2015年09月27日

廣田瑞人 vs. 石原夜叉坊主要サイトの採点/両者ともUFCと契約

Teruto Ishihara drew with Mizuto Hirota(MMADecisions)

 『UFC Fight Night 75: Barnett vs. Nelson』廣田瑞人 vs. 石原夜叉坊採点。三者三様だったわけですが、Christopher Shenが第3ラウンドに10-10を付けています。他の2人は第3ラウンドは廣田に付けていました。

 また、主要サイトの採点は29-28で廣田勝利が9人、29-28で石原勝利が2人、ドローが1人でした。



 デイナ・ホワイトはツイッターで「第4ラウンドをやって勝者を決めるべきだった。 #おかしい」とコメントしています。

After 'Road to UFC: Japan' ends in split draw, Hirota and Ishihara both get contracts(MMAJunkie.com)

 なお、試合後会見では両者に勝利ボーナスが支払われ、UFCと契約することが発表されています。

成長力を採点! 2020年の「勝ち組」自動車メーカー
成長力を採点! 2020年の「勝ち組」自動車メーカー
posted by ジーニアス at 22:30| Comment(45) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする

『UFC JAPAN 2015』パフォーマンスボーナス/観衆は過去最低を記録(追記)

UFC Fight Night 75 bonuses: You know damn well Uriah Hall got $50,000(MMAJunkie.com)

 『UFC Fight Night 75: Barnett vs. Nelson』のパフォーマンスボーナスは以下の通り。

◎ファイト・オブ・ザ・ナイト
 該当試合なし

◎パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト
 ジョシュ・バーネット、ユライア・ホール、ディエゴ・ブランダオン、中村K太郎

 4選手には各5万ドルのボーナス。

UFC Fight Night 75 draws lowest attendance for UFC in Saitama, company bullish on Japan(MMAJunkie.com)

 さいたまスーパーアリーナで開催された同大会の観衆は主催者発表で1万137人とのこと。ゲート収入は例年通り未発表。

14,682 – “UFC on FUEL TV 8: Silva vs. Stann,” March 2013
12,395 – “UFC Fight Night 52: Hunt vs. Nelson,” September 2014
10,137 – “UFC Fight Night 75: Barnett vs. Nelson,” September 2015

 一昨年、昨年と比べると減っています。2012年の『UFC 144: Edgar vs. Henderson』は主催者の発表はありませんでしたが、一説によると2万1000人と言われています。

[追記]朝早いことを問題視しているコメントが多いですが、昼開始だったのは昨年のみです。

埼玉の法則 (リンダパブリッシャーズの本)
埼玉の法則 (リンダパブリッシャーズの本)
posted by ジーニアス at 22:00| Comment(60) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする

ヘナン・バラオン「フェザー級で復帰戦をする」

Former champion Renan Barao expects to move up to 145 pounds for next UFC fight(MMAFighting)

 7月の『UFC on FOX 16: Dillashaw vs. Barao 2』でT.J.ディラショーのバンタム級王座に挑戦し4R TKO負けした前チャンピオンのヘナン・バラオンがブラジルのRN TVで以下のコメント。

「階級を上げるのかと言われたらそうだし、フェザー級で何試合かしてみたい。それでどうなるか見てみたい。俺は22ポンド以上落とさなきゃいけないし、前回はリカバリーが上手くいなかったのかもしれない」

「ジョゼ・アルドと同門対決をする可能性なんて考えたこともなかった。俺の目標はグレートファイトを続けて、できればベルトを獲ることだ」

posted by ジーニアス at 06:30| Comment(8) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする

アンデウソン・シウバ「復帰戦は4月、対戦相手はマイケル・ビスピンになると思う」

アンデウソン・シウバ陣営がUFC 183で禁止薬物の陽性反応が出たのは精力剤のせいだと主張(2015年08月13日)

UFC 183 アンデウソン・シウバに1年間の出場停止&罰金処分(2015年08月14日)

 こちらの続報。

Anderson Silva hints at April UFC return against possibly Michael Bisping(MMAFighting)

 アンデウソン・シウバが以下のコメント。

「来年4月に復帰戦をすると思う。会場は俺の故郷のクリチバでファブリシオ・ヴェウドゥムも出場する」

「対戦相手について話をしたが覚えてないな。マイケル・ビスピンだったと思う。どうなるかは分からないけどね」


アレナ・ダ・バイシャーダ - Wikipedia

 MMAFightingによるとUFCは3月か4月にクリチバのサッカースタジアム、アレナ・ダ・バイシャーダでの大会を検討しているとのこと。ビスピンは11月15日の『UFC 193: Rousey vs. Holm』でロバート・ウィテカーと対戦予定ですが、最近もリョート・マチダに対戦をアピールされていました。

First I've heard. Just leave the viagra out of it and I'm in.

Mikebispingさん(@mikebisping)が投稿した写真 -




 これに対しビスピンはInstagramで「初めて聞いたよ。バイアグラをやめるのなら対戦するよ」とコメント。アンデウソン陣営が公聴会で「UFC 183で禁止薬物の陽性反応が出たのは精力剤のせいだ」と主張したことを皮肉っています。

posted by ジーニアス at 01:03| Comment(8) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
記事検索