『RIZIN CONFESSIONS』第104回動画




 『RIZIN CONFESSIONS』第104回の動画。今回は『RIZIN.37』で行われた所英男 vs. 神龍誠、マルコス・ヨシオ・ソウザ vs. 阿部大治、関根“シュレック”秀樹 vs. スダリオ剛、元谷友貴 vs. 太田忍、ヴガール・ケラモフ vs. 山本空良、ジョニー・ケース vs. 武田光司の舞台裏に迫っています。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | RIZIN | 更新情報をチェックする

『UFC on ESPN 41: Vera vs. Cruz』メディカルサスペンション/ドミニク・クルーズ等5選手が最大180日間の出場停止


 カリフォルニア州アスレチックコミッションが『UFC on ESPN 41: Vera vs. Cruz』のメディカルサスペンションを公表。

・ドミニク・クルーズが鼻の負傷により医師の診察をクリアするまで最大180日間の出場停止。

・デヴィン・クラークが左手及び右足の負傷により医師の診察をクリアするまで最大180日間の出場停止。

・ルピタ・ゴディネスが胸部の負傷によりレントゲン検査をクリアするまで最大180日間の出場停止。

・ガブリエル・ベニテスが左手、左足首、左肘の負傷により医師の診察をクリアするまで最大180日間の出場停止。

・チャーリー・オンティヴェロスが左足小指の負傷により医師の診察をクリアするまで最大180日間の出場停止。


 その他の選手は60日間以内でした。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする

『UFC on ESPN 41』でマルロン・ヴェラにKO負けしたドミニク・クルーズ「体の調子は良い」


 『UFC on ESPN 41: Vera vs. Cruz』でマルロン・ヴェラに4ラウンドKO負けしたドミニク・クルーズがインスタグラムで「土曜日に来てくれた皆さん、そしてここにいる全ての愛とサポートに感謝している! 体の調子は良いし、健康に感謝している。 それでは、またデスク(テレビ解説)で会いましょう」とコメント。しかし鼻が曲がっているように見えます。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする

マルロン・ヴェラ「ドミニク・クルーズの戦い方は凄くレベルが低いし、MMAのベストスタイルではない」




 『UFC on ESPN 41: Vera vs. Cruz』でドミニク・クルーズに4R左ハイキックでKO勝ちしたマルロン・ヴェラが以下のコメント。

「正直なところ、俺も俺のチームも彼の戦い方は凄くレベルが低いと思っている。ベースがない、スタンスが良くない、ずっと左右に動き回る…みんなで『こいつのケツを蹴るしかないな』なんて言っていたんだ。だが、それを公言すると自分にプレッシャーが掛かってしまう」

「彼のスタイルはMMAにベストなスタイルではないと思っている。ボクシングならもっと上手く行くかもしれないが、MMAは武器が多すぎる。彼の良いところは、テイクダウンとその動きをミックスしているところだ。それが彼の成功の秘訣だ。だが、彼が俺を倒すのは難しいし、自信はあったが、簡単じゃないとも思っていた」

「とにかく我慢強く、時間を掛けた。第1ラウンドでダウンを奪ってもクレイジーにはならなかった。フィニッシュを追い求めることはしなかった。相手の前に立って、その隙を見つけることに何の問題もないからね」

「彼は本当に調子が良かった。調子が良いと立ち上がれるし、彼はスクランブルに強い。だから1ラウンドにダウンを奪った時に、最初に頭に浮かんだのは(ドミニク・クルーズ vs. )ペドロ・ムニョス戦での出来事だった。ムニョスはフィニッシュを焦ってしまい、1ラウンドでスタミナを消耗したから、俺は『あと4ラウンドで破壊すればいいんだ、だから慌てるな』と自分に言い聞かせた。『集中してれば必ず捕まえられる』と思ってた」

「俺はUFCの上から下まで全てに注意を払っている。誰が試合をするのか、その日の最初の試合とか最後の試合とかも関係なく見ている。試合を見るのが好きなんだよ。だから、解説をするのも好きだ。試合のエネルギーが伝わってくるし、何が起こっているのかが分かる。間違いなく注意を払っていくし、彼らが(アルジャメイン・スターリング vs. T.J.ディラショーの)次にどうするかを見ていきたい」
続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする

10.1『ONE Championship』でション・ジンナンとアンジェラ・リーが3度目の対戦


 ONE Championshipが10月1日にシンガポール・インドアスタジアムで開催する大会(アメリカでは9月30日にAmazonプライムビデオでライブ配信される大会)でション・ジンナン vs. アンジェラ・リーの女子ストロー級マッチが行われるとのこと。

 両者はこれが3度目の対戦で対戦成績は1勝1敗。1度目は2019年3月に両国国技館で開催された『ONE Championship: A New Era』で、この時はジンナンのストロー級王座にリーが挑戦し、ジンナンが5R TKO勝ちで王座防衛。2度目は2019年10月に同じく両国国技館で開催された『ONE Championship: Century Part 1』で、この時はリーのアトム級王座にジンナンが挑戦し、リーが5Rリアネイキッドチョークで王座防衛しています。

 その後はジンナンはティファニー・テオ、ミシェル・ニコリニ、三浦彩佳を相手に3連勝しストロー級王座防衛を続けており、リーは3月の『ONE: X』でスタンプ・フェアテックスに2Rリアネイキッドチョークで勝利しアトム級王座を防衛しています。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ONE Championship | 更新情報をチェックする

『UFC on ABC 3』でチャールズ・ジョーデインに判定勝ちしたシェーン・バーゴスがPFLと契約「彼らの方が好条件だった」


 7月16日に開催された『UFC on ABC 3: Ortega vs. Rodriguez』でチャールズ・ジョーデインに判定勝ちしたシェーン・バーゴスがPFLと契約したことを発表。バーゴスは以下のコメント。

「それが契約最後の試合だった。試合後にフリーエージェンシーを試してみたいと言ったんだ。自分の価値は分かっているし、他の人が自分の価値をどう考えているのかを見てみたかった。そして、PFLと契約したことを発表できることに興奮している」

「簡単な決断ではなかったが、断れないオファーだった。娘が2人いるので家に帰らないといけないし、このスポーツを辞める時に娘の顔を見なければならない。この契約によって、それが確保できると思った。俺のUFCでのキャリアから何かを奪うわけではない。UFCで11試合してきたが、それは14歳の時からの夢だった。12歳の時に初めてテレビで見て、『これがやりたい』と思った。14歳で決断し15歳でトレーニングを開始した。UFCは俺に今のポジションにいるためのプラットフォームを与えてくれ、そしてPFLとの契約を獲得した。ショーン・シェルビー、デイナ・ホワイト、ハンター・キャンベル、ミック・メイナード、UFCの全てのスタッフに感謝してもしきれない」

「UFCはPFL以上の条件を出せなかった。とても良い契約だった。以前(PFLと交渉した時)は条件が比較的近かったから、そんなに大きな差はないと思っていたが、今回は差が大きかった。当時は6ケタの金額を提示されていたが、それを断ってUFCに残留した。今回はそれよりも大きな金額になる」

「最初のシーズンが終わったら…もちろん優勝するつもりでいるが、俺は億万長者になってると思う」


Shane Burgos(Sherdog)

 シェーン・バーゴスは現在31歳でMMA戦績15勝3敗(UFC戦績8勝3敗)。UFCフェザー級ランキング14位でした。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 16:50| Comment(1) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする

『Dana White's Contender Series 50』試合結果/ハイライト動画



・Esteban Ribovics def. Thomas Paull via knockout (punches) – Round 1, 1:30
・Claudio Ribeiro def. Ivan Valenzuela via knockout (punch) – Round 1, 0:25
・Jose Johnson def. Jack Cartwright via unanimous decision (30-27, 29-28, 29-28)
・Hailey Cowan def. Claudia Leite via split decision (29-28, 28-29, 29-28)
・Nazim Sadykhov def. Ahmad Hassanzada via knockout (punch) – Round 3, 1:59


 8月16日にネバダ州ラスベガスのUFC APEXで開催された『Dana White's Contender Series 50』の試合結果。今大会は勝利した5名(エステバン・リボヴィッツ、クラウディオ・ヒベイロ、ホゼ・ジョンソン、ヘイリー・コワン、ナジム・サディコフ)全員がUFCとの契約を勝ち取っています。


 エステバン・リボヴィッツ vs. トーマス・ポール ハイライト動画。


 クラウディオ・ヒベイロ vs. イヴァン・ヴァレンズエラ ハイライト動画。


 ナジム・サディコフ vs. アフマド・アッサンザダ ハイライト動画。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする

『Breaking Down 5.5』フルファイト動画/朝倉未来「RIZINと提携しても面白いみたいな話はしていました」



 8月16日に急遽開催された『Breaking Down 5.5』フルファイト動画。


▼第6試合 キックルール 1分1R→1分無制限Rに
×10人ニキ
[4R TKO]
〇DJ社長

▼第5試合 キックルール 1分1R
×行虎
[判定0-3]
〇こめお

▼第4試合 キックルール 1分1R
〇醤油ニキ
[判定3-0]
×ハイメ

▼第3試合 2on2マッチ 1分1R
〇信原空&山岡彬夢
[判定]
×べーやん&墨だけニキ

▼第2試合 MMAルール 1分1R
×おかせこ(岡迫大誠)
[判定0-3]
〇としぞう

▼第1試合 キックルール 1分1R
×かまる
[判定1-2]
〇メガネ社長

 試合結果。今回はケージではなくリング、6試合中5試合がキックルールでした。


 榊原信行RIZIN CEOが「BreakingDownには学ぶべきことがある」と発言したことについては、「相変わらず頭の柔らかい方って印象です。僕は良好な関係なので、メイウェザー戦のことも含めて連絡を取り合っていますが、BreakingDownと提携しても面白いみたいな話はしていました」という話があったことを明かす。

 他にも「日本のプロ格闘家の選手もBreakingDownを利用してもらいたいというのが僕の本心」等とコメントしています。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 12:38| Comment(1) | TrackBack(0) | 国内格闘技 | 更新情報をチェックする

12.10『UFC 282』でサンチアゴ・ポンジニービオとロビー・ローラーが対戦

12.10『UFC 282』でイリー・プロハースカ vs. グローヴァー・テイシェイラのダイレクトリマッチが実現か(2022年08月12日)

 こちらの続報。


 UFCが12月10日にネバダ州ラスベガスで開催する『UFC 282』でサンチアゴ・ポンジニービオ vs. ロビー・ローラーのウェルター級マッチが行われることをESPNのブレット・オカモト記者が確認したとのこと。

 ポンジニービオは5月の『UFC Fight Night 206: Holm vs. Vieira』でミシェウ・ペレイラに判定負けして以来の試合でその前のジェフ・ニール戦も合わせてスプリットデシジョンで2連敗中。

 ローラーは7月の『UFC 276: Adesanya vs. Cannonier』でブライアン・バルベリーナに2R TKO負けして以来の試合。最近6試合の戦績は1勝5敗。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする

2022年08月16日

12.3『UFC Fight Night』でデレク・ブランソン vs. ジャック・ハーマンソン、エリク・アンダース vs. カイル・ドーカス

12.3『UFC Fight Night』でマテウス・ニコラウ vs. マット・シュネル、トレイシー・コルテス vs. アマンダ・ヒバス(2022年08月10日)

 こちらの続報。


 UFCが12月3日に開催するFight Nightシリーズの大会(会場未定)でデレク・ブランソン vs. ジャック・ハーマンソンのミドル級マッチが行われることをアリエル・ヘルワニ記者が確認したとのこと。

 ブランソンは2月の『UFC 271: Adesanya vs. Whittaker 2』でジャレッド・キャノニアに2R KO負けして以来の試合。その前までは5連勝していました。現在UFCミドル級ランキング4位。

 ハーマンソンは7月の『UFC Fight Night 208: Blaydes vs. Aspinall』でクリス・カーティスに判定勝ちして以来の試合。現在UFCミドル級ランキング8位。


Eryk Anders to return to UFC Octagon Dec. 3(tide1009.com)

 同大会でエリク・アンダース vs. カイル・ドーカスのミドル級マッチも確認されています。

 アンダースは5月の『UFC Fight Night 206: Holm vs. Vieira』でパク・ジュンヨンに判定負けして以来の試合で2連敗中。ドーカスは6月の『UFC on ESPN 37: Kattar vs. Emmett』でロマン・ドリゼに1R KO負けして以来の試合。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする

11.12『UFC 281: Adesanya vs. Pereira』でドミニク・レイエスとライアン・スパンが対戦


 UFCが11月12日にニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデンで開催する『UFC 281: Adesanya vs. Pereira』でドミニク・レイエスとライアン・スパンのライトヘビー級マッチが行われることをMMAJunkieが確認したとのこと。

 レイエスは昨年5月の『UFC on ESPN 23: Reyes vs. Prochazka』でイリー・プロハースカに2R KO負けして以来の試合で3連敗中。現在UFCライトヘビー級ランキング7位。

 スパンは5月の『UFC on ESPN 36: Blachowicz vs. Rakic』でイオン・クテラバに1Rギロチンチョークで勝利して以来の試合。現在UFCライトヘビー級ランキング12位。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 22:51| Comment(1) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする

『UFC on ESPN 41: Vera vs. Cruz』ネイト・ランドウェア vs. デビッド・オナマを見たファイター・関係者の反応


 『UFC on ESPN 41: Vera vs. Cruz』ネイト・ランドウェア vs. デビッド・オナマを見たファイター・関係者のツイッターでの反応。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 22:39| Comment(1) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする

『UFC on ESPN 41: Vera vs. Cruz』マルロン・ヴェラ vs. ドミニク・クルーズを見たファイター・関係者の反応



 『UFC on ESPN 41: Vera vs. Cruz』マルロン・ヴェラ vs. ドミニク・クルーズを見たファイター・関係者のツイッターでの反応。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする

『UFC on ESPN 41: Vera vs. Cruz』でシンシア・カルヴィーロに勝利したニーナ・ヌネスがMMA引退を発表



 『UFC on ESPN 41: Vera vs. Cruz』でシンシア・カルヴィーロに判定勝ちしたニーナ・ヌネスが試合後のオクタゴンインタビューでダニエル・コーミエに以下のコメント。

「引退するわ。ファイターとして、やりたいことはやったと思う。元々趣味で始めたことなのに、ここまで来た。これからは今頑張っている女の子たちのコーチングと育成に専念するわ」

「もっと赤ちゃんが欲しい。だから、もう一人産むために身を引くわ」


Nina Nunes(Sherdog)

 ニーナ・ヌネス(アンサロフ)は1985年12月3日生まれ。現在36歳のアメリカ人でMMA戦績11勝7敗(UFC戦績5勝4敗)。ラストファイトはフライ級でしたが、ストロー級を主戦場にしていて、最後はUFC女子ストロー級9位でした。2020年にアマンダ・ヌネスと同性婚をし、同年9月24日に第一子となる長女を出産。復帰戦となった2021年4月の『UFC on ABC 2: Vettori vs. Holland』で行われたマッケンジー・ダーン戦からヌネス姓を名乗っています。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする

『UFC on ESPN 41: Vera vs. Cruz』スプリットデシジョン、マジョリティデシジョンだった試合のジャッジの採点/主要サイトの採点

判定! 高校「歴史総合」教科書 こんなに違う歴史記述


 『UFC on ESPN 41: Vera vs. Cruz』ではスプリットデシジョン、マジョリティデシジョンだった試合が4試合のあったので、ジャッジの採点と主要サイトの採点を紹介していきます。


Nate Landwehr defeats David Onama(MMA Decisions)

 ネイト・ランドウェア vs. デビッド・オナマのジャッジの採点。Michael Bellが1,3Rオナマ、2Rランドウェアの10-8で28-28ドロー。Junichiro KamijoとDerek Clearyが1Rオナマ、2Rランドウェアの10-8、3Rランドウェアで29-27ランドウェア勝利でした。

 主要サイトの採点は29-26ランドウェア支持1人、29-27ランドウェア支持11人、28-28ドロー支持2人でした。


Martin Buday defeats Lukasz Brzeski(MMA Decisions)

 マーティン・ブダイ vs. ルーカス・ブジェスキのジャッジの採点。Sal D'AmatoとEliot Kellyが1Rブジェスキ、2,3Rブダイで29-28ブダイ勝利。Michael Bellが1,2Rブジェスキ、3Rブダイで28-29ブジェスキ勝利でした。

 主要サイトの採点は29-28ブダイ支持1人、28-29ブジェスキ支持11人、27-30ブジェスキ支持1人でした。


Nina Nunes defeats Cynthia Calvillo(MMA Decisions)

 ニーナ・ヌネス vs. シンシア・カルヴィーロのジャッジの採点。Junichiro Kamijoが1,3Rヌネス、2Rカルヴィーロで29-28ヌネス勝利。Derek Clearyが1Rヌネス、2,3Rカルヴィーロで28-29カルヴィーロ勝利。Chris Crailがフルマークでヌネスで30-27ヌネス勝利でした。

 主要サイトの採点は30-27ヌネス支持2人、29-28ヌネス支持12人でした。


Youssef Zalal drew with Da'Mon Blackshear(MMA Decisions)

 ユーセフ・ザラル vs. ダモン・ブラックシアーのジャッジの採点。Sal D'AmatoとMichael Bellが1,2Rブラックシアー、3Rザラルの10-8で28-28ドロー。Chris Crailが1,2Rブラックシアー、3Rザラルで28-29ブラックシアー勝利でした。

 主要サイトの採点は28-28ドロー支持15人、28-29ブラックシアー支持1人でした。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 15:40| Comment(1) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする

『2022 PFL Playoffs 2』でディラノ・テイラーに敗れたローリー・マクドナルドがMMA引退を発表「UFC、Bellator、PFLに感謝している」

改訂版 金持ち父さんの若くして豊かに引退する方法


『2022 PFL Playoffs 2』試合結果/ハイライト動画(2022年08月16日)

 こちらの続報。


 『2022 PFL Playoffs 2』で行われたウェルター級トーナメント準決勝でディラノ・テイラーに1R TKO負けしたローリー・マクドナルドがインスタグラムで以下のコメント。

「グローブを完全に外す時が来た。僕はこのスポーツにとても感謝してるし、その過程で出会えた全ての人たちに感謝している。

 僕はこのスポーツを 14 歳から始めた。今でも最初の日を覚えていて、これが人生を懸けてやりたいことだと思った。格闘技への情熱とプロMMAファイターになることは、僕に希望とより良い人生への道を与えてくれた! そして、ケロウナのジムToshido MMAへの道を引いてくれた神にとても感謝している。それは本当に人生の方向を変え、僕を救ってくれた!

 このキャリアは何という冒険だったことか。17年間のプロの格闘家人生はあっという間だった! 僕の中に刻み込まれた多くの辛いトレーニング、地球上のあらゆる場所への旅、多くの人々と出会いがあった。

 このキャリアを通じて自分自身について多くのことを学んだが、全てが良かったわけではない。途中で多くの間違いを犯したが、僕は33歳になり、それらの間違いのおかげでより良い人物になれた。

 こんなにも支えてくれたファンのみんなに感謝したい。僕は名声や評価を得るためにこのスポーツを始めたわけではないし、注目を浴びることに慣れるのは大変だったが、みんなが示してくれた優しさに本当に感謝している!

 最高レベルのMMAで戦うという夢を実現させために全力を尽くしてくれた全ての友人と家族に感謝したい。僕を信じてくれて、気にかけてくれてありがとう。

 世界の舞台で戦う機会を与えてくれたUFC、Bellator、PFLに感謝している。そして、これらの団体の全てのスタッフ、君たちは一緒に仕事をするのに本当にクールな人たちだったし、一緒に過ごした多くの時間で僕が不機嫌だったり構ってちゃんだったことを我慢しなければならなかったのは申し訳なかったと思ってる。

コーチ、トレーニング パートナー、マネージャーに感謝している」


Rory MacDonald(Sherdog)

 ローリー・マクドナルドは現在33歳のカナダ人でMMA戦績23勝10敗1引き分け(UFC戦績9勝4敗、Bellator戦績3勝2敗1引き分け、PFL戦績2勝4敗)。ニックネームはレッドキング。元King of the Cageライト級チャンピオン、元Bellatorウェルター級チャンピオン。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 14:47| Comment(4) | TrackBack(0) | PFL | 更新情報をチェックする

『2022 PFL Playoffs 2』試合結果/ハイライト動画


MAIN CARD (ESPN, 2 p.m. ET)

・Dilano Taylor def. Rory MacDonald via TKO (punches) – Round 1, 3:59 – welterweight semifinal
・Ante Delija def. Renan Ferreira via TKO (punches) – Round 1, 4:31 – heavyweight semifinal
・Matheus Scheffel def. Juan Adams via TKO (punches) – Round 3, 3:45 – heavyweight semifinal
・Sadibou Sy def. Carlos Leal via unanimous decision (29-27, 29-27, 29-27) – welterweight semifinal
・Nathan Kelly def. Ben Ellis via submission (rear-naked choke) – Round 1, 2:45 – 2023 European Series qualifier

PRELIMINARY CARD (ESPN+, noon ET)

・Josh O’Connor def. Emran Sakhizaada via submission (rear-naked choke) – Round 3, 2:56
・Marcin Wojcik def. Mick Stanton via submission (rear-naked choke) – Round 1, 4:04
・Chris Mixan def. Christian Stigenberg via split decision (29-28, 28-29, 29-28)
・Szymon Bajor def. Ronny Markes via unanimous decision (30-27, 30-27, 29-27)

POSTLIM CARD (ESPN+, 4:30 p.m. ET)

・Lee Chadwick def. Przemyslaw Mysiala via unanimous decision (30-27, 29-28, 29-28)
・Will Fleury def. Anthony Salamone via unanimous decision (30-25, 30-25, 30-25)
・Radu Maxim def. Vojto Barborik via submission (injury) – Round 1:15
・Moktar Benkaci vs. Francesco Nuzzi declared no contest (accidental eye poke by Benkaci) – Round 2, 4:10

 8月13日にウェールズのカーディフ・モーターポイント・アリーナで開催された『2022 PFL Playoffs 2』の試合結果。今大会はウェルター級とヘビー級の準決勝が行われ、ウェルター級はディラノ・テイラーとサディボウ・シーが、ヘビー級はアンテ・デリアとマテウス・シェッフェルが決勝に進出しています。




 大会ハイライト動画。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | PFL | 更新情報をチェックする

U-NEXTがGLORYのライブ配信を開始/第1弾はRISEライト王者・直樹参戦の8.20『GLORY 81』/バダ・ハリ vs. アリスターの10.8『GLORY: COLLISION 4』も!

10.8『GLORY Collision 4』でバダ・ハリとアリスター・オーフレイムが3度目の対戦(2022年05月26日)

 こちらの続報。



 現在Bellator MMAを配信しているU-NEXTですが、GLORYの配信も開始します。


 今回の配信パートナー契約で、U-NEXTは今後、GLORYが開催するNumbersシリーズ、Rivalsシリーズ、Collisionシリーズといった「GLORY Kickboxing」の全試合を継続して、独占ライブ配信していく。

 また、『GLORY Kickboxing』の過去試合1,000エピソード以上や、1996年~2016年のK-1ワールドグランプリの試合も「近日より随時配信していく」(堤天心 社長)という。

 なんと、旧K-1もアーカイブ配信されるそうです。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | GLORY | 更新情報をチェックする

『3150 FIGHT vol.3』試合結果/石井慧は判定勝ち/皇治「7000万円稼ぎましたわ」

凡人の勝算 最後に勝つヤツの思考法(皇治)


▼メインイベント 日本・韓国ヘビー級タイトルマッチ10回戦
〇但馬ブランドンミツロ(KWORLD3)
TKO 1R
×イ・ソンミン(韓国)
※但馬が日本・韓国ヘビー級王座に就く。

▼セミファイナル 東洋太平洋スーパーフェザー級タイトルマッチ12回戦
〇力石政法(緑)
KO 4R
×トムジュン・マングバット(フィリピン)
※力石が初防衛に成功。

▼第7試合 ヘビー級 4回戦
〇サトシ・イシイ(=石井慧/クロアチア)
判定2-0 ※38-38、39-37、40-36
×高山秀峰(スパイダー根本)

 8月14日にエディオンアリーナ大阪で開催された『3150 FIGHT vol.3』で“逆輸入ファイター”サトシ・イシイ(石井慧)が高山秀峰に判定勝ちしています。


▼ABEMAスペシャルマッチ 3分3R
-皇治(TEAM ONE/格闘家)
勝敗無し
-ヒロキング(KWORLD3ボクシングジム/4回戦ボクサー)

 皇治 vs. ヒロキングは判定無しのルールで3R戦い抜いて「勝敗無し」でした。試合後には亀田興毅氏から「で、皇治、プロボクサーにどうや?」と公開スカウトされています。


 青木真也は「まずは何といっても石井慧だろ! 今回もしょっぱかったな!」「アニキ(皇治)は厳しく言うと負けです。完敗。作りたかった世界観を相手に潰されました。アニキのこういう負け方は珍しいよ」とコメント。

皇治が衝撃告白「楽勝バイトのヒロキング戦で7000万円稼ぎましたわ」(東スポWeb)

 皇治は「楽勝ですって。バイトですもん。バイトで4ケタ万円稼ぎましたわ。リアルに言いましょか? ファイトマネーとスポンサーと合わせて、総額7000万円です」とコメントしています。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 09:41| Comment(1) | TrackBack(0) | ボクシング | 更新情報をチェックする
記事検索