2019年09月17日

12.14『UFC 245』でロビー・ローラーとサンチアゴ・ポンジニービオが対戦


 UFCが12月14日にラスベガスで開催する『UFC 245』でロビー・ローラー vs. サンチアゴ・ポンジニービオのウェルター級マッチが行われることをMMAJunkieが確認したとのこと。

 ローラーは『UFC on ESPN 5: Covington vs. Lawler』でコルビー・コヴィントンに判定負けして以来の試合で現在3連敗中。ポンジニービオは『UFC Fight Night 140: Magny vs. Ponzinibbio』でニール・マグニーに4R KO勝ちして以来の試合で現在7連勝中。



posted by ジーニアス at 09:11| Comment(1) | UFC | 更新情報をチェックする

那須川天心「武尊選手、K-1の陣営に言いたいことがあります。SNSで書き込んだりするんだったら、さっさと正式な話をください」



RISE 9.16 幕張メッセ:那須川天心、志朗に判定勝ち、武尊&K-1陣営に「僕は逃げも隠れもしない」。白鳥大珠、梅野源治を1R KO(バウトレビュー)
 さらに「最後に一つだけ言いたいことがあります」と話すと、「武尊選手、K-1の陣営に言いたいことがあります。僕は格闘技界を盛り上げるため、人生賭けて戦ってきたつもりです。時間は止まっていないですし、やりたい未来がまだまだたくさんあります。皆さんの声に応えるのが選手たちだと思いませんか? WORLD SERIESのように強い選手を集めて戦うのが本当の興行なんじゃないですか? 僕は逃げも隠れもしないです。SNSで書き込んだりするんだったら、さっさと正式な話をください。俺は待ってます」とアピールした。

 バックステージで天心は、リング上でのアピールについて「世界でビッグカードが組まれているのに、なんで日本は組まれないんだと思う」「お互いやりたいのに、やれないのはおかしい」と話した。だが「向こうに乗り込んでやりたいか?」という質問には「(K-1との)独占契約は無理なんで」と答え、別の形での実現を希望。「彼(武尊)を見て対戦をイメージすることは?」という質問には「最近は無いですね。自分の試合もあるので」と答え、以前よりも武尊自体への熱意は薄れている様子だった。
 なお、今日の自身のコンディションについて「試合前から(左)拳が痛かった。ニックさんのバンテージが無ければ、もっとヤバい状態になっていた」と明かした。次戦についても「ちょっと休みたいですね。優勝まで大変でした」と話し、過密スケジュールも相まって心身共に過酷な状態だったことを示唆した。

 RISEクリエーションの伊藤隆代表は大会後の総括で、天心のアピールについて「向こう(K-1)サイドの考えもあるでしょうけど、ニュートラルな環境でやれるといいですね。テレビがついたり、天心が言うように東京ドームでやれるといいし、向こうの選手がやりたいなら来ればいい。全面戦争でも構わない。日本の格闘技を盛上げたい」と、天心×武尊に留まらないK-1との対抗戦にも前向きな姿勢を示した。天心×武尊の1試合だけに関しては「賞味期限は半年でしょう。向こう(武尊)の選手生命も残り短いでしょうし、僕はこっち(天心)の陣営ですけど、最高の状態でやらせてあげたい」と、恐らくキャリア終盤に入りつつある武尊のコンディションも気遣った。なお、天心から武尊への対戦要求に関してK-1から訴訟を起こされていた件については「時が来た時に話します。我々に全く否が無いので」と話すに留まった。

 これでまたK-1サイドが訴訟で対抗するようなら残念です。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 08:55| Comment(9) | 国内格闘技 | 更新情報をチェックする

2019年09月16日

9.28『UFC Fight Night 160』グンナー・ネルソンの対戦相手がチアゴ・アウベスからジルベウト・バーンズに変更

9.28『UFC Fight Night 160』グンナー・ネルソンと対戦予定だったチアゴ・アウベスが負傷欠場(2019年09月13日)

 こちらの続報。


 9月28日にデンマーク・コペンハーゲンで開催する『UFC Fight Night 160: Hermansson vs. Cannonier』でグンナー・ネルソンと対戦予定だったチアゴ・アウベスが負傷欠場したことを受けて、代わりにジルベウト・バーンズがネルソンと対戦することをCombateが確認したとのこと。

 バーンズは『UFC Fight Night 156: Shevchenko vs. Carmouche 2』でアレクセイ・クンチェンコに判定勝ちして以来の試合で現在3連勝中。



posted by ジーニアス at 11:59| Comment(0) | UFC | 更新情報をチェックする

『UFC Fight Night 158: Cowboy vs. Gaethje』スプリットデシジョンだった試合のジャッジの採点/主要サイトの採点

Glover Teixeira defeats Nikita Krylov(MMA Decisions)

 グローヴァー・テイシェイラ vs. ニキタ・クリロフのジャッジの採点。Sal D'AmatoとDave Hagenが29-28テイシェイラ勝利。Michael Bellが29-28クリロフ勝利。ラウンドごとの採点は不明です。

 主要サイトの採点は30-27テイシェイラ支持5人、29-28テイシェイラ支持7人、29-28クリロフ支持4人でした。


Uriah Hall defeats Antonio Carlos Junior(MMA Decisions)

 ユライア・ホール vs. アントニオ・カルロス・ジュニオールのジャッジの採点。Michael BellとDavid Therienが1,2Rホール、3Rカルロスで29-28ホール勝利。Sal D'Amatoが1,3Rカルロス、2Rホールで29-28カルロス勝利でした。

 主要サイトの採点は29-28ホール支持9人、28-28ドロー支持1人、29-28カルロス支持6人でした。


Miles Johns defeats Cole Smith(MMA Decisions)

 マイルズ・ジョンズ vs. コール・スミスのジャッジの採点。Michael BellとDave Hagenが1Rスミス、2,3Rジョンズで29-28ジョンズ勝利。Derek Clearyが1,2Rスミス、3Rジョンズで29-28スミス勝利でした。

 主要サイトの採点は29-28ジョンズ支持6人、29-28スミス支持6人でした。



posted by ジーニアス at 11:42| Comment(0) | UFC | 更新情報をチェックする

2019年09月15日

魔裟斗がSNSでフロイド・メイウェザー戦の噂を否定「もうやらんて!」

フロイド・メイウェザーが来日会見/年末に魔裟斗と対戦か(2019年09月14日)

 こちらの続報。

この投稿をInstagramで見る

もうやらんて!

魔裟斗さん(@masato.official)がシェアした投稿 -



 魔裟斗がインスタグラムでこんなコメントをしています。

魔裟斗が否定のメイウェザーの大みそか格闘技戦…「キック一発5億円」の違約金が足かせか(スポーツ報知)
 メイウェザーは、17年に50戦無敗で3度目となる引退を表明してから、昨年の大みそかに「RIZIN.14」(さいたまスーパーアリーナ)で、“キックの神童”那須川天心(21)とボクシングルールでエキシビションマッチ(3分3回戦)に登場。フジテレビが生中継した。キックボクサーの那須川側には「キック一発5億円」、「足でフェイントしたりジャンプしたら5億円」など厳しい違約金の条件があったとされ、結果はメイウェザーがパンチで3度のダウンを奪い、TKO(1回2分9秒)で勝利している。

 13日に日本で会見したメイウェザーは「今年もエキシビションマッチができればいい。実現する可能性はある。あとは正当なオファーと交渉があれば」と参戦の意向を示唆しており、大みそかの民放視聴率戦争ともリンクして、夢がふくらんでいる。既に対戦相手候補のリストは確認しているといい、今回は日本人選手ではなく、海外の著名選手との情報もある。

 スポーツ報知はこんな分析をしています。



posted by ジーニアス at 23:16| Comment(11) | RIZIN | 更新情報をチェックする

『UFC Fight Night 158: Cowboy vs. Gaethje』パフォーマンスボーナス



 UFCが『UFC Fight Night 158: Cowboy vs. Gaethje』のパフォーマンスボーナスを発表。

▼ファイト・オブ・ザ・ナイト
・トリスタン・コネリー vs. ミシェウ・ペレイラ

▼パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト
・ジャスティン・ゲイジー、ミーシャ・サークノフ

 4選手には各5万ドルのボーナス。



posted by ジーニアス at 15:21| Comment(0) | UFC | 更新情報をチェックする

『Bellator 226』ライアン・ベイダーがランペイジの乱闘騒ぎについてコメント

『Bellator 226: Bader vs. Kongo』メインイベント終了後にランペイジが乱闘騒ぎを起こす(動画)(2019年09月09日)

 こちらの続報。


Ryan Bader gives his side of Bellator 226 near-brawl with 'Rampage' Jackson(MMAJunkie)

 シーク・コンゴとのヘビー級王座防衛戦がノーコンテストに終わった後にクイントン“ランペイジ”ジャクソンが乱闘騒ぎを起こした件についてライアン・ベイダーが以下のコメント。

「俺は彼に対し『またやりたいのか?』と言った。間違いなくスーパーヘビー級の試合になるだろうな。もちろんやってやるよ。だろ? シーク・コンゴよりも楽な試合だよ」

「試合が終わったらデブ野郎がゲートを開けてやって来た。そして『わざと(アイポークを)やっただろう』みたいなことを言ってきた。彼は俺とやる気だったようだが、俺は何が起きてるのかよく分からなかった」

「彼は俺に近づいて『クソッタレ』とか色々言ってきた。俺はケージの真ん中で『やろうぜ』と言ったが、彼は俺の親父やみんなに押さえつけられた。そんなところだ」

「俺がわざとやっただと? 俺は勝ってたし、彼がそう思ってるのならノーだよ」




posted by ジーニアス at 00:54| Comment(0) | ベラトール | 更新情報をチェックする

ライアン・ベイダー「シーク・コンゴにアイポークはしていない、鼻を突いたと思ってる」

Ryan Bader believes eye poke of Cheick Kongo actually landed on his nose(MMAJunkie)

 『Bellator 226: Bader vs. Kongo』で行われたヘビー級王座防衛戦でシーク・コンゴへのアイポークによりノーコンテストになったライアン・ベイダーが以下のコメント。

「スローモーションでリプレイする必要がある。本当にアイポークだったら最低だが、わざとじゃない。俺は鼻を突いてしまったと思っているが、彼が目を突かれたと主張した」

「あと2分もあればフィニッシュできたし、彼もそれを感じていた。だんだん力が落ちていた。ビデオを見れば分かることだが、俺が突いたのは鼻だし、彼は目を突かれたふりをした。不運なことが起きてしまった」

「ライトヘビー級のベルトも防衛する義務があると思ってる。ヘビー級は楽しかったが、両方のベルトを防衛していかないといけない。ベラトールの要求には全て応じてきたし、選り好みはしてこなかった」




posted by ジーニアス at 00:17| Comment(1) | ベラトール | 更新情報をチェックする

2019年09月14日

スコット・コーカー、ライアン・ベイダー vs. シーク・コンゴの即再戦に慎重な姿勢

Scott Coker lukewarm on immediate rematch for Ryan Bader and Cheick Kongo(MMAJunkie)

 『Bellator 226: Bader vs. Kongo』で行われたヘビー級タイトルマッチでライアン・ベイダーのシーク・コンゴへのアイポークによりノーコンテストになったこと、その後クイントン“ランペイジ”ジャクソンが乱闘騒ぎを起こした件についてスコット・コーカーが以下のコメント。

「こういうハプニングはオープンフィンガーグローブを使うこのスポーツでは時々あることだ。仕切り直しをするかはともかく、次戦がライトヘビー級になるのか、ヘビー級になるのかはライアンが決めることだ」

「彼にはライトヘビー級でも良い相手を用意している。やり残していることがいくつかある。彼が(UFCで負けている)リョート・マチダと再戦したがっているのは間違いないし、そのマチダは(Bellator 228で)ゲガール・ムサシ戦を控えている」

「ランペイジは感情的になってしまった。コンゴとは練習仲間だし、ジムで一緒に練習しているうちに親しくなった。彼はチームメイトのために熱くなってしまったと思うし、すぐに収まった」

「ビデオを見直さないといけないが、少し驚いた。思わず二度見して『叫んでいるのは誰だ? ああっ、ランペイジだ』と思った。調査をする必要があるが、他に暴れている人はいなかった」




posted by ジーニアス at 23:25| Comment(0) | ベラトール | 更新情報をチェックする

『UFC 242』ポール・フェルダー vs. エジソン・バルボーザを見たファイター・関係者の反応



Twitter reacts to Paul Felder's controversial win over Edson Barboza in UFC 242 rematch(MMAJunkie)

 『UFC 242: Khabib vs. Poirier』ポール・フェルダー vs. エジソン・バルボーザを見たファイター・関係者のツイッターでの反応。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 22:37| Comment(0) | UFC | 更新情報をチェックする

『UFC 242』ハビブ・ヌルマゴメドフ vs. ダスティン・ポイエーを見たファイター・関係者の反応



Twitter reacts to Khabib Nurmagomedov's title defense over Dustin Poirier at UFC 242(MMAJunkie)

 『UFC 242: Khabib vs. Poirier』ハビブ・ヌルマゴメドフ vs. ダスティン・ポイエーを見たファイター・関係者のツイッターでの反応。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 21:43| Comment(1) | UFC | 更新情報をチェックする

『UFC 241: Cormier vs. Miocic 2』で大幅な体重戻しをしていた6選手にカリフォルニア州が階級を上げるよう警告

『UFC 241: Cormier vs. Miocic 2』出場24選手中13人がカリフォルニア州違反である10%以上の体重戻しをしていたことが判明(2019年08月20日)

 こちらの続報。


CSAC tells six fighters, including Paulo Costa, to move up in weight after UFC 241(MMAJunkie)

 『UFC 241: Cormier vs. Miocic 2』出場24選手中13人がカリフォルニア州違反である10%以上の体重戻しをしていたことが判明しましたが、中でも特に体重戻しの割合が大きかったパウロ・コスタ、マニー・バミューデス、ソディック・ユーサフ、カン・ギョンホ、ブランドン・デイビス、サビーナ・マゾの6名に対し階級を上げるよう警告したとのこと。

 6選手が今後もカリフォルニア州でこれまでの階級で試合をしたい場合は栄養プログラムに登録しなければならず、UFCパフォーマンス・インスティチュートやそれに類似した施設で体重をコントロールし、その調査結果をカリフォルニア州アスレチックコミッションに送付する必要があります。



posted by ジーニアス at 20:34| Comment(0) | UFC | 更新情報をチェックする

フロイド・メイウェザーが来日会見/年末に魔裟斗と対戦か


 プロボクシングの元5階級王者、フロイド・メイウェザー・ジュニア(42、米国)が13日、都内のTMTジャパン事務所で行われた「トラストライン株式会社」とのライセンス契約締結会見及び「内山高志プレゼンツKNOCK OUT DYNAMITE賞金マッチトーナメント」の対戦カード発表に出席した。16日に参加費100万円のプライベート昼食会を開催するメイウェザーは、その一部を千葉の台風15号災害支援に寄付する考えを示し会見でポンと1万ドル(約108万円)を現金で主催者に渡した。また元WBA世界スーパーフェザー級王者、内山高志(39)の冠大会に自らがプロモートする推薦選手を2人送り込むことを明らかにした。年末には昨年大晦日の那須川天心(21)戦に続き、またボクシングルールによるエキシビションマッチを行うプランも進行中で、対戦相手には、元K-1王者、魔裟斗(40)の名前が急浮上している。

「メイウェザーが、日本にいるこの数日間でエキシビションの話をつめておきたいが、まだ何も決まっていない。体格差やネームバリューを考えると魔裟斗が候補の一番手。受けてくれるかどうか。ヴァンダレイ・シウバ(元PRIDE、元UFCなどで活躍)など重たいクラスの打撃系の総合格闘家でも面白いと思う」とは関係者の話。

 メイウェザーには、今秋、サウジアラビアでエキシビションマッチを行う計画もあったそうだが、それが立ち消えとなったため、再び日本のリングに上がる計画を本格化する気で、日本の地上波放映と共にメイウェザーが契約している米国の有力ケーブルTV「ショータイム」で、その試合をPPV(課金)放送にしたい考えだという。

 ただ魔裟斗が、たとえ現役時代であってもボクシングルールならば、メイウェザーはほぼ勝ち目のない相手。今年に入ってTMTサイドからの打診を魔裟斗は、一度、断っているという。昨年の大晦日の天心戦では、いい意味でも悪い意味でも、全世界に強烈なインパクトを与えたメイウェザーは、今年は一体誰と戦い“荒稼ぎ”するつもりなのだろうか。魔裟斗の動向も含めて格闘ファンにとって気になる“メイウェザー旋風”の行方である。

 元々メイウェザー陣営はTBSに大晦日で魔裟斗とのエキシビションマッチを打診していたものの断られたことから、それにRIZINが飛びついて那須川天心とのエキシビションマッチが実現したと言われています。今年に入っても魔裟斗サイドから断られていたんですね。ヴァンダレイ・シウバ戦はさすがにどうでしょう。



posted by ジーニアス at 19:53| Comment(12) | RIZIN | 更新情報をチェックする

9月20日にRIZINライト級GP開幕戦の抽選会を開催/抽選を引く順番はツイッター投票で決定

10.12『RIZIN.19』で中村K太郎 vs. ヨシオ・ソウザ、イリー・プロハースカ vs. ファビオ・マルドナド等4試合が決定/ライト級GP出場8選手も決定(2019年09月11日)

 こちらの続報。


 RIZIN.19で行われるライト級GP開幕戦の抽選会が9月20日(金)に行われる事が決定した。
今回は待望のRIZIN DESTINY SYSTEM(ライジン・ディスティニー・システム)を採用し、組み合わせを決定する。なお、抽選会の模様はLIVE配信される他、限定30名でファンクラブ会員が会場に招待される。

 RIZINディスティニーシステムは、出場選手、そしてファンによって対戦の組み合わせが決定する画期的なシステムだ。今回は3つのステージを経て、ライト級GPの組み合わせを決定する。

 1stステージではTwitter投票によって抽選を引く順番を決定。2ndステージでは抽選会に参加する出場選手、そしてRIZINファンクラブ会員によってディスティニーエッグを引き、順番を決定。3rdステージでは出場選手が2ndステージで決定した抽選順にディスティニーカードを選び、組み合わせ(対戦カード)を決定する仕組みだ。

 なお、抽選会にはGP出場選手が参加するが、海外在住の外国人選手はスカイプでの参加となる為、抽選会に参加するファンクラブ会員が外国人選手の代わりに抽選を行う事とする。

 文字だけだと分かりづらいですが、リンク先ではイラストで抽選方法を紹介してます。



posted by ジーニアス at 19:35| Comment(9) | RIZIN | 更新情報をチェックする

10.18『UFC on ESPN 6』でマニー・バミューデスとチャールズ・ロサが対戦


 UFCが10月18日にマサチューセッツ州ボストンで開催する『UFC on ESPN 6: Reyes vs. Weidman』でマニー・バミューデス vs. チャールズ・ロサのフェザー級マッチが行われることをMMAJunkieが確認したとのこと。

 バミューデスは『UFC 241: Cormier vs. Miocic 2』でケイシー・ケニーに判定負けして以来の試合。約3年ぶりのフェザー級復帰戦でUFCでは転向初戦となります。

 ロサは『UFC 210: Cormier vs. Johnson 2』でシェーン・バーゴスに3R TKO負けして以来2年半ぶりの試合。『UFC Fight Night 117: Saint Preux vs. Okami』で廣田瑞人と対戦予定でしたが廣田のドクターストップにより中止、その後『UFC 220: Miocic vs. Ngannou』でダン・イゲと対戦予定でしたが今度はロサが負傷欠場していました。



posted by ジーニアス at 19:25| Comment(0) | UFC | 更新情報をチェックする

10.18『UFC on ESPN 6』で予定されていたザビット・マゴメドシャリポフ vs. カルヴィン・ケイターが延期に


 UFCが10月18日にマサチューセッツ州ボストンで開催する『UFC on ESPN 6: Reyes vs. Weidman』で予定されていたザビット・マゴメドシャリポフ vs. カルヴィン・ケイターのフェザー級マッチが延期されることをMMAJunkieが確認したとのこと。延期の理由は不明。11月9日にモスクワで開催する『UFC Fight Night 163: dos Santos vs. Volkov』で改めて行われることが有力視されていますが、UFCは正式発表していません。



posted by ジーニアス at 17:10| Comment(1) | UFC | 更新情報をチェックする

11.9『UFC Fight Night 163』でヴィンス・ピチェウとアレキサンダー・ヤコブレフが対戦


 UFCが11月9日にロシア・モスクワで開催する『UFC Fight Night 163: dos Santos vs. Volkov』でヴィンス・ピチェウ vs. アレキサンダー・ヤコブレフのライト級マッチが行われることをMMAJunkieが確認したとのこと。

 ピチェウは『UFC on ESPN 3: Ngannou vs. dos Santos』でルーズヴェルト・ロバーツに判定勝ちして以来、ヤコブレフは『UFC Fight Night 149: Overeem vs. Oleinik』でアレックス・ダ・シウバに2Rギロチンチョークで勝利して以来の試合。




posted by ジーニアス at 16:50| Comment(0) | UFC | 更新情報をチェックする

『UFC Fight Night 158: Cowboy vs. Gaethje』前日計量動画

UFC on ESPN+ 16 weigh-in results: Cerrone, Gaethje official, but one fighter heavy(MMAJunkie)
MAIN CARD (ESPN+, 8 p.m. ET)

・Donald Cerrone (155.5) vs. Justin Gaethje (155.5)
・Nikita Krylov (205.5) vs. Glover Teixeira (204.5)
・Todd Duffee (244.5) vs. Jeff Hughes (251)
・Tristan Connelly (169.5) vs. Michel Pereira (172)*
・Uriah Hall (184) vs. Antonio Carlos Junior (185.5)
・Misha Cirkunov (205.5) vs. Jim Crute (205)

PRELIMINARY CARD (ESPN+, 5 p.m. ET)

・Augusto Sakai (258) vs. Marcin Tybura (257.5)
・Miles Johns (135.5) vs. Cole Smith (135)
・Hunter Azure (135.5) vs. Brad Katona (135)
・Jordan Griffin (145) vs. Chas Skelly (146)
・Ryan MacDonald (135.5) vs. Louis Smolka (135.5)
・Austin Hubbard (156) vs. Kyle Prepolec (155)

 『UFC Fight Night 158: Cowboy vs. Gaethje』前日計量結果。トリスタン・コネリーと対戦するミシェウ・ペレイラが172ポンドと1ポンドオーバー。再計量するチャンスはあったもののペレイラはトライすることなく出場給の20%を譲渡し試合を行う方を選択しています。




 前日計量動画。


UFC on ESPN+ 16 predictions: Do we like 'Cowboy' Cerrone or Gaethje in potential slugfest?(MMAJunkie)

 MMAJunkieスタッフによるメインカード勝敗予想。

・ドナルド・セラーニ vs. ジャスティン・ゲイジーはセラーニ支持3人、ゲイジー支持11人。

・グローヴァー・テイシェイラ vs. ニキタ・クリロフはテイシェイラ支持6人、クリロフ支持8人。

・トッド・ダフィー vs. ジェフ・ヒューズはダフィー支持13人、ヒューズ支持1人。

・ミシェウ・ペレイラ vs. トリスタン・コネリーはペレイラ支持13人、コネリー支持1人。

・ユライア・ホール vs. アントニオ・カルロス・ジュニオールはホール支持3人、カルロス支持11人。

・ミーシャ・サークノフ vs. ジム・クルートはサークノフ支持2人、クルート支持12人。



posted by ジーニアス at 13:08| Comment(1) | UFC | 更新情報をチェックする
記事検索