ジョシュ・バーネット「MMA復帰は時間の問題だ」「プロレスにも出場したい」

ジョシュ・バーネット「UFC離脱が正式に決まった」「今後は自分のやりたい試合をしていきたい」(2018年06月26日)

ジョシュ・バーネットのマネージャー「5つの団体からオファーが来ている」(2018年07月03日)

 こちらの続報。



 ラスベガスで10.5『QUINTET.3』の公開練習を行ったジョシュ・バーネットがMMA復帰戦について「来年のスケジュールを整理して適切な場所が見つかったら復帰する」「単純に時間の問題だね」とコメント。また、「プロレスのリングにも上がることを期待してるし、そうなると思ってる」ともコメントしています。

posted by ジーニアス at 22:43| Comment(0) | 海外格闘技 | 更新情報をチェックする

メルヴィン・ギラードが傷害容疑で逮捕、勾留される

メルヴィン・ギラードが傷害容疑で指名手配される(動画)(2018年09月08日)

 こちらの続報。



 9月3日午前2時ごろにコロラド州デンバーのバーで複数の人物に暴行を加えた容疑で指名手配されていたメルヴィン・ギラードですが、9月10日に逮捕、勾留されているとのこと。ギラードは4月23日にも当時交際していた女性に対し口論の末にDVをした容疑で逮捕されています。裁判は10月10日に予定されているとのこと。

逮捕されたらこうなります!
逮捕されたらこうなります!
posted by ジーニアス at 22:11| Comment(0) | RIZIN | 更新情報をチェックする

マーク・ハント「ファブリシオ・ヴェウドゥムは意志が弱いからステロイドを使った」

禁止薬物の陽性反応が出ていたファブリシオ・ヴェウドゥムにUSADAが2年間の出場停止処分(2018年09月12日)

 こちらの続報。



 『UFC Fight Night 136: Hunt vs. Oliynyk』でアレクセイ・オレイニクと対戦するマーク・ハントがファブリシオ・ヴェウドゥムについて以下のコメント。

「アレクセイ・オレイニクはクリーンファイターだから最高だ。ファブリシオ・ヴェウドゥムが引っ掛かったのは嬉しいね。スラム街に帰れ。アイツはクソッタレだ。彼はここでオレイニクとやるはずだったが弱いから使ってしまった。ファブリシオは意志の弱いヤツだ。じゃあな」

「俺は(UFC 180で)彼と暫定王座決定戦をするために3週間半で21キロも落とさなきゃいけなかった。俺はそのインチキ野郎から膝蹴りを喰らって負けたし、しかも彼はケイン・ヴェラスケスにも勝ってベルトを統一した。本当に動揺させられた。それから彼とやることはなかった。彼はただのインチキ野郎だった。今をエンジョイしてくれ、マザーフ○ッカー」

ブッダが教える意志力の鍛え方
ブッダが教える意志力の鍛え方 (だいわ文庫)
posted by ジーニアス at 15:11| Comment(12) | UFC | 更新情報をチェックする

マーク・ハント「ブロック・レスナーがUFCのタイトルに挑戦するのなら、それはクソッタレだ」



 『UFC Fight Night 136: Hunt vs. Oliynyk』でアレクセイ・オレイニクと対戦するマーク・ハントが来年UFCに復帰しダニエル・コーミエのヘビー級王座に挑戦すると見られているブロック・レスナーについて以下のコメント続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 13:51| Comment(21) | UFC | 更新情報をチェックする

12.8『UFC 231』エリアス・テオドロウ vs. アントニオ・カルロス・ジュニオールがまたも中止に



 12月8日にカナダ・トロントで開催する『UFC 231』でエリアス・テオドロウと対戦予定だったアントニオ・カルロス・ジュニオールがツイッターで手術を必要とするほどケガが深刻な状況なので欠場するとコメント。両者は元々『UFC Fight Night 137: Manuwa vs. Santos』で対戦予定でしたがカルロスの負傷により『UFC 231』に延期されていました。

アスレティックトレーナーが教えるケガに強くなる!運動遊び
アスレティックトレーナーが教えるケガに強くなる!運動遊び
posted by ジーニアス at 10:17| Comment(0) | UFC | 更新情報をチェックする

『UFC 228』ジェシカ・アンドラジ vs. カロリーナ・コバケビッチを見たファイター・関係者の反応



Twitter reacts to Jessica Andrade's vicious KO of Karolina Kowalkiewicz at UFC 228(MMAJunkie)

 『UFC 228: Woodley vs. Till』ジェシカ・アンドラジ vs. カロリーナ・コバケビッチを見たファイター・関係者のツイッターでの反応続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 08:59| Comment(0) | UFC | 更新情報をチェックする

『UFC Fight Night 136: Hunt vs. Oliynyk』前日計量動画

UFC Fight Night 136 weigh-in results: Two miss, but headliners set(MMAJunkie)
MAIN CARD (UFC Fight Pass, 2 p.m. ET )

・Mark Hunt (265) vs. Aleksei Oleinik (235)
・Jan Blachowicz (205) vs. Nikita Krylov (205)
・Shamil Abdurakhimov (256) vs. Andrei Arlovski (244)
・Thiago Alves (171) vs. Alexey Kunchenko (170)

PRELIMINARY CARD (UFC Fight Pass, 10:30 a.m. ET)

・C.B. Dollaway (186) vs. Khalid Murtazaliev (185)
・Jin Soo Son (137) vs. Petr Yan (136)
・Kajan Johnson (155) vs. Rustam Khabilov (156)
・Desmond Green (156) vs. Mairbek Taisumov (161)
・Magomed Ankalaev (204) vs. Marcin Prachnio (205)
・Jordan Johnson (186) vs. Adam Yandiev (184)
・Ramazan Emeev (171) vs. Stefan Sekulic (170)
・Merab Dvalishvili (135) vs. Terrion Ware (135)

 『UFC Fight Night 136: Hunt vs. Oliynyk』前日計量結果。ピョートル・ヤンと対戦するソン・ジンスが1ポンドオーバー。デスモンド・グリーンと対戦するマイルベク・タイスモフが5ポンドオーバー。ソンが出場給の20%をヤンに譲渡、タイスモフが出場給の40%をグリーンに譲渡し試合は行われるとのこと。






 フェイスオフ&前日計量動画。


UFC Fight Night 136 predictions: Who's picking Aleksei Oleinik to upset Mark Hunt in Moscow?(MMAJunkie)

 MMAJunkieスタッフによるメインカード勝敗予想。

・マーク・ハント vs. アレクセイ・オレイニクはハント支持11人、オレイニク支持2人。

・ヤン・ブラコビッチ vs. ニキタ・クリロフはブラコビッチ支持1人、クリロフ支持12人。

・アンドレイ・アルロフスキー vs. シャミル・アブドゥラヒモフはアルロフスキー支持10人、アブドゥラヒモフ支持3人。

・アレクセイ・クンチェンコ vs. チアゴ・アウベスはクンチェンコ支持10人、アウベス支持3人。

落とした脂肪は合計10トン!伝説のダイエット・アドバイザーが教える最強のやせ方
落とした脂肪は合計10トン!伝説のダイエット・アドバイザーが教える最強のやせ方
posted by ジーニアス at 05:17| Comment(4) | UFC | 更新情報をチェックする

2018年09月14日

11.14『UFC Fight Night 140』でヴェロニカ・マセドとマリーナ・モロズが対戦



 UFCが11月17日にアルゼンチン・ブエノスアイレスで開催する『UFC Fight Night 140: Magny vs. Ponzinibbio』でヴェロニカ・マセド vs. マリーナ・モロズの女子フライ級マッチを行うことを発表。

 マセドは『UFC Fight Night 129: Maia vs. Usman』でアンドレア・リーに判定負けして以来、モロズは『UFC on FOX 28: Emmett vs. Stephens』でアンジェラ・ヒルに判定負けして以来の試合。共に現在2連敗中です。

ヴェロニカ・マーズ <シーズン1-3> DVD全巻セット(33枚組)
【Amazon.co.jp先行販売】ヴェロニカ・マーズ <シーズン1-3> DVD全巻セット(33枚組)
posted by ジーニアス at 10:14| Comment(0) | UFC | 更新情報をチェックする

『UFC Fight Night 136: Hunt vs. Oliynyk』オッズ/視聴方法/見どころ

勝率9割の選択
勝率9割の選択

 5Dimes.euの『UFC Fight Night 136: Hunt vs. Oliynyk』のオッズを紹介続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 09:49| Comment(6) | UFC | 更新情報をチェックする

ギルバート・メレンデスが1年3ヶ月ぶりに復帰、12.29『UFC 232』でアーノルド・アレンと対戦



 UFCが12月29日にラスベガスで開催する『UFC 232』でギルバート・メレンデス vs. アーノルド・アレンのフェザー級マッチが行われることをFloCombatが確認したとのこと。

 メレンデスは2017年9月の『UFC 215: Nunes vs. Shevchenko 2』でジェレミー・スティーブンスに判定負けして以来1年3ヶ月ぶりの試合で現在4連敗中。足の負傷により復帰が遅れていました。アレンは『UFC Fight Night 130: Thompson vs. Till』でマッズ・バーネルに3Rフロントチョークで勝利して以来の試合。

posted by ジーニアス at 08:32| Comment(2) | UFC | 更新情報をチェックする

『UFC 228: Woodley vs. Till』の結果を受けて公式サイトがランキングを更新

UFC Fighter Rankings(UFC.com)

 『UFC 228: Woodley vs. Till』の結果を受けてUFC公式サイトがメデイア投票ランキングを更新。

・バンタム級はジョン・ドッドソンが1ランクダウンし8位。ドッドソンに勝利したジミー・リベラは変わらず5位。

・フェザー級はザビット・マゴメドシャリポフが1ランクアップし14位。

・女子ストロー級はタティアナ・スアレスが5ランクアップし4位。スアレスに敗れたカーラ・エスパーザが2ランクダウンし8位。カロリーナ・コバケビッチが1ランクダウンし5位。コバケビッチに勝利したジェシカ・アンドラジは変わらず2位。

・女子フライ級はニコ・モンターニョが王座剥奪により2位にダウン。これにより多くのファイターがランクを下げておりペイジ・ヴァンザントがランク外に落ちています。

・女子バンタム級はアイリーン・アルダナが1ランクアップし11位。アルダナに敗れたルーシー・パディロヴァは変わらず13位。

・パウンド・フォー・パウンドはタイロン・ウッドリーが1ランクアップし6位。

生命保険 実名ランキング! (別冊宝島)
生命保険 実名ランキング! (別冊宝島)
posted by ジーニアス at 08:11| Comment(0) | UFC | 更新情報をチェックする

11.17『UFC Fight Night 140』でグイド・カネッティとマルロン・ヴェラが対戦



 UFCが11月17日にアルゼンチン・ブエノスアイレスで開催する『UFC Fight Night 140: Magny vs. Ponzinibbio』でグイド・カネッティ vs. マルロン・ヴェラのバンタム級マッチが行われるとのこと。

 カネッティは『UFC Fight Night 129: Maia vs. Usman』でディエゴ・リヴァスに判定勝ちして以来の試合。ヴェラは『UFC 227: Dillashaw vs. Garbrandt 2』でウリジ・ブレンに2R TKO勝ちして以来の試合。

(アディダス) adidas サッカー アルゼンチン代表 ホームレプリカユニフォーム半袖 DTQ94 [メンズ]
(アディダス) adidas サッカー アルゼンチン代表 ホームレプリカユニフォーム半袖 DTQ94 [メンズ]
posted by ジーニアス at 07:36| Comment(0) | UFC | 更新情報をチェックする

ダレン・ティル「誰だって負けることはあるし、史上最も偉大なファイターになる目標は変わらない」

Darren Till vows to still become ‘greatest fighter of all-time’ despite UFC 228 title fight loss(MMAFighting)

 『UFC 228: Woodley vs. Till』でタイロン・ウッドリーのウェルター級王座に挑戦し2Rダースチョークで敗れたダレン・ティルが以下のコメント。

「ツライね。俺はやるべきことをやってベルトを手にして最も偉大な男になりかけていた。今でもそうなるつもりだ。ウッドリーとはバックステージで話をしたが彼も負けたことはある。ジョン・ジョーンズもジョルジュ・サンピエールも負けたことがある。どんなグレートファイターも負けている。そして俺は今回MMAでは初めて負けた。大丈夫だが動揺している。これは本音だ」

「何をしていていようが誰だって負ける時は負ける。たまにフロイド・メイウェザーのように勝ち逃げできるヤツもいるけどな。俺は人生で負けたことは3回しかない。キックボクシング時代にカナダで負けたことがある。今回もそれらのひとつだ。俺はそれに正面から向き合う。来年復帰するころには全てが変わっている。去年は18ヶ月ぶりに復帰してスウェーデン、オランダ、ポーランド、そしてリバプールで闘い勝ってきた。そして今回テキサスで負けた」

「多分また負ける時が来るかもしれない。だがそれでも俺は史上最も偉大なファイターになるつもりだ。それは何も変わらない。嘘じゃない。今は動揺して打ちひしがれている」

posted by ジーニアス at 07:23| Comment(4) | UFC | 更新情報をチェックする

タイロン・ウッドリー「コルビー・コヴィントンに俺とやる資格があるとは思えないが、UFCがやれと言うならやる」

デイナ・ホワイト「タイロン・ウッドリー vs. ダレン・ティルの勝者にコルビー・コヴィントンが挑戦する」(2018年09月09日)

 こちらの続報。



 『UFC 228: Woodley vs. Till』でダレン・ティルに2Rダースチョークで勝利しウェルター級王座を防衛したタイロン・ウッドリーに対しコルビー・コヴィントンがツイッターで早速挑発。マジソン・スクエア・ガーデン(11月3日の『UFC 230』)での対戦をアピールしています。

Tyron Woodley doesn’t think Colby Covington ‘deserves’ title shot, but won’t say no if that’s what UFC wants(MMAFighting)

 タイロン・ウッドリーがコルビー・コヴィントンについて以下のコメント。

「彼にはチャンスがあった。彼は先にダレン・ティルに試合をさせてもっと大きな大会で俺とやろうとしている。俺は誰とでもやるけどね。俺は世界一だし、UFCが用意した相手なら誰であろうとブッ飛ばしてやる。コルビー・コヴィントンであろうと、カマル・ウスマンであろうと、ロバート・ウィテカーであろうとな」

「コルビー・コヴィントンは俺とやれる資格があるとは思っちゃいないので次は彼だと言う気はない。彼にはチャンスがあったし、戯言ばかり言っていた。なのに俺がやろうぜと言ったら何も言わなくなった。恥ずかしいことだ。どうなるかはいずれ分かるだろう」

「俺は試合をするたびに強くなっている。やりやすくなってるし自信もついている。だからできるだけアクティブでいたい。彼らが11月にやるつもりがあるならやると思う」

資格取り方選び方全ガイド 2020年
資格取り方選び方全ガイド 2020年
posted by ジーニアス at 05:28| Comment(3) | UFC | 更新情報をチェックする

2018年09月13日

タイロン・ウッドリー「もうGSP戦へのこだわりは無い」

Tyron Woodley Feels He Doesn’t Need Win Over GSP to Be Considered ‘Greatest of All Time’(Sherdog)

 『UFC 228: Woodley vs. Till』でダレン・ティルに2Rダースチョークで勝利しウェルター級王座を防衛したタイロン・ウッドリーがジョルジュ・サンピエールについて以下のコメント。

「GSPのレガシーを上回るためにも彼に勝たなきゃいけないと思っていたが、今はそうじゃない。今闘っているヤツらの方が上だ。彼らの方がウェルラウンダーだし、ハードパンチャーだし、スピードもある。みんな若い時からMMAの練習を開始してるし、レスラーがパンチの打ち方を学んだとかじゃない。何でもできるのが当たり前になっている。だから俺はスペシャリストや有望なスター候補やロビー・ローラーを倒してきたと思ってる」

「もうGSPに対するこだわりは無いが、彼がやりたいのであればもちろん受けて立つ。ただ彼はそうするべきだと思わないし、俺に興味もないと思う。俺の中ではかなりどうでも良くなっている」

posted by ジーニアス at 12:15| Comment(6) | UFC | 更新情報をチェックする

12.29『UFC 232』でB.J.ペンとライアン・ホールが対戦



 UFCが12月29日にラスベガスで開催する『UFC 232』でB.J.ペン vs. ライアン・ホールのライト級マッチを行うことを発表。

 ペンは『UFC Fight Night 112: Chiesa vs. Lee』でデニス・シヴァーに判定負けして以来1年6ヶ月ぶりの試合。ライト級復帰戦でもあり現在5連敗中。ホールは『TUF 24 Finale』でグレイ・メイナードに判定勝ちして以来2年ぶりの試合。こちらもライト級復帰戦となります。

posted by ジーニアス at 11:37| Comment(3) | UFC | 更新情報をチェックする

11.24『Chuck Liddell vs. Tito Ortiz 3』ポスター



 ゴールデンボーイ・プロモーションが11月24日にカリフォルニア州イングルウッドで開催する『Chuck Liddell vs. Tito Ortiz 3』のポスターです。

UFC 66: Liddell vs. Ortiz 2 [DVD]
Ufc 66: Liddell Vs Ortiz 2 [DVD] [Import]
posted by ジーニアス at 06:02| Comment(4) | 海外格闘技 | 更新情報をチェックする

ベラトールMMAが12月15日にハワイ大会を開催/リョート・マチダとハファエル・カルバーリョが対戦



 ベラトールMMAが12月15日にハワイ州ホノルルのニール・S・ブレイズデル・センターで大会を開催することをKHON2が確認したとのこと。メインイベントはイリマ・レイ・マクファーレン vs. ヴァレリー・レターノーの女子フライ級タイトルマッチになります。

 マクファーレンは『Bellator 201: Macfarlane vs. Lara』でアレハンドラ・ララに3Rアームバーで勝利して以来、レターノーは『Bellator 201: Macfarlane vs. Lara』でクリスティーナ・ウィリアムスに判定勝ちして以来の試合。

 マクファーレンはホノルル出身なので地元凱旋大会となります。また、ハワイでこれだけの規模のMMAメジャー大会が開催されるのは2008年6月の『EliteXC: Return of the King』以来10年半ぶりになるとのこと。同大会ではK.J.ヌーン vs. イーブス・エドワーズ、ニック・ディアス vs. ムーシン・コーブリー等が行われています。



 ベラトールMMAハワイ大会でリョート・マチダ vs. ハファエル・カルバーリョのミドル級マッチが行われることをESPNが確認したとのこと。

 マチダは『UFC 224: Nunes vs. Pennington』でビクトー・ベウフォートに2R KO勝ちして以来の試合で今回がベラトールデビュー戦。カルバーリョは『Bellator 200: Carvalho vs. Mousasi』でゲガール・ムサシに1R TKO負けしミドル級王座から陥落して以来の試合。

 また、同大会ではウェルター級グランプリ1回戦ネイマン・グレイシー vs. エド・ルースも組まれるそうです。

ハワイ本オアフ最新2019 (エイムック 4067)
ハワイ本オアフ最新2019 (エイムック 4067)
posted by ジーニアス at 05:56| Comment(0) | ベラトール | 更新情報をチェックする
記事検索