2015年09月24日

『UFC Fight Night 76: Poirier vs. Duffy』全対戦カード

'UFC Fight Night 76: Poirier vs. Duffy' lineup set for Oct. 24 return to Ireland(MMAJunkie.com)
MAIN CARD (UFC Fight Pass, 4 p.m. ET*)

・Joseph Duffy vs. Dustin Poirier
・Stipe Miocic vs. Ben Rothwell
・Nicolas Dalby vs. Darren Till
・Paddy Holohan vs. Louis Smolka

PRELIMINARY CARD (UFC Fight Pass, 12:45 p.m. ET*)

・Reza Madadi vs. Norman Parke
・Mickael Lebout vs. Stevie Ray
・Jon Delos Reyes vs. Neil Seery
・Scott Askham vs. Krzysztof Jotko
・Ericka Almeida vs. Aisling Daly
・Tom Breese vs. Cathal Pendred
・Darren Elkins vs. Robert Whiteford
・Bubba Bush vs. Garreth McLellan

* – Estimated start time

 10月24日にダブリンで開催する『UFC Fight Night 76: Poirier vs. Duffy』の全対戦カード。デイナ・ホワイト曰く「60秒で完売した」そうですが、日本のファンには信じ難いところ。日本時間10月25日午前1時45分開始、メインカードは午前5時開始となっていますが、まだ推定であり確定したわけではありません。

テルモ 電子体温計 【約60秒でしっかり検温 & 丸洗いOK】 ET-P265WZ
テルモ 電子体温計 【約60秒でしっかり検温 & 丸洗いOK】 ET-P265WZ
posted by ジーニアス at 12:24| Comment(2) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする

『Bellator 142: Dynamite 1』ファイトマネー

Bellator 142 salaries: Tito Ortiz ($300K), Phil Davis ($130K) earn top disclosed payouts(MMAJunkie.com)

 カリフォルニア州アスレチックコミッションが『Bellator 142: Dynamite 1』のファイトマネーを公表。

リアム・マクゲリー   5万ドル(勝利ボーナスなし)
ティト・オーティズ   30万ドル

フィル・デイビス    13万ドル(勝利ボーナス6万5000ドル込み)
フランシス・カルモン  1万7000ドル

ジョシュ・トムソン   1万ドル(勝利ボーナスなし)
マイク・ブロンゾウリス 1万ドル

フィル・デイビス    上記参照
エマニュエル・ニュートン7万ドル

キング・モー      1万5000ドル(勝利ボーナスなし)
リントン・ヴァッセル  3万ドル

ガブリエル・カラスコ  4000ドル(勝利ボーナス2000ドル込み)
ジョー・ニール     2000ドル

アダム・ピコロッティ  4000ドル(勝利ボーナス2000ドル込み)
サルヴァドール・ベセラ 1750ドル

トーマス・ディアン   3000ドル(ドローにより勝利ボーナスなし)
マイク・マロット    2000ドル(ドローにより勝利ボーナスなし)

フランシス・カルモン  上記参照
アンソニー・ルイス   5000ドル

 UFC以上の好条件で契約したと豪語していたジョシュ・トムソンが1万ドルというのは不可解ですが、何か裏があるのでしょう。

【お得技シリーズ035】マネーお得技ベストセレクション (晋遊舎ムック)
【お得技シリーズ035】マネーお得技ベストセレクション (晋遊舎ムック)
posted by ジーニアス at 11:49| Comment(4) | TrackBack(0) | ベラトール | 更新情報をチェックする

フォーブス制定『世界アスリート長者番付2015』にUFCファイターはトップ100に入らず

Forbes World's Highest-Paid Athletes list features zero UFC fighters(BloodyElbow)

The World's Highest-Paid Athletes(Forbes)

 フォーブス制定『世界アスリート長者番付2015』トップ10は以下の通り。

1位 フロイド・メイウェザーJr.(ボクシング)3億ドル
2位 マニー・パッキャオ(ボクシング)1億6000万ドル
3位 クリスティアーノ・ロナウド(サッカー)7960万ドル
4位 リオネル・メッシ(サッカー)7380万ドル
5位 ロジャー・フェデラー(テニス)6700万ドル
6位 レブロン・ジェームズ(バスケットボール)6480万ドル
7位 ケビン・デュラント(バスケットボール)5420万ドル
8位 フィル・ミケルソン(ゴルフ)5080万ドル
9位 タイガー・ウッズ(ゴルフ)5060万ドル
10位 コービー・ブライアント(バスケットボール)4950万ドル

 実際はトップ100まで発表されていますが、UFCファイターはランクインしていませんでした。100位の選手は1880万ドルです。女子選手は26位のマリア・シャラポワ(2970万ドル)と47位のセリーナ・ウィリアムズ(2460万ドル)しかランクインしていません。日本人は58位に田中将大(2300万ドル)、92位に錦織圭(1950万ドル)がランクインしています。

フォーブス制定『世界女子アスリート長者番付2015』でロンダ・ラウジーが8位にランクイン(2015年08月13日)

 先月紹介した『世界女子アスリート長者番付2015』ではロンダ・ラウジーが650万ドルで8位でした。ロンダは最近「現在UFCで一番稼いでいるのは私よ」とコメントしています。

The Money 7つの原則 〜私たちは幸せなお金持ちになるために生まれてきた〜
The Money 7つの原則 〜私たちは幸せなお金持ちになるために生まれてきた〜
posted by ジーニアス at 10:43| Comment(13) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする

『Bellator 142: Dynamite 1』の平均視聴者数は80万人 etc.

Bellator MMA Dynamite 1 draws 800K viewers(MMAPayout)

 9月19日にSpike TVで生中継された『Bellator 142: Dynamite 1』の平均視聴者数は80万人だったとのこと。東部時間午後9時-0時42分まで中継されましたが、ピーク時は午後9時15分-9時30分に記録した93万人でキング・モー vs. リントン・ヴァッセルの試合中だったそうです。

 スコット・コーカー体制になってからのビッグマッチである昨年11月の『Bellator 131: Tito vs. Bonnar』の平均124万人、今年6月の『Bellator 138: Unfinished Business』(メインイベントはキンボ・スライス vs. ケン・シャムロック)の平均160万人に比べると物足りない数字です。

WSOF 23 draws 184,000 viewers(MMAPayout)

 9月18日にNBCスポーツチャンネルで生中継された『WSOF 23: Gaethje vs. Palomino 2』の平均視聴者数は18万4000人だったとのこと。今年の平均値である20万2000人を若干下回っています。

posted by ジーニアス at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ベラトール | 更新情報をチェックする

『UFC JAPAN 2015』オッズ

Odds VS!(5) (アクションコミックス)
Odds VS!(5) (アクションコミックス)

 5Dimes.euの『UFC Fight Night 75: Nelson vs. Barnett』のオッズを紹介続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 12:49| Comment(16) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする

『UFC JAPAN 2015』山本“KID”徳郁 vs. マット・ホバーが両者負傷により中止、全10試合に変更(追記)

『UFC JAPAN 2015』山本“KID”徳郁の対戦相手がマット・ホバーからヒロ・ヤマニワに変更か(2015年09月20日)

 こちらの続報。

Injuries Scrap Yamamoto-Hobar Japan fight(UFC.com)

 9月27日にさいたまスーパーアリーナで開催する『UFC Fight Night 75: Nelson vs. Barnett』で予定されていた山本“KID”徳郁 vs. マット・ホバーが両者共に練習中の負傷により中止されるとのこと。ケガの詳細については不明。これにより全10試合となり、前座だった菊野克紀 vs. ディエゴ・ブランダオンがメインカードに昇格するそうです。

[追記]


 開場、試合開始時刻は以上に変更されます。

posted by ジーニアス at 11:35| Comment(63) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする

フロイド・メイウェザーがニック・ディアス5年間出場停止についてコメント(動画)

UFC 183 ニック・ディアスに5年間の出場停止&16万5000ドルの罰金処分(2015年09月15日)

 こちらの続報。

Floyd Mayweather Jr. comes to Nick Diaz's defense after weed suspension(MMAJunkie.com)



 フロイド・メイウェザーJr.が自身のYouTube公式チャンネルであるMayweather Boxing Channelでニック・ディアス5年間出場停止処分についてコメント。インタビューしているのはおじのジェフ・メイウェザー。フロイドは信じられないといった表情で「えっ?」と言った後に「好きに葉っぱを吸わせて人生をエンジョイさせてやればいいじゃないか」とコメントしています。

posted by ジーニアス at 11:15| Comment(4) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする

『UFC JAPAN 2015』プレビュー動画5本











 『UFC Fight Night 75: Nelson vs. Barnett』プレビュー動画を5本紹介。

posted by ジーニアス at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする

DJ.taiki「正確には『現役続行』ではなく『練習再開』」





 昨夜放送の『ROAD TO UFC: JAPAN』にてDJ.taikiが田村ゆかりさんに励まされて現役続行を宣言しましたが…、



 DJはこう説明しています。

posted by ジーニアス at 08:54| Comment(13) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする

UFC 193 ブレンダン・オライリーの対戦相手がジェームス・ムーンタスリに変更

UFC 193でブレンダン・オライリーとヴィリアム・パトリーノが対戦(2015年08月25日)

 こちらの続報。

After William Macario injury, Brendan O'Reilly gets new UFC 193 opponent(MMAJunkie.com)

 UFCが11月15日にメルボルンで開催する『UFC 193: Rousey vs. Holm』でブレンダン・オライリーと対戦予定だったヴィリアム・パトリーノが負傷欠場し、代わりにジェームス・ムーンタスリがオライリーと対戦することを発表。ムーンタスリは『UFC Fight Night 71: Mir vs. Duffee』でケビン・リーに1Rリアネイキッドチョークで敗れて以来の試合。

まっぷる オーストラリア (マップルマガジン | 旅行 ガイドブック)
まっぷる オーストラリア (マップルマガジン | 旅行 ガイドブック)
posted by ジーニアス at 07:53| Comment(0) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする

2015年09月21日

『UFC JAPAN 2015』石原夜叉坊インタビュー/堀口恭司と板垣恵介氏が対談 etc.

刃牙道(8): 少年チャンピオン・コミックス
板垣恵介
秋田書店 (2015-10-08)
売り上げランキング: 661

 国内外のプロ格情報を22本紹介続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 13:27| Comment(12) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする

ラグビーW杯、日本代表快挙の裏に高阪剛あり

ラグビーW杯 日本が南アフリカに歴史的勝利(NHK)

世界に衝撃!日本の大金星。世界3位の南アフリカを撃破。ラグビーワールドカップ 9月19日(土)の結果(JSPORTS)

日本ラグビー金星はどれだけすごい?例えが人気 桐谷美玲が吉田沙保里に勝つようなもの!?(デイリー)

 こちらのニュースはすでに皆さんもご存知かと思いますが、

巨漢南アに“低スクラム”で挑む!LO大野「低く耐えれば必ず勝機」(サンスポ)
 世界的な格闘家の高阪剛・臨時コーチ仕込みのロータックルも身につけた。「恐怖を感じるくらいの低いタックルで追い詰める」と表情を引き締めた。


【ラグビーW杯】「史上最強チーム」の陰に異色の指導者(東スポWeb)
 181センチ、100キロ余りの体格で、米格闘技UFCなどのリングで戦い「世界のTK」と称された。エディー氏が日本代表につけたキャッチフレーズは「サムライ・アイズ」と「ニンジャ・ボディー」。相手を殺す機会をうかがう侍の目と、狭いスペースでも機敏に動ける忍者のような身体能力を兼ね備える。エディー氏の熱意とビジョンに心を動かされてコーチを引き受けた高阪氏は、後者を任された。

 重点項目は「低いタックル」と「低い姿勢を保つフィットネス」「相手に向かっていく気持ちの強さ」。当初「ラグビーは何人でやるのかも知らなかった」高阪氏は、初指導となった12年7月の長野県菅平での合宿で、格闘技の経験から「なぜ低くタックルに入らなければならないか」などについて約3時間をかけて訴えた。その指導ぶりが評価され、毎年、合宿の節目に呼ばれて「TKセッション」を行うのが常となった。

 格闘技の練習で行われる準備運動から取り入れた「ワニ歩き」は、「背中を立て、顔を上げ、足を前に出すという基本動作が、タックルや、タックルから這い上がる動きに通じる」。こうした練習の一方、「1対1の局面で絶対に負けない」気持ちの強さを培うため、セッションの最後には必ず、取っ組み合いさながらのスパーリングを組み入れた。

 「世界のTK」こと高阪剛が日本代表のフィットネスコーチを3年間してきた成果がこういう形で実を結ぶとは嬉しい限りです。

ラグビーワールドカップ2015 展望&ガイド (NSK MOOK)
ラグビーワールドカップ2015 展望&ガイド (NSK MOOK)
posted by ジーニアス at 05:56| Comment(11) | TrackBack(0) | 国内格闘技 | 更新情報をチェックする

『Titan FC 35: Healy vs. Hawn』試合結果

Titan FC 35 results: Rick Hawn wins vacant lightweight title against overweight Pat Healy(MMAJunkie.com)
・Rick Hawn def. Pat Healy via unanimous decision (48-47, 48-47, 48-47) – to win vacant lightweight title
・Andre Harrison def. Desmond Green via unanimous decision (49-46, 49-46, 48-47) – to retain featherweight title
・Tim Elliott def. Felipe Efrain via submission (guillotine choke) – Round 2, 2:30 – to defend flyweight title
・Steven Siler def. Austin Springer via submission (guillotine choke) – Round 1, 1:04
・Belal Muhammad def. Zane Kamaka via unanimous decision (30-27, 30-27, 30-27)
・Ricky Simon def. Alex Soto via unanimous decision (30-27, 30-27, 30-26)
・Jason Knight def. Musa Khamanaev via submission (triangle choke) – Round 2, 3:06
・Jason Novelli def. E.J. Brooks via unanimous decision (30-27, 30-27, 30-27)
・Sid Bice def. Shaine Jaime via unanimous decision (30-27, 30-27, 30-27)
・Zak Bucia def. Rasul Shovkhalov via submission (rear-naked choke) – Round 2, 2:10
・Pete Petties def. Ikaika Tampos via knockout (spinning back fist) – Round 1, 2:51


【Titan FC35】テイクダウンで試合をリードしたエリオットが、スクランブルでギロチン極める(MMAPLANET)

【Titan FC35】終盤はフラストレーション溜まる展開もハリソンがグリーン下し、防衛成功(MMAPLANET)

【Titan FC35】接戦、僅差の判定制したホーンが新ライト級王者に(MMAPLANET)

 9月19日にワシントン州リッチフィールドのクラークカントリー・フェアグラウンズ・イベントセンターで開催された『Titan FC 35: Healy vs. Hawn』の試合結果。メインイベントのライト級王座決定戦はリック・ホーンがパット・ヒーリーに判定勝ちし新チャンピオンに。セミファイナルのフェザー級タイトルマッチはアンドレ・ハリソンがデス・グリーンに判定勝ちし王座防衛。フライ級タイトルマッチはティム・エリオットがフィリッピ・エフラインに2Rギロチンチョークで勝利し王座防衛しています。

小説 映画 進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド (KCデラックス 週刊少年マガジン)
小説 映画 進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド (KCデラックス 週刊少年マガジン)
posted by ジーニアス at 05:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外格闘技 | 更新情報をチェックする

エメリヤーエンコ・ヒョードル、榊原信行氏とは2試合契約/桜庭和志、クロン・グレイシーも参戦か

エメリヤーエンコ・ヒョードルが大晦日に日本で復帰戦をすることを発表、アメリカでも放送決定(2015年09月20日)

 こちらの続報。



 MMAFightingによるとエメリヤーエンコ・ヒョードルは榊原信行氏の新団体と2試合契約を結んだとのこと。ベラトールはヒョードルと契約はしていませんが、大晦日の大会には協力するそうです。



 また、MMAFightingのアリエル・ヘルワニ記者が榊原氏から聞いたところによると新団体には桜庭和志とクロン・グレイシーも出場予定とのこと。

posted by ジーニアス at 02:55| Comment(51) | TrackBack(0) | RIZIN | 更新情報をチェックする

2015年09月20日

『UFC JAPAN 2015』山本“KID”徳郁の対戦相手がマット・ホバーからヒロ・ヤマニワに変更か

Alan Yamaniwa encara idolo japonês Kid Yamamoto no UFC Japao neste proximo sabado(Planeta Octogono)

 9月27日にさいたまスーパーアリーナで開催する『UFC Fight Night 75: Nelson vs. Barnett』で山本“KID”徳郁と対戦予定だったマット・ホバーが欠場し、代わりにヒロ・ヤマニワがKIDと対戦するとのこと。まだ正式発表はされていません。

Alan Yoshihiro Yamaniha(Sherdog)

Hiro Yamaniwa ヒロ・ヤマ二ワ TS GYM(PANCRASE)

 日本ではヒロ・ヤマニワ、ROAD FCではアラン・ヨシヒロのリングネームで出場しているアラン・ヨシヒロ・ヤマニワは現在29歳で戦績11勝4敗4引き分け。最近はHEATが主戦場で今年3月の『HEAT 35』では岡田剛史に3R TKO勝ちしています。

posted by ジーニアス at 19:09| Comment(6) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
記事検索