RIZIN2018_0729_02.jpg

2018年07月03日

ヴォルカン・オズデミア、『UFC Fight Night 134』のマウリシオ・ショーグン戦からUFC 227のアレクサンダー・グスタフソン戦に変更







 ESPNのブレット・オカモト記者によると7月22日にドイツ・ハンブルクで開催する『UFC Fight Night 134』のメインイベントでマウリシオ・ショーグンと対戦予定だったヴォルカン・オズデミアが8月4日にカリフォルニア州ロサンゼルスで開催する『UFC 227: Dillashaw vs. Garbrandt 2』でアレクサンダー・グスタフソンとの対戦に変更されるとのこと。グスタフソンは『UFC Fight Night 109: Gustafsson vs. Teixeira』でグローヴァー・テイシェイラに5R KO勝ちして以来1年3ヶ月ぶりの試合。

 『UFC Fight Night 134』で代わりにショーグンと対戦する選手は未定ですが、アンソニー・スミスが最有力と見られているそうです。スミスは『UFC 225: Whittaker vs. Romero 2』でラシャド・エヴァンスに1R KO勝ちして以来の試合。

Majestic(マジェスティック) ロサンゼルス・エンゼルス 大谷翔平 プレイヤー Tシャツ (日本サイズ) 半袖 (レッド)
Majestic(マジェスティック) ロサンゼルス・エンゼルス 大谷翔平 プレイヤー Tシャツ (日本サイズ) 半袖 (レッド)
posted by ジーニアス at 07:16 | Comment(4) | UFC | ▼人気blogランキング

ジョシュ・バーネットのマネージャー「5つの団体からオファーが来ている」

ジョシュ・バーネット「UFC離脱が正式に決まった」「今後は自分のやりたい試合をしていきたい」(2018年06月26日)

 こちらの続報。

Manager: Josh Barnett has five offers after leaving UFC(ESPN.com)

 ジョシュ・バーネットのマネージャー、Leland Lebarreがジョシュには5つの団体からオファーがあったことを明かし以下のコメント。

「多少は興味を持たれるだろうとは思っていたが、予想以上の反響に驚いている。UFC以外の団体が上手く行くのはビジネス的に健全で素晴らしいことだ」

「全てのオファーを評価するのに少し時間が欲しい」

 なお、スコット・コーカー代表は最近獲得に興味をしているとコメントしたものの、オファーがあった5つの団体の中にベラトールMMAが含まれているかについては明言を避けています。

このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法
このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法
posted by ジーニアス at 06:33 | Comment(5) | UFC | ▼人気blogランキング

高田延彦統括本部長が伊調馨にMMA転向を打診か

伊調馨よ、RIZINに「出てこいや!」 高田延彦が女子レスリング選手の総合転向を画策中(日刊サイゾー)
 元プロレスラーの高田延彦が、レスリング女子五輪4連覇の伊調馨に総合格闘技転向を持ち掛けるのではないかという話が、格闘技界でささやかれている。高田は総合格闘技団体「RIZIN」の統括本部長を務めているが、ある格闘技ライターによると、「以前から大物アマ選手の獲得に奔走している」というのだ。

「2015年にRIZINを立ち上げたとき、放送を決めたフジテレビ側の関係者が最も強く求めていたのが『有名人の試合出場』だったんです。RIZINは、かつてPRIDEを運営していた榊原(信行)さんと高田さんが中心となって始めたものですが、PRIDE時代に元オリンピック選手やプロレスラー、タレントの金子賢ら話題性のある人たちをたくさん起用してきたので、同じような路線が求められたんです。ただ、格闘技ブームがあった頃のような資金力がなく、タレントの起用はことごとく失敗。そこでPRIDE時代に協力関係にあった日本レスリング協会と連携して、山本美憂や村田夏南子といった女子レスリング選手のプロ転向を実現してきたんです。ただ、高視聴率につながるような大物ではないので、水面下で狙っていたのが吉田沙保里と伊調馨なんですよ」(同)

(中略)

 今回の問題でレスリング界の人間関係の悪化が表面化したことで伊調は、東京五輪を目指して復帰したくてもしにくい状況になっている。もし、そこに見切りをつけてプロ転向となれば、かなりの注目を浴びることになるだろう。

「もし実現したら、プロ転向時にスポンサー契約も併せて3億円が動いたといわれるボクシング金メダリストの村田諒太をはるかに超えるビッグな契約になるでしょうね」とライター。

 RIZINは少し前に、ALSOKを退社してフリーとなった吉田沙保里の獲得にも色気を見せ、リオ五輪出場前の壮行会を後援するなどしていた。

「ただ、吉田は総合格闘技に興味がなく、交渉は進まなかったんです。決まれば昨年末の目玉になる計画だったんですけどね。そうなると伊調へのオファーに躍起になるでしょう。皮肉にも一連のトラブルのおかげで女子レスリングの顔になってますから、高田さんもこれから伊調の行く先々に顔を出してはプロ転向の誘いを持ち掛けるのでは」(同)

 3億円以上!? 実現すれば大晦日の大きな目玉にはなりますが…

なぜ日本の女子レスリングは強くなったのか 吉田沙保里と伊調馨
なぜ日本の女子レスリングは強くなったのか 吉田沙保里と伊調馨
posted by ジーニアス at 03:58 | Comment(7) | RIZIN | ▼人気blogランキング

チャトリ・シットヨートンCEO「ONE Championship日本大会は3月30日に開催します」



 『PANCRASE 297』を視察したONE Championshipのチャトリ・シットヨートンCEOが以下のコメント。

──今回の来日の目的は?
「AbemaTVと電通との打ち合わせがありました。8月に東京でONE Championshipの記者会見をやりたいと思っています。その準備のために来日しました。そして今日のユウヤのように選手たちとも会いました」

──過去にROAD FCが日本大会を有明コロシアムで1度だけ行いました。スポンサーに向けたショーケース的な意味合いもあったと思います。ONE Championshipは日本で継続的に試合を行う考えはあるのでしょうか。
1年間に6大会を開催したいです。でもいますぐには出来ません。来年2019年はだいたい2回くらいの開催になると思います。そしてだんだんと増やしていきます」

──初めての日本大会を2019年の3月に予定しているのですね?
「はい。3月30日の土曜日に日本大会を予定しています

──3月30日、東京大会ということですが、ある程度大きな会場になりますか?
「どこの国でもONE Championshipはその国の一番大きなスタジアムで開催していますが、電通からのアドバイスもあり、日本では最初は小さく始めていこうと思います」

北野氏 チャトリCEOは「小さく」とは言っていますが、日本では「大きい」といわれる会場になると思います。

「この国で最大というわけではないから、私にとっては小さな会場です。たとえばマニラのスタジアムは約2万人入ります。ONE Championshipでは、だいたい通常1万〜2万人入る会場を使用しています」

 他にも色々語っています。

Sports Illustrated Swimsuit 2019 Calendar
Sports Illustrated Swimsuit 2019 Calendar
posted by ジーニアス at 03:39 | Comment(10) | アジア格闘技 | ▼人気blogランキング

ゴールデンボーイ・プロモーションズ主催のMMA大会でチャック・リデルとティト・オーティズが3度目の対戦

Former UFC stars Chuck Liddell, Tito Ortiz agree to third MMA fight(ESPN.com)

Chuck Liddell(Sherdog)

Tito Ortiz(Sherdog)

 オスカー・デラホーヤが代表を務めるボクシングプロモーション、ゴールデンボーイ・プロモーションズが今年下半期にMMA大会を主催し、チャック・リデル vs. ティト・オーティズ3を行うことのこと。PPV大会になるそうです。会場や日程は近いうちに発表されるそうです。オスカー・デラホーヤは「チャック・リデル vs. ティト・オーティズの契約を発表できることをとても誇りに思う。世界中のスポーツファンにとって大きな出来事だし、彼らはMMA史上最も有名なファイターの2人だ。このスポーツのレジェンドだ。彼らのライバル関係がこのスポーツに大きく貢献したことを思い出すし、その最終章のホスト役ができることに興奮している」とコメントしています。

 チャック・リデルは現在48歳で2010年6月の『UFC 115: Liddell vs. Franklin』でリッチ・フランクリンに1R KO負けしたのを最後に引退していました。ティト・オーティズは現在43歳で2017年1月の『Bellator 170: Sonnen vs. Ortiz』でチェール・ソネンに1Rリアネイキッドチョークで勝利したのを最後に引退していましたが早くも復帰です。ティトはその前にも2012年7月の『UFC 148: Silva vs. Sonnen 2』でフォレスト・グリフィンに判定負けした時も引退試合として行われましたが2年後にベラトールで復帰しています。

 リデルとティトの対戦成績はリデルの2勝0敗。『UFC 47: It's On!』は2R KO勝ち、『UFC 66: Liddell vs. Ortiz 2』は3R TKO勝ちしています。2010年6月のUFC 115で3度目の対戦を行う予定でしたが、ティトの負傷欠場によりリデルはフランクリンと対戦、結果的にこれが引退試合となっていました。

posted by ジーニアス at 01:22 | Comment(6) | 海外格闘技 | ▼人気blogランキング
banner_02.gif ←この記事が面白かった、役に立ったという場合はクリックを・・・
記事検索