2017年08月02日

UFC 216でエイブル・トゥルジーロ vs. ランド・ヴァンナータ、ターレス・レイチ vs. ブラッド・タヴァレス等6試合が追加発表

UFC 216でベニール・ダリウシュとエヴァン・ダナムが対戦か(2017年07月25日)

UFC 216でニック・レンツとウィル・ブルックスが対戦(2017年07月25日)

 こちらの続報。

Seven bouts added to UFC 216(MMAFighting)

 UFCが10月7日にラスベガスで開催するUFC 216でエイブル・トゥルジーロ vs. ランド・ヴァンナータのライト級マッチ、ターレス・レイチ vs. ブラッド・タヴァレスのミドル級マッチ、ジョン・モラガ vs. マゴメド・ビブラトフのフライ級マッチ、マット・シュネル vs. マルコ・ベルトランのフライ級マッチ、ウォルト・ハリス vs. マーク・ゴッドビアーのヘビー級マッチを行うことを発表。

 トゥルジーロは『UFC Fight Night 104: Bermudez vs. Korean Zombie』で3Rダースチョークで敗れて以来、ヴァンナータは『UFC 209: Woodley vs. Thompson 2』でデヴィッド・ティーマ-に判定負けして以来の試合。

 レイチは『UFC Fight Night 108: Swanson vs. Lobov』でサム・アルヴィーに判定勝ちして以来、タヴァレスは『TUF 25 Finale』でエリアス・テオドロウに判定勝ちして以来の試合。

 モラガは『UFC Fight Night 110: Lewis vs. Hunt』でアシュカン・モクタリアンに判定勝ちして以来、ビブラトフは『UFC 210: Cormier vs. Johnson 2』でジャネル・ロウサに判定勝ちして以来の試合。

 シュネルは『UFC Fight Night 108: Swanson vs. Lobov』でヘクター・サンドヴァルに1R KO負けして以来、ベルトランは『UFC 212: Aldo vs. Holloway』でデイブソン・フィゲイレードに2R TKO負けして以来の試合。

 ハリスは『UFC Fight Night 111: Holm vs. Correia』でシリル・アスカーに1R TKO勝ちして以来、ゴッドビアーは『UFC 209: Woodley vs. Thompson 2』でダニエル・スピッツに判定勝ちして以来の試合。

 同大会ではスティペ・ミオシッチ vs. ケイン・ヴェラスケスのヘビー級タイトルマッチが噂されています。

Gavin Tucker vs. Rick Glenn first fight added to UFC 216 on Sept. 9 from Edmonton(MMAmania)

 UFCがUFC 216でギャヴィン・タッカー vs. リック・グレンのフェザー級マッチを行うことを発表。

 タッカーは『UFC Fight Night 105: Lewis vs. Browne』でサム・シシリアに判定勝ちして以来の試合で現在10勝0敗。グレンは『UFC 208: Holm vs. de Randamie』でフィリップ・ノヴァ-に判定勝ちして以来の試合。

(リーボック) UFC FG M ショート S98489 e flwy0718 [並行輸入品]
(リーボック) UFC FG M ショート S98489 e flwy0718 [並行輸入品]
posted by ジーニアス at 23:19| Comment(4) | UFC | 更新情報をチェックする

フランク・ミア「ベラトールやACBと交渉している」「ヒョードルと闘いたい」

UFCがフランク・ミアをリリース(2017年07月09日)

フランク・ミアはロシアのACBと契約か(2017年07月10日)

 こちらの続報。

Frank Mir says he’s negotiating with Bellator and ACB, interested in Fedor Emelianenko fight(MMAFighting)

 フランク・ミアが現在ベラトールMMAとロシアのACBと交渉していることを明かし以下のコメント。

「(USADAから2018年4月まで出場停止処分を受けているが)多分海外では試合ができるだろう。だがそのせいでアメリカで復帰できるかどうかは分からない。その辺はグレーだね。UFCも俺に何をしてくるか分かったもんじゃない」

「エメリヤーエンコ・ヒョードルと対戦したい。俺のキャリアの中でも素晴らしい試合になると思う。ヒョードルはひとつの団体に留まっているようなタイプじゃない。だからこの16年間は俺がいくら対戦したいと思っていても彼がUFCに来ない以上実現しなかったし、風穴を開けたい」

「まだまだやる気は十分ある。今は肉体的にもその他の面でも調子は良いし、一度引退してしまうと復帰は困難だ…復帰が待ち切れないね」

posted by ジーニアス at 20:00| Comment(20) | UFC | 更新情報をチェックする

『UFC 214: Cormier vs. Jones 2』前座の平均視聴者数が判明

UFC 214 prelims do 886,000 viewers, but other pay-per-view indicators are strong(MMAFighting)

 東部時間7月29日午後8時から10時までFXXが生中継した『UFC 214: Cormier vs. Jones 2』の前座の平均視聴者数は88万6000人だったとのこと。3大タイトルマッチを行うなど今夏最大のイベントの前座にしては物足りない数字ですが、普段放送しているFOX Sports 1やFXではなく馴染みの薄いFXXでの中継だったことが響いたと見られています。なお、88万6000人というのは同局の7月の同時間帯の平均より67%もアップしたとのこと。

 ピーク時はアルジャメイン・スターリング vs. ヘナン・バラオンの試合時で107万2000人だったそうです。

 PPVの契約数は多くのメディアが50~70万件と予想していましたが、デイナ・ホワイトは100万件と予想しているとのこと。2015年1月の『UFC 182: Jones vs. Cormier』は推定80万件です。近年は前座の平均視聴者数よりもGoogleでの検索数の方がPPV契約数の指標になっていますが、最近のナンバーシリーズの検索数は50万件程度だったのに対しUFC 214は280万件だったことから期待できると見られています。
posted by ジーニアス at 12:57| Comment(0) | UFC | 更新情報をチェックする

デイナ・ホワイト「タイロン・ウッドリーとは話し合ったし我々の関係はクールだ」

デイナ・ホワイト「改めてマイケル・ビスピン vs. ジョルジュ・サンピエールを組むことにした」(2017年07月30日)

タイロン・ウッドリー「俺はやるべきことはやったのに認められていない」(2017年08月02日)

タイロン・ウッドリー「俺は肩を負傷しても闘い続けたのに試合内容を批判したデイナ・ホワイトは謝罪すべきだ」(2017年08月02日)

 こちらの続報。



 デイナ・ホワイトがタイロン・ウッドリーについて以下のコメント。

「タイロン・ウッドリーとは話し合いをした。彼はイラツイてて動揺していたので、それ(言われたくないようなことをリークする)には深い意味はないと言っていた」

 TMZはタイロン・ウッドリーにも直撃していますが、「俺たちの関係は良好だ」とコメントしています。

和解という知恵 (講談社現代新書)
和解という知恵 (講談社現代新書)
posted by ジーニアス at 11:53| Comment(8) | UFC | 更新情報をチェックする
記事検索