2016年12月02日

ファブリシオ・ヴェウドゥム「UFCには不満があるし再契約するかどうかは分からない」

ファブリシオ・ヴェウドゥムがリーボックのユニフォーム制度に抗議→解説の仕事を降板させられる(2016年10月30日)

 こちらの続報。

Fabricio Werdum: 'I’m not happy at all with the UFC, at the moment’(BloodyElbow)

 ファブリシオ・ヴェウドゥムが以下のコメント。

「今のUFCとの契約が終わったら再契約するかどうかは分からない。いろんなことが起こり得るとは思うが、僕は100%会社人間だ。常にスポンサーや団体の期待に応えようとしている。だけど相互理解が無くなったら会社人間にはなれないよ。満足な時は出来る限りベストを尽くそうとするけど不満がある時はそうじゃない。そして今の僕はUFCに対し満足していない」

「ガッカリしながら闘うことになるし、僕はもう39歳のベテランだ。あと2、3年はやるつもりだけど、契約についてはどうなるか分からない。真っ当なことをしたい。今の契約が終わったら他団体の話を聞きたい。どうなるかは分からないけどね。今のところは何もないよ。この団体にまた満足できるようになれば残るかもしれないし、離脱するかもしれないし、引退するかもしれない。いろんな可能性があるよ」

なんとなく仕事がイヤッ!―職場の不満を解決する26の方法
なんとなく仕事がイヤッ!―職場の不満を解決する26の方法
posted by ジーニアス at 21:23| Comment(28) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする

『UFC Fight Night 101』の結果を受けてUFC公式サイトがランキングを更新

UFC Fighter Rankings(UFC.com)

 『UFC Fight Night 101: Whittaker vs. Brunson』の結果を受けてUFC公式サイトがメディア投票ランキングを更新。

 フェザー級はコナー・マクレガーの王座返上によりほぼ全ファイターが1ランクずつアップ。チェ・ドゥホが3ランクアップし11位、ダレン・エルキンスが1ランクダウンし13位に。また、アンドレ・フィリがランク外から15位にランクインしています。

 ミドル級はロバート・ウィテカーが1ランクアップし6位、ウィテカーに敗れたデレク・ブランソンが1ランクダウンし9位。また、ハファエル・ナタウがランク外から15位にランクインしています。

最新保険ランキング 2017上半期 (マガジンハウスムック)
最新保険ランキング 2017上半期 (マガジンハウスムック)
posted by ジーニアス at 01:59| Comment(0) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
記事検索