20170727_WEB_UFC-JP_728x90.png RIZIN2017__1015_02.jpg

2017年03月08日

UFC 209の結果を受けて公式サイトがランキングを更新

UFC Fighter Rankings(UFC.com)

 『UFC 209: Woodley vs. Thompson 2』の結果を受けてUFC公式サイトがメディア投票ランキングを更新。

 フェザー級はダレン・エルキンスが2ランクアップし12位。エルキンスに敗れたミルサド・ベクティクが2ランクダウンし15位。

 ライトヘビー級はUFCと再契約したミーシャ・サークノフがランキングに返り咲いたものの、以前の8位ではなく15位に。これによりジャレッド・キャノニアが15位からランク外に落ちています。

 パウンド・フォー・パウンドはタイロン・ウッドリーが1ランクアップし8位。ハビブ・ヌルマゴメドフが1ランクダウンし14位。

これが日本の実力! 世界なんでもランキング100 (PHP文庫)
これが日本の実力!  世界なんでもランキング100 (PHP文庫)
posted by ジーニアス at 23:42 | Comment(1) | TrackBack(0) | UFC | ▼人気blogランキング

UFC 209前座の平均視聴者数が好記録をマーク

UFC 209 prelim ratings up 18 percent from UFC 208(MMAFighting)

 東部時間3月4日午後8時からFOX Sports 1が生中継した『UFC 209: Woodley vs. Thompson 2』の平均視聴者数は103万3000人だったとのこと。『UFC 208: Holm vs. de Randamie』の前座が87万4000人だったので18%アップしたことになります。

 瞬間最高はダレン・エルキンス vs. ミルサド・ベクティクの試合時で118万3000人だったそうです。

 また、当日は「UFC 209」がグーグル検索ワードランキングで1位、3月3日も2位だったとのこと。ハビブ・ヌルマゴメドフの欠場で検索する人が増えたようです。

Fire TV Stick (New モデル)
Fire TV Stick (New モデル)
posted by ジーニアス at 23:13 | Comment(1) | TrackBack(0) | UFC | ▼人気blogランキング

UFC 211でデヴィッド・ブランチとクリストフ・ジョッコが対戦

WSOF2階級王者のデヴィッド・ブランチがタイトル返上、フリーエージェントに(2017年02月08日)

 こちらの続報。

David Branch vs. Krzysztof Jotko targeted for UFC 211(MMAFighting)

David Branch(Sherdog)

 UFCが5月13日にテキサス州ダラスで開催する『UFC 211: Miocic vs. Dos Santos 2』でデヴィッド・ブランチ vs. クリストフ・ジョッコのミドル級マッチを行うことをMMAFightingが確認したとのこと。

 ブランチはWorld Series of Fightingミドル級&ライトヘビー級チャンピオンで先月フリーエージェントになったことが確認されていました。UFC戦績2勝2敗で6年2ヶ月ぶりの復帰戦となります。ジョッコは『UFC Fight Night 100: Bader vs. Nogueira 2』でターレス・レイチに判定勝ちして以来の試合で現在5連勝中。

毎日を変える魔法のブランチ
毎日を変える魔法のブランチ
posted by ジーニアス at 19:08 | Comment(1) | TrackBack(0) | UFC | ▼人気blogランキング

UFC 211でエディ・アルバレス vs. ダスティン・ポイエー、ヘンリー・セフード vs. セルジオ・ペティス



 UFCが5月13日にテキサス州ダラスで開催する『UFC 211: Miocic vs. Dos Santos 2』でエディ・アルバレス vs. ダスティン・ポイエーのライト級マッチとヘンリー・セフード vs. セルジオ・ペティスのフライ級マッチを行うことを発表。

 アルバレスは『UFC 205: Alvarez vs. McGregor』でコナー・マクレガーに2R KO負けしライト級王座から陥落して以来の試合。ポイエーは『UFC 208: Holm vs. de Randamie』でジム・ミラーに判定勝ちして以来の試合。

 セフードは『TUF 24 Finale』でジョセフ・ベナビデスに判定負けして以来、ペティスは『UFC Fight Night 103: Rodríguez vs. Penn』でジョン・モラガに判定勝ちして以来の試合。

posted by ジーニアス at 17:33 | Comment(9) | TrackBack(0) | UFC | ▼人気blogランキング

ベン・ロズウェルがランダムの薬物検査で禁止薬物の陽性反応

Ben Rothwell flagged by USADA for potential UFC anti-doping policy violation(MMAFighting)

 5月13日にテキサス州ダラスで開催する『UFC 211: Miocic vs. dos Santos 2』でファブリシオ・ヴェウドゥムと対戦だったベン・ロズウェルが、USADAが2月6日に行ったランダムの薬物検査で禁止薬物の陽性反応が出たとのこと。詳細は不明。ヴェウドゥムが代わりの選手と対戦するかは不明。ロズウェルは病気の治療のために通院していたとコメントしており、不正行為をしていたことを否定しています。

 ロズウェルは2013年8月の『UFC 164: Henderson vs. Pettis 2』で行われたブランドン・ヴェラ戦の後にも高濃度のテストステロンが検出され9ヶ月間の出場停止処分を受けています。

ロズウェルUFO回収事件
ロズウェルUFO回収事件 (サラブレッド・ブックス)
posted by ジーニアス at 12:50 | Comment(16) | TrackBack(0) | UFC | ▼人気blogランキング

佐々木憂流迦がUFCと新たに4試合契約

【朗報】佐々木憂流迦、UFC残留!!  新たに4試合契約(Dropkick)
 負け越し更新の裏側には何があったのか――。佐々木憂流迦は契約最終試合のウィルソン・ヘイス戦では判定負けを喫したが、ランキング5位(ウィルソンは王者デメトリアス・ジョンソンへの挑戦が決定)の相手に最終ラウンドには、あわや一本勝ちまで追い詰めたこと、そしてフライ級ファイターの将来性を買われての再契約となったようだ。

Yuta Sasaki(Sherdog)

 佐々木憂流迦はUFC戦績2勝3敗。最近4試合は1勝3敗で厳しい状況でしたが、トップコンテンダーのウィルソン・ヘイス戦の内容が評価されたようです。

電子契約の教科書~基礎から導入事例まで~
電子契約の教科書~基礎から導入事例まで~
posted by ジーニアス at 12:29 | Comment(28) | TrackBack(0) | UFC | ▼人気blogランキング
banner_02.gif ←この記事が面白かった、役に立ったという場合はクリックを・・・
記事検索