デレク・ブランソン「バカな試合をしてしまった」

UFC Fight Night 101's Derek Brunson on loss to Robert Whittaker: 'It really sucks'(MMAJunkie)

 『UFC Fight Night 101: Whittaker vs. Brunson』でロバート・ウィテカーに1R TKO負けしたデレク・ブランソンが以下のコメント。

「本当にムカついている。連勝中だったし本当に一生懸命頑張ってきた。なのにここでノープランでバカな試合をしてしまった。今はこの屈辱を受け止める時だ。結果はともかく調子は良かった。このスポーツは成長している。5連勝中でタイトルに挑戦したいと思いメインイベントだったが、それよりも我慢が必要だった。グレートファイトかつスマートな闘いをするのが目標だ」

「ケージに押し込んだ時に彼の呼吸が激しくなってるのを感じた。彼をスローダウンさせてテイクダウンすることもできたのにスマートな判断をしなかった。レスリングに行かずノックアウトばかり狙ってしまった」

「俺は本当にスマートじゃなかったがウィテカーには脱帽だ。この敗戦を受け止めたい」

【文庫】 「バカの人」相手に感情的にならない本
【文庫】 「バカの人」相手に感情的にならない本 (文芸社文庫 わ 2-1)
posted by ジーニアス at 16:56| Comment(6) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする

UFC 205ケルヴィン・ガステラムの出場停止処分は解除されていた

UFC 205 ケルヴィン・ガステラムに6ヶ月間の出場停止処分か→陣営は提訴の方針(2016年11月22日)

UFC 206でティム・ケネディとケルヴィン・ガステラムが対戦(2016年11月27日)

 こちらの続報。

Kelvin Gastelum free of suspension, will face Tim Kennedy at UFC 206(MMAFighting)

 『UFC 205: Alvarez vs. McGregor』の前日計量で体重計に乗ることすらできずドナルド・セラーニ戦が中止されたケルヴィン・ガステラムにニューヨーク州アスレチックコミッションが6ヶ月間の出場停止を科すことを発表、ガステラム陣営は提訴する構えでしたが、ニューヨーク州の広報によるとガステラムは提訴を取り下げる代わりに2000ドルの罰金を支払い6ヶ月間の出場停止処分は解除されたとのこと。これによりUFC 206でティム・ケネディと対戦できるようになったそうです。

司法取引(上) (新潮文庫)
司法取引(上) (新潮文庫)
posted by ジーニアス at 16:16| Comment(2) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする

12.29&31 RIZINで才賀紀左衛門 vs. ディラン・ウエスト、元谷友貴 vs. アラン・ナシメント等4カードが追加発表













 12月29日が元谷友貴 vs. アラン・ナシメント、矢地祐介 vs. マリオ・シスムンド、浅倉カンナ vs. アリーシャ・ガルシア。12月31日が才賀紀左衛門 vs. ディラン・ウエスト。和田竜光の対戦相手は後日発表です。

Allan Nascimento(Sherdog)

 元谷友貴 vs. アラン・ナシメントはRIZIN.1で行う予定でしたが元谷の減量中の体調悪化によりドクターストップ、ノーコンテストとなっていました。今回は仕切り直しマッチとなります。ナシメントはその間に2戦しており2勝しています。

Mario Sismundo(Sherdog)

 マリオ・シスムンドは現在37歳のフィリピン人で戦績2勝2敗。

Alyssa Garcia(Sherdog)

 アリーシャ・ガルシアは現在22歳(試合時は23歳)のアメリカ人でプロ戦績1勝2敗、アマ戦績3勝0敗。ジョシュ・バーネットの下でMMAを1年間習ってきたそうです。

Dillin West(Sherdog)

 ディラン・ウエストは現在27歳の南アフリカ人。アマチュア戦績5勝2敗で今回がプロデビュー戦のようです。

(リバーサル) REVERSAL RIZIN×REVERSAL BIG MARK HOODY (HOODED)(T452-BK)
(リバーサル) REVERSAL RIZIN×REVERSAL BIG MARK HOODY (HOODED)(T452-BK) スウェット パーカー プルオーバー
posted by ジーニアス at 13:19| Comment(67) | TrackBack(0) | RIZIN | 更新情報をチェックする

ジョゼ・アルド「フェザー級王座を防衛してからコナー・マクレガーと再戦したい」

UFCがコナー・マクレガーのフェザー級王座返上、ジョゼ・アルドの正規王座就任を正式発表(2016年11月27日)

 こちらの続報。

Jose Aldo 'knew' Conor McGregor's belt would be stripped; plans title defense and then rematch(MMAJunkie)

 ジョゼ・アルドが以下のコメント。

「実際こうなるだろうと思っていた。彼は俺との再戦かライト級を選ばなればいけなかった。彼としてはハビブ・ヌルマゴメドフ戦になっても俺との再戦になっても厳しい試合になるだろう。そして彼は俺とやる方を選ばなかったし、それは問題ない。俺の方はもちろんまずはタイトル防衛だが、それから彼との再戦を要求していきたい」

「俺は常にチャンピオンだったと思ってるし、これからもチャンピオンであり続ける。負けた時でも次の日にはすぐに奪回できると思っていた。こうなるのは時間の問題だった。もちろんこういう形で戻って来るのが理想ではなかったが嬉しいよ」

「デイナ・ホワイトがやりたい相手を選べると言ってくれたし、俺は彼とやりたい。可能性は十分ある」

「以前UFCを去って他のスポーツをしてみたいと言ったが、MMAに戻るならUFCしかないと思っていた。俺は世界一だし、世界一の団体はUFCだからだ。モチベーションは高いよ。ノヴァウニオンでずっと練習してきたし闘う準備はできている。2月か3月ごろになるだろう。前回の試合から時間も経ってるし、あまり長く待ちたくない」

Pop! UFC - Jose Aldo UFC Figures [並行輸入品]
Pop! UFC - Jose Aldo UFC Figures [並行輸入品]
posted by ジーニアス at 11:46| Comment(22) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
記事検索