2017年03月28日

ジョゼ・アルド「俺もボクシングキャリアを始めたい」

Jose Aldo wants to start a career in boxing(MMAFighting)

 ジョゼ・アルドがコナー・マクレガー vs. フロイド・メイウェザーJr.の噂やネイト・ディアスがネバダ州のボクサーライセンス申請について自身もボクシングキャリアを始めたいとし以下のコメント。

「まず第一にそれは金目当てじゃない。そのことは明確にしておきたい。俺に多くのものを与えてくれた神とUFCとMMAには感謝している」

「ボクシングキャリアを始めたいと思っているが、俺の場合は底辺からスタートしたい。ランカーになって、いつかはベルトに挑戦したい。単なるマネーファイトはしたくない。偉大なチャンピオンに挑戦したい。ボクサーのことはみんなリスペクトしているし、底辺から始めたい。ボクシングキャリアを始めたいし、MMAとボクシングの両方でチャンピオンになることが最大の夢だ」

「コナー・マクレガーのことは気にしちゃいない。以前も言ったが彼はクソッタレだし、何をしようとどうでもいい。自分のことしか考えちゃいない。自分のベルトを防衛するための練習をしている。もっと高いレベルに行きたい」

2017 世界ボクシングパーフェクトガイド (B・Bムック)
2017 世界ボクシングパーフェクトガイド (B・Bムック)
posted by ジーニアス at 16:46| Comment(16) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする

コナー・マクレガーとネバダ州アスレチックコミッションが和解、ボクサーライセンス取得へ

Here’s what Conor McGregor’s new fine means for his proposed fight with Floyd Mayweather(FOX Sports)

 昨年8月の『UFC 202: Diaz vs. McGregor 2』でネイト・ディアスと荒れた記者会見をした件の処分を不服とし、ネバダ州アスレチックコミッションと対立していたコナー・マクレガーが和解したとのこと。当初は15万ドルの罰金及び50時間のボランティア活動が科せられる予定でしたが、2万5000ドルの罰金及び25時間のボランティア活動に変更されています。マクレガー陣営によると、これによりネバダ州のボクサーライセンスを申請するとのこと。アスレチックコミッションのチェアマン、アンソニー・マーネル氏はライセンスは発行されるだろううとコメントしていることから、フロイド・メイウェザーJr.戦実現にまた一歩近づくことになります。

大橋秀行 ボクシング 新!完全教則 入門篇 [DVD]
大橋秀行 ボクシング 新!完全教則 入門篇 [DVD]
posted by ジーニアス at 01:20| Comment(4) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
記事検索