UFC_Japan_728x90[2151].jpg

2015年09月30日

ジョン・ジョーンズ当て逃げ裁判の判決は執行猶予1年6ヶ月

ジョン・ジョーンズに逮捕状が出される/被害者は腕を骨折/車中からマリファナも発見される(2015年04月28日)

ジョン・ジョーンズがアルバカーキ市警に出頭、拘留される(追記)(2015年04月28日)

UFCがジョン・ジョーンズの処分について声明を発表(2015年04月29日)

 こちらの続報。

Ex-UFC champ Jon Jones avoids jail time, gets probation following hit-and-run(MMAJunkie.com)

 ニューメキシコ州アルバカーキの地方裁判所でジョン・ジョーンズ当て逃げ事故の裁判が開かれ、執行猶予18ヶ月の判決が下されたとのこと。ジョーンズは罪を全面的に認めています。裁判にはデイナ・ホワイトも出席したそうです。今後は保護観察を受けながら72回の面接も義務付けられているとのこと。執行猶予期間が早まる可能性もあるそうです。
posted by ジーニアス at 14:58 | Comment(22) | TrackBack(0) | UFC | ▼人気blogランキング

BSスカパー!『PRIDEヘリテージ』、10月から3時間放送に etc.

SPORTS LEGEND(BSスカパー!)
#40 PRIDEヘリテージ第16話
『PRIDE GP 2003 開幕戦』(2003年8月10日 さいたまスーパーアリーナ)/『PRIDE GP 2003 決勝戦』(2003年11月9日 東京ドーム)

『PRIDEヘリテージ』は伝説をリビルドする。1997年から2007年までの10年間。PPVコンテンツとして記録的な視聴者数を誇り、世界中にMMA=総合格闘技ブームを巻き起こすきっかけとなった、伝説の格闘技イベント『PRIDE』。その、眠れるアーカイブを蘇らせ、奇跡の10年を現代に問う。

出演:田延彦(ストーリーテラー)、堀江ガンツ(解説)、矢野武(MC)
#40 10月9日(金) 後10:00 / 10月15日(木) 後1:00

 公式サイトにはまだ載っていませんが、10月30日初回放送のPRIDEヘリテージ第17話も3時間放送です。

http://tv.foxjapan.com/fse/

 なお、10月はFOXスポーツ&エンターテイメントでのUFC Fight Nightシリーズの放送はありません。10月は『UFC Fight Night 76: Poirier vs. Duffy』が開催されますが、この大会はアメリカでもFOX Sports 1では放送されずUFC Fight Passの独占配信です。11月の『UFC Fight Night 77: Belfort vs. Henderson 3』の初回放送は1週間後の11月14日です。

PLEX USB接続 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-S3U2
PLEX USB接続 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-S3U2
posted by ジーニアス at 13:16 | Comment(11) | TrackBack(0) | UFC | ▼人気blogランキング

『UFC JAPAN 2015』アメリカでの平均視聴者数は84万1000人

Barnett vs. Nelson does slightly below average numbers against tough competition(MMAFighting)

UFC Fight Night 75: 841,000 viewers; prelims 270,000(MMAPayout)

 東部時間9月26日午後10時からFOX Sports 1で生中継された『UFC Fight Night 75: Barnett vs. Nelson』の平均視聴者数は84万1000人、ピーク時はジョシュ・バーネット vs. ロイ・ネルソンの終盤で110万3000人だったとのこと。なお、Fight Nightシリーズとしては1月の『UFC Fight Night: McGregor vs. Siver』(平均275万1000人)を除く平均が88万2000人だったので若干下回ったことになります。なお、東部時間午後8時から10時までFOX Sports 2で生中継された前座の平均視聴者数は27万人だったとのこと。

 また、9月25日にSpike TVで生中継された『Bellator 143: Davis vs. Warren』の平均視聴者数は66万9000人だったとのこと。メインイベントのジョー・ウォーレン vs. L.C.デイビス(77万7000人)よりもケンドール・グローヴ vs. ジョーイ・ベルトラン(88万5000人)の方が視聴者数が多かったそうです。

シャープ AQUOS 液晶テレビ 19型 ブラック系 LC-19K30-B
シャープ AQUOS 液晶テレビ 19型 ブラック系 LC-19K30-B
posted by ジーニアス at 12:50 | Comment(3) | TrackBack(0) | UFC | ▼人気blogランキング

堀口恭司が来年結婚。お相手はミスユニバース群馬代表

UFC堀口恭司が結婚!ミスユニバ群馬射止めた(日刊スポーツ)
 総合格闘技の世界最高峰UFCで活躍する堀口恭司(24)が来年結婚することが29日、明らかになった。

 お相手はミスユニバース2015群馬県代表の石久保彩花さん(25)で、2人は中学校の同級生。堀口は27日のUFC日本大会で、4月に世界王座挑戦に失敗して以来の再起戦を白星で飾った。

 来年は2度目の世界挑戦と結婚という大きな人生の節目を迎える。

 『ROAD TO UFC: JAPAN』にも出演していましたね。おめでとうございます。

posted by ジーニアス at 08:35 | Comment(20) | TrackBack(0) | UFC | ▼人気blogランキング

2015年09月29日

スティペ・ミオシッチ「僕がタイトルに挑戦できないのは人気がないから」

Miocic believes he was ‘not popular enough’ for a UFC title shot(BloodyElbow)

 10月24日にダブリンで開催する『UFC Fight Night 76: Poirier vs. Duffy』でベン・ロズウェルと対戦するスティペ・ミオシッチが自分がタイトル挑戦者候補から外され、ファブリシオ・ヴェウドゥム vs. ケイン・ヴェラスケスのダイレクトリマッチが予定されている件について以下のコメント。

「それはジョー・シルバの仕事でありデイナ・ホワイトの仕事だ。彼らは人気とファンが求めているものに応じて動いている。明らかにファンは僕が挑戦するのを見たくないし、ケイン・ヴェラスケスは前チャンピオンだ。つまり僕には人気が足りない。そういうことだよ。人気が足りないからこそ、これから人気を上げてかないといけない」

posted by ジーニアス at 22:28 | Comment(15) | TrackBack(0) | UFC | ▼人気blogランキング

『ONE Championship 31: Odyssey of Champions』試合結果

One Championship 31 recap, results and photos from Jakarta, Indonesia(AsiaMMA)
#10 – Mario Wirawan 4-1-0 (Indonesia) vs Sunoto Peringkat 2-1-0 (Indonesia)
Winner: Sunoto Peringkat via unanimous decision

#9 – Interim Featherweight Championship
Martin Nguyen 4-0-0 (Australia) Vs. Marat Gafurov 11-0-0 (Russia)
Winner: Marat Gafurov via submission in round 1 in 41 sec.

#8 – Arnaud Lepont 11-4-0 (France) vs Vincent Latoel 15-16-2 (Netherlands)
Winner: Vincent Latoel via referee stoppage through strikes in round 2, 15seconds

#7 – Roger Huerta 22-7-1 (US) vs Koji Ando 11-4-2 (Japan)
Winner: Koji Ando via Unanimous Decision

#6 – Leandro Ataides 8-1-0 (Brazil) vs Aleksei Butorin 9-0-0 (Russia)
Winner: Alexei Butorin via referee stoppage through strikes at round 2, 3 min 18 Sec

#5 – Timofey Nastyukhin 9-1-0 (Russia) vs Herbert Burns 5-0 (Brazil)
Winner: Herbert Burns via rear naked choke at round 1, 3 min 25 sec

#4 – Jake Butler 5-1-0 (US) vs Cristiano Kaminishi 8-2-0 (Brazil)
Winner: Jake Butler via Unanimous Decision

#3 – Muin Gafurov 7-0-0 (Tajikistan) vs Casey Suire 5-1-0 (US)
Winner: Muin Gafurov via referee stoppage through strikes, round 1, 55 sec.

#2 – Angela Lee 1-0-0 (Singapore) vs Mona Samir 0-0-0 (Egypt)
Winner: Angela Lee via Submission, Rear naked choke, round 1, 3min 41 Sec

#1 – Sotir Kichukov 13-3-0 (Bulgaria) vs Yusup Saadulaev 13-4-1 (Russia)
Winner: Yusup Saadulaev via Submission, arm triangle choke, 1 min 46 seconds of round 2


【ONE31】サーデュラエフがキチュコフに肩固めを極め一本勝ち(MMAPLANET)

【ONE31】19歳のアンジェラ・リーがRNCで圧勝(MMAPLANET)

【ONE31】タジキスタンのガフロフ、55秒後ろ回し蹴りでKO勝ち(MMAPLANET)

【ONE31】引き込み多発、クリスチアーノ上西がバトラーに判定負け(MMAPLANET)

【ONE31】バーンズの柔術が9試合連続1R勝利のナシューヒンを完封、初回RNCでタップ奪う(MMAPLANET)

【ONE31】アタイジのアメリカーナを耐えきったブトリンが、右ハイで逆転KO勝ち(MMAPLANET)

【ONE31】「もう一度期待してもらえるファイターに」。安藤晃司、フエルタに完全に打ち勝つ(MMAPLANET)

【ONE31】右ストレートからパウンド&サッカーボールキック。ラトゥールが祖父の国で大勝(MMAPLANET)

【ONE31】ガフロフが41秒で一本勝ち、暫定フェザー級チャンピオンの座に就く(MMAPLANET)

 9月27日にインドネシア・ジャカルタで開催された『ONE Championship 31: Odyssey of Champions』の試合結果。メインイベントはマラット・ガフロフがマーチン・ヌグエンにリアネイキッドチョークで勝利しフェザー級暫定チャンピオンに。また、安藤晃司がロジャー・フェルタに判定勝ちしています。

D25 地球の歩き方 インドネシア 2015〜2016
D25 地球の歩き方 インドネシア 2015〜2016
posted by ジーニアス at 20:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | アジア格闘技 | ▼人気blogランキング

『UFC JAPAN 2015』の結果を受けて公式サイトがランキングを更新

UFC Fighter Rankings(UFC.com)

 『UFC Fight Night 75: Barnett vs. Nelson』の結果を受けてUFC公式サイトがメディア投票ランキングを更新。

 ミドル級はゲガール・ムサシが2ランクダウンし8位。そのムサシに逆転勝ちしたユライア・ホールがランク外から10位にランクイン。これによりティム・ボウシュがランク外に落ちています。

 ヘビー級はジョシュ・バーネットが2ランクアップし6位。ジョシュに敗れたロイ・ネルソンは1ランクダウンし12位になっています。

県別ランキング大全
県別ランキング大全
posted by ジーニアス at 12:22 | Comment(2) | TrackBack(0) | UFC | ▼人気blogランキング

Bellator 144でISAOとゴイチ・ヤマウチが対戦

ISAOがベラトールと契約(2015年08月17日)

 こちらの続報。

Isao Kobayashi vs. former 'King of Pancrase' Goiti Yamauchi set for Bellator 144(MMAJunkie.com)

Goiti Yamauchi(Sherdog)

 ベラトールが10月23日にコネチカット州アンキャスビルで開催する『Bellator 144: Galvao vs. Dantas 2』でISAO vs. ゴイチ・ヤマウチのフェザー級マッチを行うことを発表。ISAOは『PANCRASE 269』でウィル・チョープに判定勝ちして以来、ヤマウチは『Bellator 125: Marshall vs. Manhoef』でマーティン・ステープルトンに1Rリアネイキッドチョークで勝利して以来の試合。『Bellator 139: Kongo vs. Volkov』でパット・カランと対戦予定でしたが負傷欠場していました。

パンクラスエナジー(PANCRASE ENERGY)250ml×30本(エナジードリンク)
パンクラスエナジー(PANCRASE ENERGY)250ml×30本(エナジードリンク)
posted by ジーニアス at 11:34 | Comment(7) | TrackBack(0) | ベラトール | ▼人気blogランキング

スコット・コーカー「ヒョードルの大晦日の対戦相手はキンボ・スライスじゃない」

Scott Coker says Kimbo Slice won’t be an opponent for Fedor Emelianenko: ‘We have other plans for Kimbo’(MMAFighting)

 スコット・コーカーが大晦日に復帰戦をするエメリヤーエンコ・ヒョードルの対戦相手がキンボ・スライスになるという一部の噂について以下のコメント。

「ノー、ノー。キンボはベラトールファイターだからね。キンボには別のプランがある。彼は来年早々に試合をするだろう。来年はベラトールで3試合することになると思う。多分Bellator 145でやるボビー・ラシュリー vs. ジェームス・トンプソンの勝者とやると思うけど約束はできない」

posted by ジーニアス at 10:29 | Comment(35) | TrackBack(0) | UFC | ▼人気blogランキング

リッチ・フランクリンが引退を発表

Former UFC middleweight champion Rich Franklin officially retires(MMAFighting)

Rich Franklin(Sherdog)

 リッチ・フランクリンが引退を発表。2012年11月の『UFC on FUEL TV 6: Franklin vs. Le』でカン・リーに1R KO負けして以来試合をしていません。UFCとの契約はまだ残っていましたが、デイナ・ホワイトの許可を得てONE Championshipの副社長に就任しておりセミリタイア状態でした。フランクリンは現在40歳で間もなく41歳。MMA戦績29勝7敗1無効試合。元UFCミドル級チャンピオンで『UFC 64: Unstoppable』でアンデウソン・シウバに1R KO負けして王座から陥落しています。日本では『INOKI BOM-BA-YE 2003』でリョート・マチダと対戦しており2R TKO負けしています。

posted by ジーニアス at 08:44 | Comment(2) | TrackBack(0) | UFC | ▼人気blogランキング

『UFC Fight Night 80』でアルジャメイン・スターリングとジョニー・エドゥアルドが対戦

アルジャメイン・スターリング、UFCで稼げないと休業を示唆。引退の可能性も(2015年09月25日)

 こちらの続報。

Aljamain Sterling to face Johnny Eduardo at UFC Fight Night 80(MMAFighting)

 アルジャメイン・スターリングが12月10日にラスベガスで開催する『UFC Fight Night 80: VanZant vs. Calderwood』でジョニー・エドゥアルドと対戦することが決まったとMMAFightingでコメント。スターリングは『UFC on FOX 15: Machida vs. Rockhold』で水垣偉弥に3R肩固めで勝利して以来、エドゥアルドは『UFC Fight Night 40: Brown vs. Silva』でエディ・ワインランドに1R TKO勝ちして以来1年7ヶ月ぶりの試合。

 スターリングは最近UFCで稼げないことに不満を示し、年内に試合が組まれなければ引退する可能性があるとコメントしていました。

会社を辞めないという選択 会社員として戦略的に生きていく
会社を辞めないという選択 会社員として戦略的に生きていく
posted by ジーニアス at 08:01 | Comment(10) | TrackBack(0) | UFC | ▼人気blogランキング

UFCがニューヨーク州を憲法違反で訴える/4.23マジソン・スクエア・ガーデン大会を発表



 UFCが2016年4月23日にマジソン・スクエア・ガーデン大会を開催することを発表。現在ニューヨーク州ではMMAのプロ興行が禁止されていることは当ブログでも取り上げてきましたが、UFCはこれが憲法違反に該当するとして連邦裁判所に予備的差止命令を出すよう請求するとのこと。差止命令が出されなければ中止されることになります。

権利章典 (アメリカ) - Wikipedia
修正第1条
(信教・言論・出版・集会の自由、請願権)
 合衆国議会は、国教を樹立、または宗教上の行為を自由に行なうことを禁止する法律、言論または報道の自由を制限する法律、ならびに、市民が平穏に集会しまた苦情の処理を求めて政府に対し請願する権利を侵害する法律を制定してはならない。

 ニューヨーク州でのMMA合法化は8年連続で廃案となっていますが、UFCはアメリカ合衆国憲法修正第1条に違反しているとして先月高等裁判所、本日(9月28日)連邦裁判所に訴状を提出したそうです。

〈選択〉の神話――自由の国アメリカの不自由
〈選択〉の神話――自由の国アメリカの不自由
posted by ジーニアス at 04:55 | Comment(5) | TrackBack(0) | UFC | ▼人気blogランキング

2015年09月28日

『UFC JAPAN 2015』ユライア・ホール vs. ゲガール・ムサシを見たファイター・関係者の反応

Twitter reacts to Uriah Hall's upset TKO of Gegard Mousasi at UFC Fight Night 75(MMAJunkie.com)


 『UFC Fight Night 75: Barnett vs. Nelson』ユライア・ホール vs. ゲガール・ムサシを見たファイター・関係者のツイッターでの反応続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 18:12 | Comment(10) | TrackBack(0) | UFC | ▼人気blogランキング

ディエゴ・ブランダオン「年末にもう1試合したい」

UFC Fight Night 75 winner Diego Brandao wants to fight again before end of 2015(MMAJunkie.com)

 『UFC Fight Night 75: Barnett vs. Nelson』で菊野克紀に1R TKO勝ちしたディエゴ・ブランダオンが以下のコメント。

「12月か1月、できれば年末にもう1試合したいね」

「(ダスティン・ポイエーとコナー・マクレガーに)2連敗した後に『ホームに戻って強いヤツらとトップレベルの練習をしなきゃいけない』と言ったけど、この試合に向けて柔術黒帯、柔道家、レスラーとか多くの人たちと練習してきた。その成果がこれだ。(ジミー・ヘッテス戦、菊野克紀戦と)1ラウンドでの勝利が続いて嬉しいよ」

年末調整・法定調書の記載チェックポイント(平成27年分)
年末調整・法定調書の記載チェックポイント(平成27年分)
posted by ジーニアス at 13:04 | Comment(2) | TrackBack(0) | UFC | ▼人気blogランキング

『UFC JAPAN 2015』試合後会見動画/石原夜叉坊「モテる試合できてましたか?」

UFC「UFC FIGHT NIGHT JAPAN 2015」(スポーツナビ)

【UFC JAPAN 2015】全試合結果(イーファイト)

ジョシュ・堀口・水垣が完勝。K太郎逆転勝ち。廣田×石原はドロー:9.27 埼玉(バウトレビュー)

 改めて試合結果。



 『UFC Fight Night 75: Barnett vs. Nelson』ジョシュ・バーネット試合後のマイクパフォーマンス動画。



 『UFC Fight Night 75: Barnett vs. Nelson』試合後会見動画。同時通訳の声も聴き取れます。ユライア・ホールは足を引きずっていたものの骨折はしてないとのこと。

【UFN75】堀口、水垣、夜叉坊 & K太郎の会見での談話(MMAPLANET)
石原夜叉坊
「どんな戦いでしたか? モテる戦いができていました? 試合を見れていないので。今後はフェザー級で戦い続けます。バンタム級は、しんどいので。体を大きくしてフェザー級で戦っていきます」

 石原は元の階級であるバンタム級ではなくフェザー級でやっていく意向。

日本開催UFCで日本人は4勝3敗!(THE PAGE)
 メインのバーネットvsネルソンよりも、PRIDEなどで活躍していたケガール・ムサシが、代役出場となったユライア・ホールの後ろ回し蹴りと、跳び膝蹴りでKOされるというアップセットの起きたバウトが面白かったが、大会終了後、バーネットは「イベントとしては成功したと思う。UFCは今後も日本の格闘技に影響を与えるだろう」とコメントした。知名度の高い山本KID徳郁の試合が怪我が流れたにもかかわらず、動員に大きな影響はでず、UFC国際戦略部のジョー・カー、シニアバイスプレジデントは、「日本は、アジアの中で一番のマーケット。来年も計画を立てて、ここに戻ってきたい」と、来年も「UFC」の日本開催を引き続き行うことを宣言した。

 軽量級のスピードとテクニック、重量級の格闘技の迫力を、エンターテイメントとしてうまくミックスさせながら競技性を高めて進化を遂げていくUFC。だが、日本の格闘技最盛期のころに比べると、早朝から1万人が集まったとはいえ、熱狂とまではいかず、メディアの数もずいぶんと少なかった。年末に向けて新格闘イベントなどが計画されているらしいが、女子を取り込み、V字回復を果たしているプロレス界に比べると、まだまだ冬の時代を脱していない。

 格闘界のメジャーリーグ「UFC」に日本人のスターが誕生して、逆輸入されてくれば、それが起爆剤になるかもしれないが、そのためには、まずはハードルが高いUFCの日本人チャンピオンの誕生が待たれる。

 ジョー・カー国際戦略事業統括本部長は来年もやりたいとコメントしてますが、明言したわけではありません。

 「早朝から1万人が集まったとはいえ、熱狂とまではいかず」とありますが、確かに会場がドッと沸いた場面は例年に比べると少なかったです。観衆については過去最低で昨年同様天井低いバージョンでしたが、今回は400レベル(2階席)の前の方を自由席として開放したので昨年より明らかに少ないという印象は無かったです。

モテ理論 (PHP文庫)
モテ理論 (PHP文庫)
posted by ジーニアス at 07:08 | Comment(4) | TrackBack(0) | UFC | ▼人気blogランキング

2015年09月27日

廣田瑞人 vs. 石原夜叉坊主要サイトの採点/両者ともUFCと契約

Teruto Ishihara drew with Mizuto Hirota(MMADecisions)

 『UFC Fight Night 75: Barnett vs. Nelson』廣田瑞人 vs. 石原夜叉坊採点。三者三様だったわけですが、Christopher Shenが第3ラウンドに10-10を付けています。他の2人は第3ラウンドは廣田に付けていました。

 また、主要サイトの採点は29-28で廣田勝利が9人、29-28で石原勝利が2人、ドローが1人でした。



 デイナ・ホワイトはツイッターで「第4ラウンドをやって勝者を決めるべきだった。 #おかしい」とコメントしています。

After 'Road to UFC: Japan' ends in split draw, Hirota and Ishihara both get contracts(MMAJunkie.com)

 なお、試合後会見では両者に勝利ボーナスが支払われ、UFCと契約することが発表されています。

成長力を採点! 2020年の「勝ち組」自動車メーカー
成長力を採点! 2020年の「勝ち組」自動車メーカー
posted by ジーニアス at 22:30 | Comment(45) | TrackBack(0) | UFC | ▼人気blogランキング

『UFC JAPAN 2015』パフォーマンスボーナス/観衆は過去最低を記録(追記)

UFC Fight Night 75 bonuses: You know damn well Uriah Hall got $50,000(MMAJunkie.com)

 『UFC Fight Night 75: Barnett vs. Nelson』のパフォーマンスボーナスは以下の通り。

◎ファイト・オブ・ザ・ナイト
 該当試合なし

◎パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト
 ジョシュ・バーネット、ユライア・ホール、ディエゴ・ブランダオン、中村K太郎

 4選手には各5万ドルのボーナス。

UFC Fight Night 75 draws lowest attendance for UFC in Saitama, company bullish on Japan(MMAJunkie.com)

 さいたまスーパーアリーナで開催された同大会の観衆は主催者発表で1万137人とのこと。ゲート収入は例年通り未発表。

14,682 – “UFC on FUEL TV 8: Silva vs. Stann,” March 2013
12,395 – “UFC Fight Night 52: Hunt vs. Nelson,” September 2014
10,137 – “UFC Fight Night 75: Barnett vs. Nelson,” September 2015

 一昨年、昨年と比べると減っています。2012年の『UFC 144: Edgar vs. Henderson』は主催者の発表はありませんでしたが、一説によると2万1000人と言われています。

[追記]朝早いことを問題視しているコメントが多いですが、昼開始だったのは昨年のみです。

埼玉の法則 (リンダパブリッシャーズの本)
埼玉の法則 (リンダパブリッシャーズの本)
posted by ジーニアス at 22:00 | Comment(59) | TrackBack(0) | UFC | ▼人気blogランキング
banner_02.gif ←この記事が面白かった、役に立ったという場合はクリックを・・・
記事検索