦労してるか覚えているか? それに彼ももう若くないから正直言うと私は真に受けていない。彼のことは好きだし、やりたいことをやってもらいたいが、135ポンドに落とす彼を見たくはない。彼にとって良いことだとは思えない」



 これに対しアルドはツイッターで以下のコメント。

「俺は真剣だし本気で言ってるよ。すでに落とせるかどうか試しているし、体重は作れるよ!」




posted by ジーニアス at 09:34| Comment(11) | UFC | 更新情報をチェックする

9.7『UFC 242: Khabib vs. Poirier』ドン・マッジの対戦相手がマゴメド・ムスタファエフからファレス・ジアムに変更

8.31『UFC Fight Night 157』と9.7『UFC 242: Khabib vs. Poirier』で2試合ずつカードが中止に(2019年08月22日)

 こちらの続報。

Magomed Mustafaev out, Don Madge now meets Fares Ziam at UFC 242(MMAJunkie)

Fares Ziam(Sherdog)

 UFCが9月7日にアラブ首長国連邦アブダビで開催する『UFC 242: Khabib vs. Poirier』でドン・マッジと対戦予定だったマゴメド・ムスタファエフの欠場を受けてファレス・ジアムが代わりにマッジと対戦することをMMAJunkieが確認したとのこと。

 ファレス・ジアムは現在22歳のフランス人で戦績10勝0敗。今回がUFCデビュー戦。



posted by ジーニアス at 09:16| Comment(0) | UFC | 更新情報をチェックする

11.2『UFC 244』でエドメン・シャバジアンとクリストフ・ジョッコが対戦


 UFCが11月2日にニューヨークで開催する『UFC 244』でエドメン・シャバジアン vs. クリストフ・ジョッコのミドル級マッチが行われることをMMAJunkieが確認したとのこと。UFCはまだ正式発表していません。

 シャバジアンは『UFC 239: Jones vs. Santos』でジャック・マーシュマンに1Rリアネイキッドチョークで勝利して以来の試合で現在10勝0敗(UFC3勝0敗)。ジョッコは『UFC 240: Holloway vs. Edgar』でマーク・アンドレ・バリオーに判定勝ちして以来の試合。



posted by ジーニアス at 08:58| Comment(0) | UFC | 更新情報をチェックする

『UFC 241』パウロ・コスタ vs. ヨエル・ロメロを見たファイター・関係者の反応



Twitter reacts to Paulo Costa defeating Yoel Romero in all-out war at UFC 241(MMAJunkie)

 『UFC 241: Cormier vs. Miocic 2』パウロ・コスタ vs. ヨエル・ロメロを見たファイター・関係者のツイッターでの反応続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 07:38| Comment(3) | UFC | 更新情報をチェックする

『UFC 241』ネイト・ディアス vs. アンソニー・ペティスを見たファイター・関係者の反応


Twitter reacts to Nate Diaz's triumphant return against Anthony Pettis at UFC 241(MMAJunkie)

 『UFC 241: Cormier vs. Miocic 2』ネイト・ディアス vs. アンソニー・ペティスを見たファイター・関係者のツイッターでの反応続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 02:36| Comment(2) | UFC | 更新情報をチェックする

『UFC 241』ダニエル・コーミエ vs. スティペ・ミオシッチを見たファイター・関係者の反応



Twitter reacts to Stipe Miocic's title-winning KO of Daniel Cormier at UFC 241(MMAJunkie)

 『UFC 241: Cormier vs. Miocic 2』ダニエル・コーミエ vs. スティペ・ミオシッチを見たファイター・関係者のツイッターでの反応続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 01:50| Comment(9) | UFC | 更新情報をチェックする

2019年08月23日

ONE Championshipが10.13東京大会を急遽ダブルヘッダーに変更することをファンに謝罪

チャトリ・シットヨートンCEO「10.13東京大会は昼夜興行になります」「アメリカでライブ中継もします」(2019年08月20日)

 こちらの続報。

(お詫び)10月13日「ONE CENTURY世紀」1日2部興行開催に於けるチケットについての連絡(ONEチャンピオンシップ)
ONEチャンピオンシップファンの皆様へ

2019年8月23日

ONEチャンピオンシップ

 平素よりONEチャンピオンシップを応援して頂き、誠にありがとうございます。

 弊社ONEチャンピオンシップ代表のチャトリ・シットヨートン会長兼CEOが今週、自身のフェイスブックにて、10月13日(日)に開催する「ONE:CENTURY 世紀」を1日2部興行(ダブルヘッダー)にて実施する発表を致しました。

 記念すべき第100回大会に向けて世界中の多くの選手から本大会への出場希望があり、そしてより多くの皆様にこの熱き戦いを観戦して頂ける機会を提供する為、本大会は急遽ダブルヘッダーとなった次第です。

既にチケットをご購入頂きましたお客様には、ご迷惑をおかけしまして、誠に申し訳なくお詫び申し上げます。

改定された大会概要およびチケット概要につきましては、近日中にご案内いたします。今暫くお待ち下さい。

ご理解のほど誠に宜しくお願いいたします。

ONEチャンピオンシップ

 フライ級&ライト級のワールドGP決勝戦、女子アトム級、ライトヘビー級、バンタム級のタイトルマッチ、修斗×パンクラス王者対抗戦などが全て1枚のチケットで観戦できるものだと思っていたら、2つの大会に分けられるわけですから苦情が出るのは当然。どう振り分けるつもりなのかは分かりませんが、昼興行は全米生中継らしいので、明らかに日本向けである修斗×パンクラス王者対抗戦は夜興行になりそう。



posted by ジーニアス at 23:04| Comment(10) | ONE Championship | 更新情報をチェックする

ジョン・ジョーンズ「スティペ・ミオシッチが史上最強のヘビー級ファイターだ」/PFPランキングでダニエル・コーミエを皮肉る

『UFC 241』の結果を受けて公式サイトがランキングを更新/デイナ・ホワイトがダニエル・コーミエのPFPランキング大幅ダウンを批判(2019年08月22日)

 こちらの続報。


 『UFC 241: Cormier vs. Miocic 2』でスティペ・ミオシッチがダニエル・コーミエに4R TKO勝ちしヘビー級王座を奪回した試合を見たジョン・ジョーンズがツイッターで「スティペ・ミオシッチが言うまでもなく史上最強のヘビー級ファイターだ。他に何も言うことはない」とコメント。因縁のあるダニエル・コーミエについての言及はありませんでした。


 しかし、その後「パウンド・フォー・パウンドの新たなランキングが発表された! 1位ダディ(※ジョン・ジョーンズ)、2位ハビブ・ヌルマゴメドフ、3位ヘンリー・セフード、4位アマンダ・ヌネス(※スティペ・ミオシッチ)、5位ダニエル・コーミエ(アマンダ・ヌネス)どう思う?」とコメント。

 UFC公式サイトは現在1位ジョン・ジョーンズ、4位スティペ・ミオシッチ、5位アマンダ・ヌネス、7位ダニエル・コーミエです。



posted by ジーニアス at 12:08| Comment(7) | UFC | 更新情報をチェックする
記事検索