RIZIN2017_0730_tokorohoriguchi_01.jpg

2017年01月02日

アマンダ・ヌネス「ロンダ・ラウジーに圧勝するのは完全に予想通りだった」

Amanda Nunes Expected Dominant Triumph Over Ronda Rousey at UFC 207(Sherdog)

 『UFC 207: Nunes vs Rousey』でロンダ・ラウジーに1R TKO勝ちし女子バンタム級王座を防衛したアマンダ・ヌネスが以下のコメント。

「こうなることは全て分かっていた。私はライオンのような練習をしてきた。私のパンチを貰っても大丈夫な女子は居ないと思ってるし、実際にそうなった。彼女のボクシングコーチが彼女の打撃は良いとか言ってたから打ち合いに来るんじゃないかと思ってた。だけどそこからクリンチに行きたいことも分かってた。最初のパンチでダメージを与えられたので、セコンド陣からそのまま行けと言われた」

「(ロンダ・ラウジーのファイトマネーが300万ドル、自身が20万ドルであることを尋ねられ)全然問題ないわ。私はこれから稼ぐから。だから全然大丈夫よ」

これからの日本の論点 日経大予測2017
これからの日本の論点 日経大予測2017
posted by ジーニアス at 21:38 | Comment(10) | TrackBack(0) | UFC | ▼人気blogランキング

UFC 207 アマンダ・ヌネスに敗れたロンダ・ラウジーが声明を発表

Ronda Rousey breaks silence following loss to Amanda Nunes with statement(MMAFighting)

 『UFC 207: Nunes vs Rousey』でアマンダ・ヌネスの女子バンタム級王座に挑戦し1R TKO負けしたロンダ・ラウジーが以下の声明を発表。

「最高の時だけでなく最も困難な時にも居てくれる全てのファンに感謝したい。皆さんの愛と応援に対して何と言えばいいか言葉も見つかりません。

 闘うためだけではなく、勝つために戻って来るのがこの1年の課題でした。しかし、どれだけ準備をして全力を尽くして物凄く勝ちたいと思っていても計画通りにいかないことはあります。私は女子の階級がUFCでここまで来たことに誇りを持ってるし、アマンダを含めそれを実現させた全ての女性を賞賛します。

 今後について考えるにはかなりの時間を要します。私のことを信じて理解してくれることに感謝します」

posted by ジーニアス at 19:25 | Comment(9) | TrackBack(0) | UFC | ▼人気blogランキング

デイナ・ホワイト「ロンダ・ラウジーは落ち込んでいるがホーリー・ホルム戦の時ほどじゃない」

Dana White: Ronda Rousey ‘devastated’ after loss to Amanda Nunes(MMAFighting)

 『UFC 207: Nunes vs Rousey』でアマンダ・ヌネスの女子バンタム級王座に挑戦したロンダ・ラウジーが48秒でTKO負けした件についてデイナ・ホワイトが以下のコメント。

「ずっと彼女と一緒に居た。彼女は凄く負けず嫌いだし落ち込んでいる。彼女はコンペティターだ。だがホーリー・ホルム戦の直後の時と比べたら全然マシだよ。バックステージでの彼女は明らかに動揺していたが、多くの応援を受けたしホーリー・ホルム戦の時より良いと思う」

「試合のプロモーションについては全てロンダに合わせたことでみんなからギャーギャー言われた。広告に1億ドル使うこともできたし、アマンダ・ヌネスはまだ無名だった。だがこの試合で誰もがアマンダ・ヌネスのことを知るようになったんじゃないのか? 明日アマンダ・ヌネスのことを知ってるかいろんな人に聞いてみるといい。みんな知ってると言うだろう。だから私はプロモーターなんだ」

落ち込んだときに元気になる考え方
落ち込んだときに元気になる考え方 (中経の文庫)
posted by ジーニアス at 14:12 | Comment(5) | TrackBack(0) | UFC | ▼人気blogランキング

フジテレビ『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2016』他大晦日各局の視聴率が判明

12.31『RIZIN』第2部の平均視聴率は7.3%、『KYOKUGEN 2015』魔裟斗 vs. KIDは9.0%(2016年01月02日)

 こちらの続報。2015年大晦日のフジテレビ『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX2015』の平均視聴率は(19:00〜)5.0%、(20:45〜)7.3%、(22:30〜23:45)3.7%でしたが、

『ガキ使』7年連続で紅白裏視聴率トップに - 前年比上昇で17.7%・16.1%(マイナビニュース)
11回目の恒例企画となっている同番組だが、今回は『絶対に笑ってはいけない科学博士24時!』と題して放送。ダウンタウン、月亭方正、ココリコというおなじみのメンバーが、笑いの刺客に負けてお尻をたたかれ続け、視聴率は(18:30〜)17.7%、(21:00〜24:30)16.1%だった。前年の『絶対に笑ってはいけない名探偵24時』が(18:30〜)17.6%、(21:00〜24:30)15.3%だったため、上昇している。

ちなみに、2014年『絶対に笑ってはいけない大脱獄24時』は18.7%・16.0%。2013年『絶対に笑ってはいけない地球防衛軍24時』は19.8%・17.2%で、この年が歴代最高となっている。

ほかの局はチャンネル順に見ると、テレビ朝日は3年連続となった『くりぃむVS林修! 年越しクイズサバイバー2016』で、(18:00〜)7.1%、(19:00〜)5.8%、(21:00〜)5.0%、(23:45〜25:00)6.9%。

TBSは、恒例のスポーツバラエティ『史上最大の限界バトル KYOKUGEN2016』(18:00〜)6.5%、(21:50〜)6.3%、(21:35〜)5.5%、(22:35〜23:35)4.2%

テレビ東京は、『ウソのような本当の瞬間! 30秒後に絶対見られるTVスペシャル』(19:00〜21:30)2.5%、『ボクシング THE BEST OF BEST 大晦日2大世界戦』(21:30〜23:30)3.9%。

フジテレビは、前年比引き続き『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND−PRIX 2016 無差別級トーナメント2nd ROUND&FINAL ROUND』で、(18:00〜)5.6%、(19:00〜)7.1%、(21:00〜)5.7%、(22:50〜23:45)3.6%だった。

なお、『第67回NHK紅白歌合戦』は、第1部(19:15〜20:55)が35.1%、第2部(21:00〜23:45)が40.2%だった。

 RIZINは4部に分けての発表。ミルコ・クロコップが3試合し早めに登場した効果か第1部の数字は微増も基本的には前年とほぼ横ばい。『KYOKUGEN 2016』は前年の魔裟斗 vs. 山本“KID”徳郁よりは数字を取れず。第2部の時間が間違っていますが、実際は19:50〜なのか20:50〜なのかは不明。『ガキの使い』の強さは相変わらずですが、『クイズサバイバー』が意外に健闘。RIZINは今年の大晦日は文句なしの民放2位を目指して欲しいところです。

ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! (祝)大晦日放送10回記念Blu-ray 初回限定永久保存版(22) (罰)絶対に笑ってはいけない名探偵24時
ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! (祝)大晦日放送10回記念Blu-ray 初回限定永久保存版(22) (罰)絶対に笑ってはいけない名探偵24時
posted by ジーニアス at 13:17 | Comment(45) | TrackBack(0) | RIZIN | ▼人気blogランキング

『WSOF 34: Gaethje vs. Firmino』試合結果/ジョン・フィッチが引退を示唆

WSOF 34 results: Gaethje retains after doctor stoppage in late 'Fight of the Year' candidate(MMAJunkie)
MAIN CARD (NBC)

・Yushin Okami def. Paul Bradley via split decision (29-28, 29-28, 28-29)
・Champ Justin Gaethje def. Luiz Firmino via TKO (doctor stoppage) – Round 3, 5:00 – to retain lightweight title
・Champ Jon Fitch def. Jake Shields via unanimous decision (49-46, 49-46, 49-46) – to retain welterweight title
・Champ Marlon Moraes def. Josenaldo Silva via verbal submission (injury) – Round 1, 2:30 to retain bantamweight title

PRELIMINARY CARD (NBCSN)

Caio Alencar def. Jared Rosholt via knockout (punches) – Round 1, 1:17
Champ David Branch def. Louis Taylor via submission (rear-naked choke) – Round 5, 2:00 – to retain middleweight title
Smealinho Rama def. Jake Huen via TKO (strikes) – Round 2, 3:30

PRELIMINARY CARD (MMAjunkie)

Shane Kruchten def. Jeremy Mahon via unanimous decision (29-28, 29-28, 29-28)
Bruno Santos def. Vagab Vagabov via split decision (29-28, 28-29, 29-28)
Andre Harrison def. Bruce Boyington via submission (rear-naked choke) – Round 1, 1:54
Tom Marcellino def. Matt Denning via submission (armbar) – Round 1, 3:30


【WSOF34】Titan FCフェザー級王者からWSOFデビュー、アンドレ・ハリソンがRNCで一方的な勝利(MMAPLANET)

【WSOF34】ヴァガボフ、23連勝ならず。サントスにテイクダウン許し、スプリット判定負け(MMAPLANET)

【WSOF34】元UFCファイターのロショルトをパンチで圧倒。アレンカウ77秒KO勝ち(MMAPLANET)

【WSOF34】ゲイジー・タイム前にブスカペが続行不可能に。5度目の王座防衛(MMAPLANET)

【WSOF34】マルロン・モラエス、負傷TKO勝ちもダウンを奪う快勝(MMAPLANET)

【WSOF34】サウスポーに構え、シールズのテイクダウンを潰したフィッチ。王座防衛後に引退を発表(MMAPLANET)

【WSOF34】際どい勝負、打撃で優勢だった岡見はスプリット判定勝ち!!(MMAPLANET)

 12月31日にニューヨーク州ニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデン内ザ・シアターで開催された『WSOF 34: Gaethje vs. Firmino』の試合結果。ライト級タイトルマッチはジャスティン・ゲイジ−がルイス・ブスカペに3R TKO勝ちし王座防衛。ウェルター級タイトルマッチはジョン・フィッチがジェイク・シールズに判定勝ちし王座防衛。フィッチは首の状態が芳しくなく「家族や医師と相談する必要があるが」との注釈付きではあるものの「引退する良い機会かもしれない」とコメント。バンタム級タイトルマッチはマルロン・モラエスがジョゼナウド・シウバに1R TKO勝ちし王座防衛。岡見勇信はポール・ブラッドリーに判定勝ちしています。

Round 5 UFC Series 12.5 Limited Edition Action Figure - Jon Fitch by Round 5 MMA [並行輸入品]
posted by ジーニアス at 04:51 | Comment(2) | TrackBack(0) | WSOF | ▼人気blogランキング
banner_02.gif ←この記事が面白かった、役に立ったという場合はクリックを・・・
記事検索